アイコン 中イキできない原因とは? イケない時に試したい対処法やコツを解説

2020.06.23

中イキできない原因とは? イケない時に試したい対処法やコツを解説

「中イキって言葉では聞いたことがあるけど、どんなものなのかわからない」「クリトリスの刺激でイクことはできるけど中イキができない」こんな風に悩んでいる女性はとても多いです。

セックスは基本的に男性が射精するのがフィニッシュとされているため、女性がイケないまま終わってしまうことがかなり多くあると思います。

でも本来なら女性も男性も「最高に気持ちよかった」と言えるセックスをしたほうがいい、というか女性もしっかり気持ちよくなりたいですよね。なのでこの記事では、中イキできない原因と中イキできる方法について詳しくご紹介していきます。

中イキができるかどうかでセックスに対するイメージはガラッと変わりますし、満足度も桁違いになるため、中イキはできるに越したことはありません。 

これを機にぜひ中イキできる体作りをしていただければと思います!
同性同士の会話で下ネタを話すことはよくあることだと思いますが、中イキできるかどうかというようなディープな話はなかなか話題としてはあがらない。

そのため自分が中イキできないと悩んでいても、周りの友人がどれだけ中イキできているのかってわからないですよね。

そこでここでは一般的に中イキがどんなものなにか、どれくらいの女性が中イキできなくて悩んでいるかを最初にご説明していきます。 

そもそも中イキとは


中イキはその名の通り膣の中を刺激してイクことを指します。じゃあ中イキ以外はなにがあるの? というと、クリトリスを刺激してイク外イキがあります。

外イキはクリトリスでイクだけですが、中イキはイケるポイントが2種類あり、Gスポットと呼ばれる部分を刺激してイク方法と、子宮口周辺にあるポルチオを刺激してイク方法に分かれています。(ポルチオイキは奥イキとも言われる) 

また、Gスポットよりもポルチオのほうがイキづらく、そのぶん気持ち良さも何倍も違うと言われていますね。ポルチオイキはイクことがむずかしいぶん、究極に気持ちよくなれる性感帯ということです。

関連記事はコチラ▼▼

中イキができるようになればセックスすることがとても楽しくなると経験者は口を揃えて言うのですが、実は約7割もの女性が中イキ未経験という事実があります。

ということは中イキができている女性はわずか3割程度しかいない。びっくりですよね。多くの女性が中イキを体験できず、満足に快感を得られていないということになります。

もちろん大好きなパートナーとセックスできるだけで大満足という女性もいることでしょう。しかし、男性は毎度射精するのですから女性も一緒に中イキできるほうがいいですよね。

約7割の女性が中イキできていないのが現実ですから、中イキできないのは自分だけと悩む必要はないですが、たくさんの女性が中イキできていないことを理解したうえでどうして中イキできない女性が多いのかを次の項目から解説していきたいと思います。
中イキはセックスするときにうまく刺激できればイケるという安易な考えではなかなかイクことができません。中イキができていない女性にはそれなりの理由があり、できない理由を排除していかないといけないんですよね。

では、中イキできない原因はどんなものがあるのか。よくある可能性としては『前戯が長い』『性感帯を開発していない』『イクことに集中し過ぎている』の3つが考えられます。

3つの原因をしっかり理解したうえで、どうすればいいのかを解説していきましょう。

前戯が短い


中イキは中への刺激が重要だからと前戯を疎かにしてしまっていませんか? 女性は男性とイクために前戯で十分に準備運動をする必要があるんですよ。 

女性はその時の雰囲気によって興奮度が大きく変わるため、セックスのはじまりはとても肝心です。「早く挿入してほしい」と思うくらい前戯をしっかりすればイキやすさも変わりますし、膣内を潤わせるためにも愛撫は欠かせません。 

男性のなかにはすこしキスをして手マンをしてはい挿入。とさみしい前戯をする人もいますが、それだけだと膣内の潤いはあるかもしれませんが、作業的でイク準備としては足りていないのです。 

中イキすることを目標にセックスをするなら焦らされて我慢できないと思うくらい前戯は長めに行うようにしてくださいね。

性感帯を開発していない


中イキできないそもそもの理由は性感帯を開発していないことにあります。開発というのはGスポットとポルチオを刺激すればイケる状態にしておくことを指すのですが、この自然にイケる状況にできていない女性がほとんどなんですよね。

