アイコン 彼を飽きさせないセックスのコツ

彼を飽きさせないセックスのコツ

彼を飽きさせないセックス。そのポイントは大きくわけて2つあります。1つは、心から「気持ちいい」と思わせること。そしてもう1つは、変化をつけてマンネリさせないこと。

もし今現在、彼氏に飽きられてしまっている(もしくは飽きられている疑惑がある)人は、この2つをおさえることで、彼との関係性が今より飛躍的によくなります。具体的にどんなことをすればいいのか、さっそくみていきましょう!
これも時間と労力がかかりますが、彼をよろこばせるだけではなく、体力がついてあなたももっとセックスを楽しめるようになる可能性があります。彼女がセックスを楽しんでいるとうれしく思う男性も多いので、彼のため、あなた自身のため、やるメリットは大きいと言えるでしょう。
 
▼彼も自分も夢中になるラブタイムへ「膣トレはじめてセット
彼から何度も求められる「締まりのいい名器」を作りたい、自身の膣内の感度を上げたい人にオススメのインナーボール。日本人女性の膣に合わせたサイズでシリコンエラストマー素材なので肌に優しいので安心。1日10分の膣トレで理想的な締りを叶えます。

膣トレはじめてセットを詳しく見る
セックスの最中、男性も演技していることがあるのをご存知でしょうか。

「たいして気持ちよくないけど、彼女ががんばっているから気持ちよくないとは言えない」「なんか今日、膣すごい緩いな。でも彼女を傷つけてしまうから言えない」と思い、本音を言わずに演技をします。気持ちよくないことをそのまま続けても意味ないですし、当然ですが満足度は高くありません。
 
こんな状況を打破するため、「うまくできている?」「大丈夫? 変じゃない?」なんて質問してあげましょう。すると彼は「そう言ってくれるなら、ちょっとくらい指摘してもいいかな」と思い、自分好みの触り方を彼女に伝えやすくなり、もっと気持ちよくなれます。
 
また、普段からセックスに関するコミュニケーションをしっかりとっていると、セックスについて話すことへの抵抗がなくなり、「次はこういう体位をやってみたい」といった新しい提案もしやすくなるので、飽きてしまうリスク回避に繋がります。
 
たとえば「裸を見せるのが恥ずかしい」「フェラしているところを見たがる彼。見せてあげたいけど恥ずかしい……」といった恥じらう気持ち。彼を飽きさせないために、こうした恥じらいはとっても大切です。

恥じらいをなくしてしまうと、セックスの緊張感や特別感がなくなってしまい、「彼女とのセックスってなんか燃えないんだよな」「彼女の裸はもう見飽きた」なんて思われてしまうおそれがあります。
 
「毎回男性が攻め、女性が受け」というセックスよりも、お互いに攻め合うほうがバリエーションや楽しみが多り、飽き防止に繋がります。また、「たまにはそっちから攻めてくれてもいいのに……」と思っている男性って実はけっこう多いんです。いつも受け身のセックスをしている人は、できる範囲で少しずつ積極的になってみましょう。

ただ、“積極的になる”とは言っても、映画の世界で見かけるような、男を誘惑し手玉にとるセクシーな女性になる必要はありません。

もっと簡単なことでOKで、たとえばあなたから先にキスをするとか、キスのときあなたから先に舌を入れるとか、いつも騎乗位をやらない人はたまにはしてあげる、そのくらいでOKです。できそうなことからやってみて。
 
冒頭でもお伝えしましたが、飽きさせないためには、心から「気持ちいい」と思わせることが大切で、それにはテクニックも必要です。
 
セックスのテクニックを磨くのって、難しそうなイメージがあるかもしれません。しかし、実はとっても簡単なことで、彼に「どうやったらいいの?」と聞けばいいだけ。超シンプルですね。彼から直接教えてもらうことで、彼の好みに合ったテクニックを身につけることができます。
 
「セックスについて彼に質問するのが恥ずかしい」という人もいるでしょう。その場合、彼があなたにしていることを真似してみて。手の握り方、愛撫の仕方、キスする場所やキスの仕方、舌の絡め方など、彼がやっているようにあなたも彼にやってあげましょう。

なぜ真似するのといいのか。その理由は、自分が「やって欲しい」と思う手つき・舌使いを無意識に相手にしていることがよくあるからです。
 
マンネリ防止に効果的です。また、セックスなしのデートをすることで、セックス抜きに彼女の存在を見つめなおすきっかけにもなって、「やっぱりこの子すごく素敵だな」と再認識してくれることもあるでしょう。
 
これは時間も労力もかかるので、すべての人におすすめはできません。また、彼好みの体型と、あなたのなりたい体型が必ず一致するわけではないので、無理に彼に合わせる必要はないでしょう。

ただ、彼女が「彼の好みの体型になりたい」と努力してくれることは、男性にとってはものすごくうれしいことです。彼女の体型が最高に好みであれば、たったそれだけで彼は飽きずにいてくれる、なんてことも考えられます。
 
いつもの彼の部屋、いつものベッド、いつもの景色、いつもの匂い。これでは飽きてしまう可能性が高いです。たまにはソファや床でやったり、立ちバックで玄関やお風呂でしたり、人目がないことを確認したうえで屋外でしたり、ホテルでしたり。場所や環境が変わると気持ちも変わりますよ。

個人的なお話になりますが、温泉旅館は超おすすめです。幸せすぎる豪華な食事、身体がぽかぽかで気持ちもリラックスする温泉、そしてお互いに浴衣姿という特別感。

非日常がたくさんあり、それらがセックスにあたえる影響も大きいです。コロナウイルスの影響で、気軽に旅行をするのが難しい世の中ではありますが、落ち着いた頃にはぜひ行ってみてください!

挿入前の前戯にも、彼を飽きさせない工夫の余地があります。手コキやフェラのバリエーションを増やすとか、身体にキスマークをつけ合ったり、全身にキスをし合ったり、シックスナインをしたり、といった普段やらないプレイをやってみて。

前戯が変わるだけでも、「なんか今日、いつもとちがって燃えたな」なんて気持ちになれますよ。
あなた自身がセックスを楽しむこともまた重要です。男性視点で言うと、「この子は本当に俺とのセックスを楽しんでくれる」と感じるとやはりうれしいですし、「またしたいな」と思うもの。

ただ、セックスって「楽しめ!」と言われてもすぐにできるものではありません。オナニーをして性感帯を開発したり、彼とコミュニケーションをとってあなた好みの体位をするなど、“あなた自身が楽しめるセックスをする”という視点も忘れないでください。
 
セックスの良し悪しにより、普段の態度や彼女にたいする愛情の強さが変わる男性ってけっこう多いです。ご紹介した内容を参考に、彼を飽きさせず、彼からずっと愛される女性になってください。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

▼「マリンビーンズ」で中イキも外イキも自由自在な体に♪
ラブコスメの「マリンビーンズ」は、バイブ初心者におすすめの中イキ体験とGスポットの刺激に特化したバイブです。少し上向きのヘッドがGスポットをピンポイントで刺激して、まるで本物のペニスを挿入しているような快感を味わえます。先端モーターが子宮口を刺激するのでポルチオ性感帯の開発にも最適です。

関連記事