アイコン 付き合ってはいけない3Bをセフレにするメリットとは

2021.04.26

付き合ってはいけない3Bをセフレにするメリットとは

みなさん、“付き合ってはいけない3B”ってご存じですか。

3Bというのはもちろん『3年B組金八先生』のことでして、主演の武田鉄矢さんはこの役を演じるにあたって……ってコラッ!

3Bは美容師、バンドマン、バーテンダーの3種の男性のことを指します。

これらがなぜ付き合ってはいけない属性とされているのかについては、いまさらいうまでもないことかもしれませんね。

いずれも日常的に女性との出会いが多く、簡単に浮気するやつが多いから……ってわけです。

もちろん、ちゃんとしてる3Bの人もいるはずですが、僕はその該当者を未だに1人しか知りません。まあだいたいクズが多いって認識されてますよね。

それで余計に「どうせ俺が品行方正にふるまっても無駄だわ」つっていろんな女の子に手を出しまくってる3B男子も少なくないんでしょうねぇ。

付き合うには向かないといわざるを得ない3B男子たちですが、こういう男性たちも恋愛を介在しなければ結構いっしょにいて楽しい存在なんじゃないでしょうか。

たとえばそう、セフレにしてみるってのはどうでしょう。

今回は、浮気がちとされるこうした男性たちをセフレにするメリットを、いくつか紹介したいと思います。

適材適所。うまく使えば結構しっくりくるセフレになってくれるかもしれませんよ?
まず、そもそも論で3Bと付き合ってしまうことで不幸になってしまう女性が多いものですよね。

浮気されたり、あんまり大事にされなかったりってことが、全体的に見ると3B男子と付き合う女性にはありがちな待遇です。

であれば付き合わなければいいわけで、たとえば3B男子をセフレにすれば、最初っから恋人同士でもないのでいっしょにいても疲れることも心が傷つけられることもありません。

どうせ彼らはエッチできりゃいいわけなので(暴論)、セフレ程度の扱いで十分なんですよ。

セックスをしたくなったとき、気軽に呼び出せるような男性としてキープする。それが3Bと同じ空気を吸う上で、一番傷つくことのない考え方ではないでしょうか。

僕にも昔、バーテンの知り合いがいましたけど、あるとき彼の店に飲みに行ったらめっちゃお客さんを手マンしてるところを見てしまったし、結局3Bはセックス関連だけの関係でいるのがいいと個人的にも思いますよ。

ちなみにこのときは、「何をシェイクしてるんだ、酒をシェイクしてさっさと出せ!」って怒鳴ってやりました。
また、3Bは女遊びの頻度が比較的高いので、セフレにしたときのメリットとして、経験値の高いセックスを楽しめる可能性があるということは挙げられるでしょうね。

超ド下手で独りよがりなやつも、そりゃあいるでしょうけども、それなりに上手いってケースも現実的に考えられるんじゃないでしょうか。

女遊びをしまくっていれば、女性をどう扱えばいいのかってこともさすがに勉強していくでしょうから。

そういう意味で、3B男子をセフレにするってのは悪くない判断だと思います。

ある美容師はやっぱり、普段から手先で繊細な仕事をしているため、セックスの際も愛撫がかなり上手いそうです。

手にスキルがあると、セックスの際にも効果的に活用できる場合もあるってことなんでしょうね。

手先が器用だと愛撫が上手いってんなら、心臓手術とかできる名医ってどれだけ上手なんでしょうね。

お医者さんとセックスしたことのある人、もしいるならこっそり教えてください。

ちなみに僕の知り合いの女の子が、去年「若いお医者さんとセックスしてきた」と自慢していました。

年齢を聞いたら「21だった」と言われたので「その年齢じゃまだ医師免許取得できないから、その男性は嘘をついているよ」と教えておきました。

後日、ばっちり嘘だったと判明したそうです。ひろみちゃん、早めにわかってよかったね!

関連記事はコチラ▼▼

みなさんは、ブサイクとセックスできまっか(関西弁)!?

僕は男性ですけど、やっぱりもし自分が女に生まれていたと仮定したら、イケメンとするほうがうれしいと思うんですよね。

3Bって割かしルックスを見られる前提の肩書きですから、その点でいえば男前が多いのは事実としてあるんじゃないでしょうか。

せっかくセフレを作るなら、見た目がいいに越したことはないでしょう。見た目がよくてセックスも上手いってんならそりゃあ上等ですけど、人は見た目が8割ですので、顔がいいのが一番。

そもそも、ルックスもセックスをする上では大事な加点要素。

3Bはそこそこ見た目がよくないと成り立たないようなところもあるので、セフレとして関係を持つ分には上等と考えてもいいのではないでしょうか?
みたいな感じで、今回は美容師、バーテン、バンドマンの3Bに関するお話をしていきました。

せっかくセフレを作るんだったら、本来恋人候補にしてしまうとなにかと危ない3Bをあえて起用してみるってのは、いい使い方だと思うんですよね。

みなさんも、もし3Bとの出会いがあった場合は、くれぐれも本気になることなく「こいつセフレにしてやれ」精神で接してみてくださいね。

(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事