アイコン 冬にヤりたい!身も心も温まるHOT体位

2020.11.18

冬にヤりたい!身も心も温まるHOT体位

どうも、ヤリチンです。

その昔、極寒の地域に住んでた頃、オナニーしてそのまま寝て朝起きたらお腹の上で精子が凍ってたことがあります。

そこで今回は、「冬にヤりたい!身も心も温まるHOT体位」についてお伝えします。冬は寒くてつらいので、たくさんセックスをして温まりましょう!

200人以上とセックスしてきた僕が、肌と肌が密着する体位をセレクトしました!

冬のせいにして温め合いたい人は、ぜひ最後までチェックしてくださいね。
冬といえばシックスナインを忘れてはいけませんね。

パートナーに覆いかぶさってお互いの性器を舐め合う行為は密着度が高いこと、性器の舐めるために夢中になって口を動かすことで、体がポカポカ温まってきます。口から血流が良くなっていくのがわかりますよ。

服を着たままより、全裸のほうがお互いの肌の温もりを感じ合えるので、裸になって舐め合いましょう。

5分くらい舐め合った頃には、さっきの寒さがどこかへいって体が温まっているので、寒い夜にはお互いのアソコを舐め合いましょう。
寒い冬にヤりたい体位といえば、密着正常位です。

密着正常位は、正常位の状態のまま男性が女性を抱き抱えて腰を振る体位のことを言います。女性は男性に密着されたままなので、身動きをとることができずひたすら犯されますよ。

ずっとくっついていますし、男性が動くたびに体が摩擦するので、体が暑くなっていきます。

僕は密着正常位が一番好きなので毎回ヤるのですが、射精する頃には僕も女性も汗だくのゼーゼーになっていますよ。

全身暖かくなるので、真冬に体を夏にして過激にイキたい人は、密着正常位を試してみてください。

関連記事はコチラ▼▼

対面座位も密着度が高いので、冬におすすめの体位ですね。お互いにハグしながら腰を擦り合わせるので、2人の体温をよく感じることができます。

また体面座位の状態で動くのってコツと体力が必要で難しいため、すぐ息が上がりますよ。対面座位をうまくヤるコツは、男性が女性のお尻を持ちながら揺らしてあげることですね。

男女共にカロリーの消費が激しい体位なので、寒い冬に試すのがおすすめです!

騎乗位の後にそのまま対面座位に移行するとスムーズですよ。
ロールスロイスも冬にやりたい体位の1つですね。

ロールスロイスはバックの亜種ですが、男性が女性の腕を抱き抱える形になるのと、正座した女性を挟むように男性がポジションをとることで、普通のバックよりも密着度が高いんです。

そのため、女性は男性に後ろから包まれているかのような状態で、後ろから突かれますよ。腰を振るたびにお互いの体が摩擦し合うので、どんどん体温が上がっていきます。

太ももあたりが汗ばんでくると、いい感じに滑りがよくなるので、男性側はさらに腰を降りやすくなって、女性側は感度が上がるので気持ちいいです。

体勢的にも奥まで届きやすい体位であるので、だんだんと奥に突き上がってくる快楽を堪能したい女性はぜひロールスロイスを試してみてください!

関連記事はコチラ▼▼

最後に紹介する、冬にヤりたい体位は駅弁です。

駅弁はAVでよくある体位の1つで、男性が立った状態で女性を抱きかかえたまま腰を振ります。男性は立ったまま女性を抱きかかえて、なおかつ腰を振るので筋力と体力が求められますよ。

ですが密着度が高いこと、男性の体力を消耗することから、すぐにお互いの体が温かくなること間違いなしです。女性側が男性にしがみつくことを意識すると、さらに密着度が高まるので体温が上がります。

セックスというよりスポーツをやっているかのような感覚になるハードな体位ですが、寒い冬に体を暖めたい人はぜひ試してみてくださいね。

以上、冬にヤりたい「身も心も温まるHOT体位」をお伝えしました。

お互いの密着度が高い体位は、体温が上がりやすいのでおすすめですよ。寒くても全裸でセックスすることで、互いの肌の温もりを感じられます。

ぜひ今回紹介した体位をセックスに取り入れて、この冬を乗り切りましょう! この記事を見たあなたが素敵なセックスライフを送れるよう願っています。

どうもヤリチンでした。(やうゆ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事