アイコン 【完全保存版】男性も悶絶!一生使える乳首責めテクニック集

2021.03.06

【完全保存版】男性も悶絶!一生使える乳首責めテクニック集

実は乳首が感じるけど、女性には恥ずかしくて触って欲しいと言えない男性が多いのを知っていますか? オナニーしながら自分で乳首を弄って自己開発している人もいるくらいなんですよ。

この記事で紹介する乳首責めを頭に入れておけば、乳首が弱い男性を悶絶させることができるかもしれません。

セックス中に乳首に触れてみて、体やちんこがビクンと動く人を見つけたら、ぜひ試してみてください。
乳首を責められたいと思っている人は、乳首が敏感なのは当然のことですが、女性から責められたい願望が強いことが多いです。なので、乳首を集中的に刺激するだけではなく雰囲気もしっかり作って責められていることを意識させてあげることも重要です。

「乳首責めていい?」と声をかけるか自分から彼の上に乗って態度で表し、まずはまな板の上の鯉状態にさせるといいですね。

「徹底的に乳首を責めていくので完全に受け身になってお楽しみください」という気持ちで、たっぷりと責めてあげてください。
最初から乳首を直に触るなんてもったいないです。服を着ている時から乳首責めは始まってます。

乳首が敏感な人は耳や首筋も敏感なことが多いので、耳たぶを唇で挟んだり、首筋に舌を這わせたりしながら、服の上から乳首を探していきます。

乳首を探すために5本指で胸筋を引っ掻くようにしてみましょう。胸全体もうっすら感じる人が多いので、それだけで乳首が膨らんで見つけやすくなります。

セーターなどの生地が厚いものだと感じにくいですが、Tシャツや薄いインナーなら布越しでも乳首に触れられた瞬間にビクンとするはずです。

乳首を見つけたら、指先でカリカリしてあげます。洋服越しだと指先が皮膚に引っかからずにスムーズにカリカリ動かせるのが気持ちいいんですよ。

洋服ごと乳首を歯で軽く挟んで乳首をますます勃起させるのもいいですね。

洋服越しの乳首責めは、これからじっくり乳首を責めますという宣言にもなり、「早く直に触って欲しい!」と思わせるための焦らしでもあるので、省略せずにやるといいですよ。
ここからは本格的に乳首を集中攻撃です!指を使った7つの触り方を紹介します。

1.ワイパー
 
指の側面を使って乳首をひたすら擦り続けます。

乳首の責め方の中で一番メジャーなのはこの触り方ではないでしょうか。乳首を責められたい男性の全員好きだと言っても過言ではないです。

指先ほど刺激が強くないし、触っている方も楽なので、長時間責め続けることも可能です。

2.小鳥

乳首の下側に人差し指の側面を下から当てて、親指の指先で乳首の上側を撫で続けます。手に乗せた小鳥を親指で撫でるのに似ているので、小鳥と命名しました。

座位でキスしながら乳首を責める時に便利なやり方です。

3.龍の爪

親指と中指で乳輪を拡げるようにして、人差し指の指先で乳首をカリカリする技です。

男性の乳首責めに特化したAVを撮っている監督が、《龍の爪》と名付けてSNSに載せたところ、バズった技です。

男性の乳首は女性に比べて小さいので、皮膚を拡げて乳首をしっかり出した状態でやや強めの刺激を与えます。ダイレクトな刺激なので乳首が開発された人向けです。

4.てっぺん集中攻撃

男性の乳首はとても小さいですが、その中でもてっぺんは感度の高い場所です。指の腹を小さく上下左右、円を描くように動かして、乳首のてっぺんを集中的に狙いましょう。

5.側面集中攻撃

乳首はてっぺんだけではなく側面も感じやすいです。小さな乳首の側面をしっかり刺激するために、指の側面を使って大きくゆっくり擦り、乳首の根元から側面、そしててっぺんまで全部触れるつもりで刺激します。

6.つまむ

勃起して固くなった乳首は、上下または左右からリズミカルにつまんで指を滑らせるようにするのもよく効きます。

唾液やローションを指先につけて、小さな乳首で乳しぼりするように根元から先端まで触れてみてください。

片方の乳首を舐めている間に、持て余したもう片方の乳首を弄るのに向いています。

7.強くつねる

これは乳首の感度が高く、なおかつMっぽい男性にしか効果がないのですが、一度軽い痛みを与えて、乳首の感度を上げるために行う技です。

乳輪ごと乳首をつまんで左右に大きくつねります。少し痛いくらいがちょうどいいです。乳首がますます固くなったら、指の腹や舌での限りなく優しい刺激を与えてみてください。驚くほど感度が上がっています。

関連記事はコチラ▼▼

口の中の温かさ、舌のヌメヌメした動きは、乳首責めが大好きな人にとってはご褒美です。できればすぐに与えずに、期待がかなり高まったところでようやく舐めてあげると喜ばれます。

1.舌を見せる

乳首を口で責める時に、ファーストタッチの瞬間をよく見せてあげると喜ばれます。こちらを見ていないなら「こっち見て」と言い舌先に視線を集めておいて、ゆっくり乳首に舌を触れさせます。視覚的な刺激と舌の独特な感触で思わず声が漏れるはず。

2.やわらかい舌で

舌のぬるぬるとした独特な感触を活かすには、力を抜いたやわらかい舌で、ゆっくりと舐めるのが一番です。

舌先を出して舐めるのと、乳輪に唇を吸いつけて口の中で舐めるのとでは感じ方が違います。どちらも試して好みを探ってみましょう。

3.尖らせた舌で

尖らせた舌では、やわらかい舌に比べて強い刺激を与えることができます。乳首を根元からはじくように舐めたり、上下に素早く舐めたりしてみましょう。

4.歯を使って

歯を使うといっても、乳首を噛まれるのが好きな人はそう多くはありません。ただし、乳輪に唇を吸いつけて、上下の歯で乳首を軽くはさんでから舌先で乳首を転がすと、何とも言えない複雑な快感が脳みそを直撃します。

乳首責めの途中で乳首の勃起が弱まってきた時、相手の反応があいまいで飽きてきた時にぜひ試してみてください。

5.吸う

唇でぷちゅっと乳輪に吸い付きながら舐めるのは、舌先を出して舐めるよりも温かくて気持ちいいようです。軽く吸って舐める、乳輪全体を吸い上げながら舐めるなど、強弱の好みもあるので比べてみましょう。
乳首を責めるのは前からだけとは限りません。後ろから抱きしめるようにして、両手で乳首をいじるのも人気のある責め方です。これなら口を使って耳や首筋を刺激できるので、複数同時責めとして悶絶させることができます。

正面から責めるにしても、仰向けに寝かせて上に乗るだけではなく、椅子に座らせてまたがったり、立たせたりと、いろいろな体勢で乳首責めを楽しむことができますし、体勢によっても感じ方が変わるのがわかると思います。
乳首責めは単純に《触る》《舐める》だけではなく、刺激の強弱や速さ、体勢を少し変えるだけでバリエーションが無限に広がります。

しかも、首を責められるのが好きな人は、責められることで更に開発が進んでいく可能性もあるので、責めながら反応を見てるだけでも楽しむことができます。

ただし、中には乳首がほとんど感じない人もいます。いくら触っても舐めても、全く開発することができません。無理に続けても不快にさせるだけなので、そういう場合は残念ですが諦めましょう。(Betsy/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事