アイコン 楽なのに気持ちよすぎな「寝バック」の魅力とは

2020.07.23

楽なのに気持ちよすぎな「寝バック」の魅力とは

女性がうつ伏せになり、その上に男性が乗って挿入する体位、寝バック。数ある体位の中でも体勢が楽で、そのうえ中イキしやすい体位です。

経験したことがない女性ははっきり言って大損していると言っても過言ではないかもしれません。この記事では、そんな寝バックの魅力、もっと寝バックを楽しむ方法、プレイの注意点をご紹介します。これを読めばあなたは寝バックマスターです。ぜひ読んで実践してみてくださいね!

(1)気持ちいいところを刺激される


膣のかたちなどの個人差はありますが、寝バックは、ペニスが気持ち良いところに当たりやすいというメリットがあります。浅めの挿入ではGスポットを、深く挿入すればポルチオを的確に刺激することができます。

そのほか、脚ピンできる体勢なのもポイントです。脚ピンすることで気持ち良さを自分でコントロールすることができます。

(2)背中で感じることができるようになる


うつ伏せで寝そべるため、身体の正面にある代表的な性感帯である乳首を刺激することは難しいですが、その代わりに背中でいっぱい感じることができるようになります。

背中って、身体の中でも面積が広いので、性感帯として開発することができればセックスがものすごく捗りますよ。

また、性感帯以前に、寝バックはうしろから包まれるような感覚を味わうこともでき、バックハグが好きな人は特にグッとくるでしょう。

(3)体勢に無理がないため感じやすい

うつ伏せで寝そべっているため、身体に余計な力が入らずリラックスすることができます。セックスにおいて心身のリラックスは非常に重要で、身体がリラックス状態になることで心もリラックスしやすくなり、感じやすい状態をになります。

(4)顔を見られない安心感

「セックスの最中、顔を見られるのが恥ずかしい……」という女性ってけっこう多いでしょう。寝バックは顔を見られる心配がないので、そうした不安やモヤモヤが消え、思いきりセックスに没頭することができます。
寝バックは男性にとってもうれしい体位です。おしりのやわらかい感触をどの体位よりも楽しむことができる体位であり、寝バックの挿入角度ならではの膣の感触も楽しめます。

また、意外かもしれませんが、「感じている顔を見られるのが恥ずかしい」と思っている男性も多く、寝バックの顔を見られない安心感は男性にも共通して言えることです。

男女どちらもメリットたくさん、とても気持ち良い体位の寝バック。その寝バックをもっと楽しむための方法を見ていきましょう。

関連記事はコチラ▼▼

(1)男性に覆いかぶさってもらう
密着感と、背中いっぱいに相手のぬくもりを感じる心地よさを楽しむことができます。また、この体勢は男性心理的にもメリットがあり、「相手の身体を全身でがっちり拘束して犯している」という征服感やS心が満たされます。


(2)男性が上体を起こすのも気持ちいい
覆いかぶさるのではなく、男性に上体を起こしてもらうのもおすすめです。この体勢はペニスがグッと奥へ入りやすいので、より激しく膣を刺激することができます。

気をつけたいのが、ペニスがけっこう奥へ入るので、場合によっては痛みを伴うこともあります。少しでも痛かったら中断するか、ゆっくりやってください。

ぬくもりを感じて精神的に満たされたいときは、先ほどご紹介した覆いかぶさる寝バック、膣をグイグイ攻められたいときは上体を起こしてするこの体勢、というふうに使い分けてみましょう。 

(3)少し腰を浮かせる
寝バックのとき、女性は完全に受け身になると思いきや、女性側にもできることがあります。それは、少し腰を浮かせる、ということ。たったそれだけで膣の角度が変わるので、男性側の感じ方は大きく変わります。

ただ、腰にケガや持病がある人は、負担をかけないように気をつけてください。つらいときは、枕やクッションをお腹の下に敷いてやってみてください。

(4)締める
挿入中に膣をグッと締めると、男性側の気持ち良さがアップするのはもちろん、さらに膣とペニスがより濃密に絡むので、女性側もさらに気持ち良くなります。でも、「膣を締めるってどういうこと? その感覚がわからない……」という女性も多いでしょう。

寝バックは、この“膣を締める感覚”がわかりやすい体位で、うつ伏せでなおかつ脚を閉じることで、膣を締める感覚を身体で覚えることができます。

寝バックの最中はもちろん、一度締める感覚を覚えたらほかの体位でも締めることができるようになるので、ぜひ寝バックで締める感覚を身に着けてください。

(1)まずはゆっくり動いてもらう
すでにご紹介しましたが、角度によっては膣の奥までペニスがグッと入っていきます。いきなり奥へ入ると痛いです。まずはゆっくりと動いてもらうようお願いしましょう。

(2)ペニスが抜けないよう注意
寝バックは、角度によっては挿入が非常に浅くなります。男性が上体を動かすとき、また、女性が少し腰を動かしただけでも、ペニスがニュルっと抜けてしまうこともあります。息を合わせて、抜けてしまわないようにしましょう。
(3)重くて苦しいときは体重の分散を
寝バックの経験がない男性は、挿入に手こずったり、ペニスが抜けないように一生懸命、なんてこともあります。そのため女性の身体に注意を払うことができず、全体重を一カ所に乗せてしまう、なんてことも起こり得るでしょう。成人男性の全体重が一点にかかれば、女性は当然苦しいですよね。

対処法として、両手足にうまく体重を分散してもらいましょう。重くて苦しかったら、気持ち良いものも気持ち良くなくなってしまいます。しっかりコミュニケーションをとってください。

(4)挿入に手こずる場合の対処法はコレ
寝バックって、挿入に手こずる人も意外と多いかもしれません。「寝バックに挑戦しようとしたけど、挿入できずに諦めた」なんて人も意外といるのでは? そんなときの対処法をご紹介します。

まずひとつ目が、女性のお腹の下に枕やクッションを敷くこと。ベッドに寝そべった状態よりも高さがでるので、膣の入り口とペニスの距離を近づけることができ挿入しやすくなります。

もうひとつの対処法が、通常のバックから移行する方法。まずはバックで挿入して、ペニスが抜けないよう彼にペニスを膣に押し付けてもらいながら、女性が寝そべり寝バックに移行します。これらの対処法を用いて、ぜひ寝バックを楽しんでください。

関連記事はコチラ▼▼

男女どちらにもたくさんのメリットがある寝バック。冒頭でもお伝えしましたが、今までやったことがないという人は本当にもったいないです。ご紹介した内容を参考に、ぜひ試してみてくださいね。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事