アイコン 誰でもできる「喜ばれる手コキ」のコツとやり方【ラブライター直伝!】

誰でもできる「喜ばれる手コキ」のコツとやり方【ラブライター直伝!】

手コキが上手になりた〜い!

という時、ありませんか。遅漏なカレと長時間セックスするのがツライ時や、生理中手や口だけでやってあげたい時など。フェラはけっこう疲れるので、できれば手コキでそこそこ気持ちよくなってもらいたいですよね。

そんなみなさんのために!圧倒的な異性経験をこなしてきたミクニが、現在自信を持って気持ちよかろうと考えられる手コキの方法を伝授します。写真付きでなるべくわかりやすくしていくよ〜!

まず、手コキをする時に一番大事なのが、手をしっかり湿らせること。乾いた手でちんこを持つと、擦れて痛いのでこれだけでもかなりやりやすくなります。

AVなんかで唾液を垂らしたりするけど、それだと後で手がめちゃめちゃよだれ臭くなるので、絵面はエロいですけどあんまりおすすめしません。

一番いいのはやっぱりローション。私はジェクスのリューブゼリーを使っています。これは粘度も強すぎなくて、持ち歩きもできるサイズ感なのでとってもおすすめ!

▼リューブゼリーデリケートイン


Amazonで見る
ローションをたっぷりつけた手で、まずは亀頭からゆっくり触りましょう。敏感な部分なので、そーっと触ってあげて下さいね。

いきなりぎゅっと握ったりせず、まずは壊れものに触る時のように、指の腹でそっとなでるくらいにしてあげて。


そのままローションを塗り込むような感じで、指を1本1本置くように、ちんちんを包みます。雑にやってしまえばそれまでですが、私は全指使って刺激できるように、最初は指と指の間隔を開けて握ります。

掴む強さは、柔らかいお花の花弁を掴む時くらいのソフトさで。このくらいから入った方が、激しくした時の強弱の差がついていいです。

日本人の多くは仮性包茎なので、皮がある場合が多いと思います。男性たちもオナニーする時、皮を使ってやる人が多いので、皮を上下させて刺激してあげた方が好きな人の方が、経験上多かったです。

ここまで来たら、ソフトな刺激との差をつけるために、ぐっと握ってあげてもオッケー。とはいえ、柔らかい果物を握る時くらいがベストです。

ローションのついた手ならしごきやすいので、ちょっと変わり種な動きもつけると玄人感が出ます。

手が疲れてきたら、ちんちんを持ったまま、ぐるりと逆手に持ち替えてみたり。この時も、指を上手に刺激に使いながら持ち変えると、しごかれている方も不規則な刺激にゾクッと来ます。


亀頭周辺の刺激が好きな方なら、こんな風に手のひらを使って、鬼頭をぐりぐりするのもまたよしです。竿の刺激の方が好きな人と、鬼頭の刺激が好きな人は好みしだいで別れるので彼にどっちが気持ちいいか聞いてみたりするのもアリです。
手コキを上達させるためには、彼にどんな手コキが気持ちいいか、やりながら確認することもとっても大切。
握る強さやピストンの速さなど、なんだかんだで目の前にいる彼が言ってくれることが一番の正解です。

ネットでの知識も前情報的に取り入れるのはアリですが、体のことはやっぱり人それぞれなので、パートナーの意見も取り入れると、より気持ちいい手コキになるはずですよ。

(オトナのハウコレ編集部)

▼手コキにおすすめのローション


LCラブローション人気ランキング1位!

『LCハーバルローション』は、LC(ラブコスメ)におけるラブローション人気ランキング1位の商品です。マッサージにも使えて、ラブタイムの一体感がアップ!

植物原料由来の自然派ラブローション

アロエベラエキスとハチミツを配合し、みずみずしい使用感で皮膚にうるおいを与えます。挿入時の潤い不足と肌の健やかさをいっぺんにサポートしてくれるので、乾燥が気になる人でも安心。

1人でも2人でも楽しめる!

『LCハーバルローション』はラブタイムの挿入がスムーズになるだけではなく、ひとりエッチでの感度磨きにも役立ちます。挿入型バイブとのセット購入がオススメ!

編集部のオススメポイント

✔ラブタイムの挿入がスムーズに!

✔トロトロでみずみずしい使用感

✔アロエ&ハチミツ配合。自然派ラブローション

\LCの人気No.1ラブローション/

LCハーバルローションを公式通販サイトでみる
※伝票・段ボールに社名・品名は入りません。

関連記事はコチラ▼▼

関連記事