アイコン バレンタインデー前後のセックスで男が虜になったキメ台詞集

2021.02.14

バレンタインデー前後のセックスで男が虜になったキメ台詞集

毎年2月14日といえば、僕の親戚のさつきおばさんの誕生日なんですが、世間的にはバレンタインデーがよく知られているイベントですよね。

日本では本来の由来は完全に無視されて、女性が男性にチョコをふるまう日になっています。

思い出すなぁ。中学の頃は2月14日になると、なぜか早起きして学校に行き、なぜが授業が終わってもすぐには下校せず、愛情たっぷりなチョコを欲していたものです。

たまに靴箱にチョコレートと一緒に手紙とか入ってると、嬉しかったんですよね。

社会人になってからは一転して、バレンタインデーが嫌いになりました。義理チョコのお返し、あまりに無益なので……もっといえば、彼女がいる場合って彼女からチョコもらえるわけなので、その他の人からもらっても感情は一切動かないし、お返しの手間もかかるし、お金までなくなるんですよね。

女性も義務として一応やってるってケースもあるでしょうし。

廃れたらいいのに。

おっと、愚痴はこの辺にしておいて本題です。

今日はですね、バレンタインデー時期にするセックス。

この際に男性を一撃で虜にする威力をほこるキメ台詞。このキメ台詞の使い手に焦点を当ててみたいと思います。

セックスはいつやっても最高ですが、この時期は普段とは違うシチュエーションで楽しめるものですからね!

口移しでチョコを食べさせるプレイで虜にせよ! まず最初に、これは男性なら一度はされてみたいと思ってしまう実例です。

バレンタインデーはチョコを渡すのは女性、お返しをするのが男性という図式が明確に存在します。
お返しをするほうがちょっと高めな商品を渡す構図になっていますが、これをセックスに上手く当てはめたケースがあるんですね。

恋愛体質の知人女性がいるのですが、彼女の実践している手法はある意味で画期的。

「私はバレンタインのチョコを口移しで食べさせて、その場で犯して『お返しでもっとエッチなことしてね』と言ってハードルを上げる」と主張しています。

なるほど、と思いました。男性の方がお返しに手の込んだものを送らないとならない構図をセックスに反映させたわけですね。上手いやり方だと思います。

これ、男性の立場としてもやられたら奮起するものです。やってみる価値はあるんじゃないかと思います。
また、これはちょっとベタなのですが、自分をチョコに見立ててプレゼントして「めしあがれ」とかいっちゃう女性に、以前出会ったことがあります。

僕は正直これをされたとき、「おもんない大学生か」と思ってしまったのですが、意外と他の男性にはウケていたみたいです。

方法としては、バレンタインデー間際のデートでホテルに行って、自分をラッピング用のリボンで装飾して「めしあがれ」っていう感じでした。

個人的にはこういう“ちょっとエッチな、中学生が読むようなラブコメ”みたいな手法はあまり好きじゃなかったんですが、大多数の男性は「いただきま~す」だったそうなので、笑いにあまりうるさくなくて、流行りのコンテンツにすぐ感動しちゃう若い男性には効果てきめんかもしれません。
あと、これは本当にバカげた話なんですが、割とストレート過ぎてウケがいいようなので、あわせて紹介しておきます。

元カノが以前話していたのですが、彼女は若いころ、バレンタインデーに彼氏とセックスをする際に、イキそうになった彼氏に冗談っぽく「ホワイトチョコレート出して」とささやいたところ、意外と効果があったといいます。

これだけじゃなく、実際射精寸前になった彼氏の耳元で「どこにかけたい?」ということでダメ押し、とどめになったのだと主張していました。

馬鹿馬鹿しい話ですが、こういう単純なのが響く人っていますからね。この発言、元カノは僕にだけはいわなかったんですけど、多分冷めると思って空気を呼んでいたんでしょう。

ちょっとお笑いにうるさい男って、こういう発言をきっかけに「今なんつった?」となって、めんどくさい説教をすることもありますからね。

僕は本当にめんどうな男です。
以上3点が、バレンタインデーの時期にするセックスで男性を虜にできる(かもしれない)キメ台詞となります。

使うことで相手にクリティカルヒットをあたえる可能性もあるので、彼氏やセフレの性格をしっかり見極めて使ってみるのがいいでしょう。

多分、こういうのが好きな男性って結構多いと思います。ただ、僕のような偏屈中年には逆効果かもしれないので、「あたしの彼氏、めんどくせえんだよな」って認識している場合は、わざわざ実践しなくても普通にセックスすればいいでしょう!(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事