アイコン 恋をしたいのに… 好きな人ができない対処法

2021.08.05

恋をしたいのに… 好きな人ができない対処法

好きな人ができないのってけっこうつらいですよね。恋をしたい、でも好きな人ができない。時間は待ってくれず、季節は過ぎていき、今年の夏もクリスマスもひとりで過ごすことになるかもしれない……。

なかには好きな人ができなさ過ぎて「もう恋愛の仕方を忘れた」なんて人もいるかもしれません。

そこで今回、この記事では、好きな人ができない理由と解決方法を恋愛ライターが解説します。あなたに好きな人ができるよう心を込めて書いたので、ぜひ読んでみてください!

(1)「好きだ」と思えるレベルの人がいない

たとえば「身近に男性はいるけどみんな既婚者だ」といった状況であれば、好きな人ができないのも当然です。このように、環境が原因で好きな人ができないことはよくある話なので、好きな人ができなくても落ち込む必要はありませんよ。
 

(2)趣味や仕事などに熱中している

「ひとつのことに集中するとまわりが見えなくなる」というタイプの人は特に当てはまるでしょう。

「趣味が楽しくてたまらない」「仕事にやりがいを感じる。毎日仕事で充実している」という状態では、恋愛にたいするモチベーションが上がらないのも無理はありません。だって恋愛以外ですでに満たされてしまっているのですから。

ただ、これは別に悪いことではありません。趣味や仕事が楽しいのは素敵なことですし、無理に恋愛を優先する必要はありません。

「趣味も仕事も、そして恋愛も充実させたい!」という人もなかにはいるでしょう。しかし、時間も体力もキャパの限界があるので、恋愛をしたいのであれば、趣味/仕事の時間をある程度諦めなければいけません。
 

(3)精神的or体力的に追い込まれている

過度なストレスや疲労など、心と身体に余裕がない状態で恋をするのは難しいです。そういう状態では「恋愛よりもまず休みたい」という気持ちになるでしょうし、心が不安定では自分に自信がなくなり魅力的に見えにくいでしょうし、さらに異性をきちんと評価することができずダメ男を捕まえてしまう可能性もあります。

精神的or体力的に追い込まれているときは、恋愛はあまりおすすめできません。まずは休んだり環境を変えたり、セルフコントロールに注力しましょう。
 

(4)つらい失恋のせいで、無意識のレベルで臆病になっている

「浮気されて別れた」といったつらい経験をすると、次の恋になかなか進めなくなってしまいます。僕は過去にそういう経験があります。

浮気されて別れて数か月。心の整理がついたので、気持ち的には「素敵なパートナーができたらいいなあ」と思っていたし、魅力的な人からアプローチされたこともあったのですが、恋愛のスイッチが全然入らない。

「デートに行きたい!」とか、「LINEのやりとりをしたい」という気持ちが全然湧かない。無意識のレベルで「もう心を傷つけられないように恋愛はやめよう」という防衛本能が働いているかのようでした。

個人的なお話をしてしまいましたが、このように、つらい失恋のトラウマゆえに好きな人ができなくなってしまうこともあります。
 

(5)理想が高すぎる

理想が高ければ高いほど恋愛対象になる人は減り、理想が低ければ低いほど恋愛対象になる人は増えます。あなたが異性に求めている条件は適切ですか? 高い理想を追うのは悪いことではありませんが、高すぎる理想は自分を苦しめることになります。

関連記事はコチラ▼▼

(1)出会いのある場所へ行く

好きになれる人がまわりにいない、それなら出会いに行けばいい話です。社会人サークルや習いごと、合コン、街コン、一人旅など、出会いを増やす行動を起こしてみましょう。

ただし、注意点が2つあります。1つ目は、このご時世ですので感染症対策を徹底してください。

2つ目は、社会人サークルや習いごとにおいて、“私は出会い目的です”というのが出まくっているのはダメ。真面目に習いに来ている人にとっては「あの人絶対出会い目的だよね。なんか嫌だなあ……」というふうに悪い印象になります。
 

(2)マッチングアプリを使う

マッチングアプリって、もはや出会いのスタンダードです。家でだらだらしながらでも相手をさがせる。しかも無料で。これ、すごくよくないですか?

また、マッチングアプリを使っているうちに、「(男性ユーザーの写真を見て)いいな~、こんなイケメンと付き合いたい!」「今日はアプリで出会う人とおでかけ。

初めて会うの緊張するな~」というふうに、恋愛のスイッチが入ることもあります。恋人ができる・できないも大切ですが、恋愛のスイッチが入りやすいという点もマッチングアプリを高く評価できるポイントでしょう。
 

(3)理想の条件を書き出して見直す

紙とペンを用意して、理想の条件を書き出して一度整理してみましょう。いざ書き出してみると「これは絶対に譲れない」という条件だけでなく、「これは別にどっちでもいいか」というものもあるかもしれませんよ。
 

(4)恋愛の重要性を書き出す

“自分にとって恋愛がいかに重要なのか”を認知するのもひとつの手です。一見変な方法ですが(笑)、けっこう効くので騙されたと思ってやってみて欲しいです。

たとえばこんな感じ。「恋愛は、一生に一度しかない貴重な学生時代の最高の思い出になるから重要だ」「だれかと付き合うことは人間として成長する機会でもあるから、恋愛はとても大事」「将来素敵なパートナーと結婚したい。

男を見る目を養うためには恋愛経験が必要だ」というに、恋愛がいかに重要なのか、思いつく限り書き出してみましょう。内容はなんでもOKです。ゲスい内容でもかまいません(笑)。だれかに見せるものではないので、変にかっこつけず素直に思うままに書いてみてください。
 

(5)恋愛をもっと気軽なものと捉える

たとえば、「次に付き合う人は結婚を見据えて付き合いたい!」というふうに恋人をさがす場合、いつも以上に厳しめに男性を評価してしまうかもしれません。

たしかに将来を見据えて付き合うならしっかり吟味しなければなりませんが、それがいき過ぎてしまうと慎重になり過ぎてしまいます。

恋愛に慎重になっている姿勢は周囲から見てもわかるもので、男性から「なんかこの子、近づきにくいな」「なんか警戒されている……? 脈ナシかな?」なんて思われてしまうかも。もう少し気軽な気持ちで恋愛と向き合ってみてもいいかもしれません。

 (6)友達の惚気話を聞く

「恋愛したい、でもめんどくさい気持ちが勝つ」という人にはおすすめです。友達の惚気話を聞くことで「いいな~。私も恋したい……!」という気持ちを呼び覚ますのがねらいです。
 

 (7)恋愛の映画やドラマを観る

これもさっきと同様、「私も恋したい」という気持ちになるためです。
ただ、映画やドラマのような恋愛を現実に求めてしまうのはやめましょう。現実にがっかりしてしまう可能性があります(笑)。

関連記事はコチラ▼▼

産まれてから死ぬまで、ずっとだれかしらに恋をしている人はそうそういないでしょう。好きな人ができない時期はだれにだってあります。慌てず焦らず、次に来たる恋に備えましょう。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)
 

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事