アイコン もしかして体目的?!セックスのために彼女を作る彼氏の特徴

もしかして体目的?!セックスのために彼女を作る彼氏の特徴

彼氏が会うといつも体しか求めてこない……もしかして体目的? 彼氏に対してこのような疑問を感じたことってありませんか? 体目当てで付き合う男性の特徴は? 付き合ってから体目当てだと気付いたらどうすればいいの? 対処法をご紹介します!

①会話が下ネタばかり

体目的で付き合っている彼氏は、基本セックスのことしか頭にありません。そのため、会話のほとんどはセックスに関係することか下ネタです。普通の会話をしていても下ネタで返してくることも……。

もし、彼氏が体目的かな?と感じたときは、あえて普通の会話をしてみましょう。デートでどこへ行きたいなど、将来の話など普通の恋人がしそうな会話です。もし、普通の会話を嫌がるのであれば彼氏は体目的の可能性が高いといえます。

②デートはいつもホテルか部屋

体目的で付き合っている彼氏のデートは、ホテルか部屋の2択です。セックスが目的なので、外でのデートは一切提案してきません。

また、体目的の彼氏は自分の家で会うことを極端に避けたがります。これは、他に本命の彼女がいるかもしくは結婚しているか……はたまた自宅を教えたくないのか。または、他にも遊んでいる女性がいて家に女の痕跡を残したくないかのどれかでしょう。

③連絡がくる時間が遅い

体目的の彼氏はセックスが目的なので、彼女に連絡してくる時間も必然的に遅くなります。夜遅い時間に「これから会える?」という連絡が来たら、その彼は体目的の可能性が高いかもしれません。

夜遅くに連絡が来たとしても一緒に夕飯を食べたり、お泊りするのであればまだ体目的とは言えないかもしれません。しかし、夜遅くに会ってセックスだけしてすぐに帰るのは確実に怪しいでしょう。

④会うとき以外、連絡が来ない

体目当ての彼氏はセックスするために会うとき以外は基本、連絡をよこしません。もちろん、中には連絡がマメじゃなかったり忙しくてなかなか連絡ができない男性もいます。

しかし、あまりにも必要最低限の連絡しかしてこない。こちらが連絡しても適当な返事しか来なかったり既読無視をする場合、あなたに対してセックス以外の関心がないといえるでしょう。

⑤エッチできないと不機嫌になる

生理でエッチできない、体調が悪くてエッチできない時ってありますよね。普通の彼氏であれば心配するところですが、体目的の彼氏の場合、あからさまに不機嫌になります。

ひどい人であれば、生理と聞いた途端にデートをキャンセルしてくることも。もし、彼氏が体目的かな?と感じたら「今日、実は生理になっちゃって……」と言ってみて相手の反応を伺うのも1つの方法かもしれませんね。
彼氏が体目的で付き合っていたとしても、そんな簡単に別れられないのが女ゴコロ。では、体目当ての彼氏とどのように向き合っていけばいいのでしょうか?

①「許せない」と思うのなら別れるべき

体目的で付き合っている彼氏に対して「許せない」と怒りを覚えるのであれば、すぐに別れるべきだと思います。

1度でも彼に体目当てと認定されてしまった場合、本命になるのはかなり困難だと思います。また、信じていた彼氏からそんなひどい仕打ちを受けたら彼がその後、どんなに態度を改めてもその後信用できなくなるかもしれません。

②別れたくないなら彼を振り向かせる努力をする

彼氏が体目的で付き合っていると分かっても「別れたくない!」と思うのであれば、彼氏の気持ちを振り向かせるよう努力するのも1つの方法です。

まずは体だけの関係から抜け出すために、ちゃんと告白をして彼と向き合ってみましょう。もし、そこで彼が逃げ出したりしたらきっぱりと諦めがつくかもしれません。本気で好きなのであれば何かしら行動を起こしましょう。

③セフレとして割り切るのもアリ?

彼氏の本音を知ってしまったけれど別れるのも勿体ないなと思ったのであれば、セフレとして割り切って付き合うのも1つの方法です。彼氏のことをセフレと割り切りつつ、他の恋を探すのもありですよね。

また、セフレとして関係を続けていくうちに愛情が芽生えることもあるかもしれません。せっかく付き合ったのも何かの縁。体目的というだけで別れてしまうのは勿体ないかもしれませんね!
付き合ってから彼氏が体目的だと知ってしまった場合、とてもショックですよね。そうならないためには、最初から体目当ての彼氏と付き合わないことが大切!

付き合う前に簡単にセックスをしない、健全な昼間のデートを何度かした後に付き合う……など。本命彼女か体目当てだけの彼女になるかは女性次第でもあるのです。

軽い女に見られないようにするためには、まず自分の言動を改めてみることも大切ですよ!
(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事