性感帯が開発されていないと、Gスポットを刺激したところで気持ちよさもなく、なにも感じなかったり、ポルチオイキであれば最初は痛みを感じることもあるのです。

性感帯の開発方法は後ほどご紹介しますので、挿入時にイマイチ気持ちよさを感じられていない女性は開発方法を参考にしていただければと思います。 

イクことに集中し過ぎている


中イキはしたいと思えば思うほど快感が遠のいてしまいがち

中イキしようと思うことによって変に意識してしまったり、力が入ってしまったりして緊張状態が続きイクことができないのです。

イクためには興奮状態であることはもちろんのこと、興奮しながらもリラックスした気持ちを持ち合わせていなければなりません。中イキすることばかりに集中してしまうとどんどんイケなくなってしまうので「イケたらいいな」くらいで挑戦し続けることが大切ですよ。

関連記事はコチラ▼▼


中イキをするには性感帯の開発は絶対的に必要なのですが、開発方法と言われてもよくわからないですよね。

中イキはGスポットとポルチオがあるのでそれぞれの開発方法について見ていきましょう。また性感帯を開発するならオナニーをするのが1番手っ取り早いです。開発しやすいオナニーグッズもご紹介するので合わせてごらんください。 

Gスポットの開発方法


Gスポットの場所は膣に指を入れて第2関節〜第3関節を入れてお腹のほうに指を曲げたあたりにあります。触った感覚としてはザラザラしているということが多い印象ですが、人によってはツルツルしていたり、ブニュブニュしていたりと個人差がありますね。

Gスポットはほかの膣内の感触と全然違う部分が一部あるので指を入れて指を曲げてみればすんなり見つかるはずです。

Gスポットが見つかれば指で押したりこすったりして刺激を与えてみてください。最初は感覚がなくても徐々に「気持ちいい」と感じたり「おしっこがしたい」と感じたりなんらかの感情が出てきます。

そのまま刺激を続けると、不思議な感覚が急に押し寄せてきたら中イキできるチャンスです。不安感も出てくるかもしれませんが、イッた瞬間には体内からなにかが開放されたような気持ちよさがあるので力を抜いて刺激を続けてくださいね。

もちろん日数をかけて徐々にイケるようにしていくのも問題ありません。焦らないことが大切ですよ。 

ポルチオの開発方法


中イキできる性感帯のふたつめのポルチオ。ポルチオは膣の奥にある子宮の入り口あたりにある性感帯です。子宮は膣内のかなり奥にあるので残念ながらGスポットのように指で届く距離にはありません。

そのためバイブかディルドで刺激をあたえて開発をしていくことになります。最初は痛みを感じることが多く、次第に「痛気持ちいい」と感じるようになり、最後には「気持ちいい」と思えるようになるので少しずつ開発していくことになりますね。

刺激のほうほうとしては膣内の行き止まりでもある子宮の入り口あたりをグリグリ押したり突いたりして開発を目指します。

イキそうになると「どうにかなってしまうそう」「体が勝手に反応してしまう」というようにとイクことができますよ。

不思議な感覚が押し寄せてきます。そこまでくるとイク直前まできているので感情に任せる

また、ポルチオは開発するのがむずかしいと言われているためGスポットと同じ感覚で中イキできるというわけではないです。ポルチオの開発はGスポットでイケるようになってからさらなる快感を得るために開発するものだと思っておきましょう。 

オナニーで中イキの感覚を覚える


中イキがすんなりできるようになるためにはオナニーで開発するのがおすすめなので、オナニーで中イキする方法をご紹介しました。でも日頃オナニーをしない女性はオナニーをすること自体に抵抗があるかもしれませんね。

しかし、実は中イキができる女性はオナニーで自己開発した派の人がとても多いんですよ。セックスをしているとイケるまで刺激し続けてもらうことはかんたんではありませんし、気持ちいいポイントをずらさないようにすることもむずかしいです。

そのためまずは好きなタイミングで開放感を持って中イキできるように開発するのが勧められているのです。 

オナニーにおすすめのラブグッズ


自らで性感帯を開発するならラブグッズは欠かせません。Gスポットなら指で刺激することもできるのですが、やっぱりバイブやディルドを使うのとはまったく快感度合いが違ってきます。

そんなラブグッズのなかでも好評で開発しやすいと言われているのが『マリンビーンズ』です!マリンビーンズは中イキできるように練習するために作られたラブグッズのため性器を開発するにはコレ一択!というくらい絶大な人気を誇っています。

マリンビーンズが人気の理由としては、クリトリスを逃さない挟んで刺激できるように作られていることと、挿入時の先端が少し突起物のようになっていて性感帯をがっつり刺激してくれるところです。

実際に使用した人のコメントも「我慢できずにすぐにイッちゃった」「買って大正解!」と満足している声が多いですよ。

なにかで性感帯を開発するなら、開発しやすいものを選ぶのは当然のこと。ラブグッズを使用するならマリンビーンズがおすすめです!

