アイコン セフレがストーカーに!? 体の関係からの恋愛トラブルあるある

2022.01.07

セフレがストーカーに!? 体の関係からの恋愛トラブルあるある

恋人でも友達でもなく、セックスしたいときに会って性欲を満たす存在、セフレ。お互いの都合がいいときに会う約束をして、気兼ねなくセックスを楽しむことができるなんて、わずらわしい関係が苦手な人にとっては願ってもない相手ですよね。
 
セフレというと、恋人や友達と違って相手のことをよく知らない場合が多く、その匿名性がかえって好都合だというケースが多々あります。お互いに相手のプライベートなことには触れないのがセフレ同士の暗黙のルールとなっていることも…。
 
もし、この暗黙のルールを破ったら、セフレに興味関心を持ち始めてしまったり、恋愛感情を抱いてしまったりする可能性が十分あります。そのことを誰もが理解しているため、面倒な事態に陥るのを避けようと無意識に防御本能が働くのでしょう。
 
ですが、「セフレに興味関心を持たない!」「恋愛感情を抱かない!」と心に強く念じていても、わたしたちは人間であってロボットではないので、気持ちを思うようにコントロールすることができないのも事実です。
 
この記事では、セフレ同士の暗黙のルールを逸脱してしまったことで、恋愛&ストーカートラブルに遭ってしまった人たちの体験談をご紹介します。現在セフレがいる、またはこれからセフレを作ろうとしている人はぜひ心に留めておいてくださいね!
セフレ同士の暗黙のルールで秘密裏に会っていたにもかかわらず、セフレの存在が周りの人にバレてしまった!というトラブルがあるようです。
 
「わたしが言うのもなんですが、セフレがいる人って正直あんまり心証が良くないですよね?なので、セフレがいることは仲の良い友達にも話していませんでしたし、セフレに会うときは細心の注意を払っていました。

それなのに、いつの間にか仲間内で噂になっていて……! どうやらセフレが全く秘密にしていなかったみたいです。わたしの感覚ではセフレ=秘密の存在なので、誰にも言わないのが当然だと思っていました。

相手も秘密にしているはず!と決めつけていたわたしも悪かったですが……。ちゃんと最初に約束をしておけば良かったと後悔しています」
 
彼氏や彼女がいる場合、付き合っている相手にはセフレの存在を知られたくないのが普通ですよね。セフレは直訳すると「セックスする友達」のことですが、友達とは名ばかりで、肉体関係がある以上、誰にも知られたくない秘密の存在であることに違いありません。セフレと会うときは、できるだけ誰にも見つからないように注意しているという人も多いでしょう。
 
ですが、セフレになった相手も自分と同じ感覚をもっているとは限りません。周りの人にバレないようにしたいのなら、あらかじめそのことをきちんと話し合っておく必要がありそうですね。
セフレのつもりで会っていたのに、いつしか相手を好きになってしまっていた、あるいは相手から好意をもたれてしまっていたということは決して珍しいことではありません。セフレが好みのタイプの異性だった場合、一目惚れしてしまったというケースもあるでしょう。
 
「もちろん最初はセックスする目的だけで会っていました。ですが、何度も会ううちに好きかもしれない…という感情が芽生えてきて。

一度そう思ってしまうと好きな気持ちが止まらず、セフレの彼と本気で付き合いたい!と思うようになってしまったんです。

でも、セフレの彼には遠距離恋愛中の彼女がいるらしく……。好きな気持ちがバレて会えなくなってしまうのも嫌なので、今は何も動けず悶々としていますが、彼の気持ちを確認したいので、いずれアクションを起こすつもりです」
 
とくに女性の場合は、一度受け入れた男性に特別な感情を持ってしまうことが多いといいます。たった一度のセックスでもそうなってしまうのですから、セフレとして何度も体を重ねるうちに相手に情が湧いてしまうのは仕方ないことかもしれないですね。
 
好きな気持ちを押さえてセフレのまま接していくか、玉砕覚悟で思い切って好きな気持ちを打ち明けるか…。セフレを好きになってしまうと、普通の恋愛と同じような感情に振り回されることになってしまいます。これは、面倒な関係を避けたいという人にとっては思いも寄らないトラブルかもしれません。

関連記事はコチラ▼▼

セフレとの間で恋愛トラブルが発生し、ストーカー問題に発展する危険性もあります。後腐れのない関係を求めてセフレになったのに、トラブルに巻き込まれてしまうのは本末転倒ですよね。
 
「好きな人ができて付き合うことになったので、セフレの関係はもう続けられないと話したら、セフレの態度が豹変。この関係を相手にバラす!とか、行為中にふざけて撮った写真や動画をネットに流す!などと脅されました。

もともと独占欲が強い人だったみたいで、これまでも彼女扱いされるようなこともあったのですが、まさかここまで執着して攻撃的になってしまうなんて……。

1日に30件を超えるLINE通知と自宅周辺での待ち伏せなど、ストーカー行為がエスカレートしてきたため、警察への相談も考えています」
 
セフレには自宅などの個人情報を絶対に教えないというのも、ぜひ守っておきたい重要なポイントです。住所や電話番号、学校や仕事先などを教えてしまったために、セフレがストーカーになってさまざまなトラブルを引き起こすリスクが高くなってしまいます。
 
また、昨今、問題になっているリベンジポルノなどにも注意が必要です。セックスが盛り上がり、その場の雰囲気に任せて安易に写真や動画を撮影させてしまうと、後々大変な事態に陥ってしまうリスクがあります。

セフレとのセックスでは、相手の言動に流されずに毅然とした態度をとることも大事だと言えますね。
ここまで、セフレとの恋愛&ストーカートラブルを確認してきました。実際に起こった体験談から、トラブルの予防策や対処法を何となくイメージできたのではないでしょうか。これらの体験談をぜひ参考にして、セフレとの付き合い方を改めて考えてみてくださいね!(ちーすん/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事