▼「マリンビーンズ中イキも外イキも自由自在な体に♪
感じる!ラブグッズデビューセット(収納ポーチ付)

公式通販サイトでみる
セックスでは中イキするためにおすすめの体位がいくつかあります。

女性がイクためには性感帯にしっかり刺激を与えてくれる体位である必要があるため、挿入するだけで性感帯に当たる体位を選ぶ必要があるのです。 

とくに中イキしやすい体位というのが『寝バック』『騎乗位』『松葉崩し』の3つとなります。 

寝バック


バックはセックスをすると毎回行われる体位に入っていると思いますが、寝バックはする派としない派に大きく分かれますよね。

寝バックは言葉の通り、女性がうつ伏せになった状態で挿入することを指します。寝バックをするとペニスがストレートにGスポットに当たるため、中イキできる鉄板の体位と言われています。 

騎乗位


騎乗位も言わずと知れた中イキできる体位ですね。女性が優位になる体位のためすきなように気持ちいいポイントを刺激できるのがいいところです。

しかし騎乗位で上下に出し入れするだけではペニスの長さによってはポルチオまで届かないので中イキすることが不可能となります。そこで試してほしいのが、前後に動いたり八の字に動いたりする方法です。

騎乗位は男性からすると接続部分がしっかり見えることが楽しみの部分でもあるのですが、中イキすることを考えれば上下運動よりも挿入したまま腰を振るほうが向いているんですよね。騎乗位をするときは前後運動を優先して行うようにしましょう。

松葉崩し


女性が寝転んで横を向き、男性が片足を支えて挿入するのが松葉崩しですが、これもかなり人気の体位です。

短いペニスでもしっかり挿入すれば性感帯をがっつり刺激することができ、密着度が高いため動くとクリトリスも同時に刺激できることから女性が快感を得るにはかなりおすすめできる体位となります。

しかし逆に角度を間違えてしまうと挿入が浅くなりお互いが快感さえ得られなくなってしまうので、しっかり挿入感が得られているのかコミュニケーションをとることは必要です。

Gスポットを狙った場合はピストンをしてもらい、ポルチオを狙った場合は挿入したままグリグリと刺激を与えるようにすると中イキしやすいですよ。
どれだけ中イキができるように心がけていてもなかなかイクことのできない女性もいます。

そんなときはさらに細かい部分を見てできることをやっていきましょう。 

リラックスする


中イキするためには快感を得ることが1番重要なことなのですが、それ以前に落ち着いた状態で中イキできる心の準備を整える必要もあります。

中イキに慣れていないならリラックスした状態でないとイキづらいので、長く付き合いのあるパートナーのように緊張しない相手とセックスできるのが理想ですね。

オナニーをするときもいつ誰に見られるかわからないような状況ではなく、安心して存分に楽しめるときを選ぶのがベストです。 

喘ぎ声を我慢しない


喘ぎ声はほかの人と比べることができないことから「自分の喘ぎ声ってうるさいかも?」と不安になって我慢している女性もいるのではないでしょうか。

喘ぎ声を我慢するということは力が入っているということですから、中イキするには不向きな状況と言えます。

また、喘ぎ声を素直に出すことによって興奮度を上げることができるため我慢をすることにメリットってあまりなんですよ。男性からしてもたくさん喘いでくれたほうが興奮材料になるので、喘ぎ声は我慢する必要は一切ありません。好きなだけ喘いじゃってください!

膣トレする


中イキがうまくできないときには膣トレーニングを日頃から行うことも効果的です。膣トレをして得られる効果としては膣の締まりが圧倒的によくなるということですね。

膣トレのやり方はとってもかんたんで、膣を5秒間締める緩めるを交互に繰り返すだけ! 立っていても寝転んでいてもいつでも行うことができるのでぜひ日常に取り入れてください。

膣の締まりがよくなると感度が上がり、中イキがしやすくなります。膣が締まることによって男性も気持ちよくなれるのでやらない理由がありません! 

▼彼も自分も夢中になるラブタイムへ「膣トレはじめてセット

公式通販サイトでみる

自分で動く


騎乗位が中イキしやすい体位だと紹介したように、自らが動いて中イキしやすいポイントを見つけるということは非常に重要です。 
 
どんな体位でも男性に身を任せるだけでなく、体位ごとにベストポジションに当たるように自分で調節することも試してみてください。

男性が気持ちいいようにピストンするように女性も快感が得られるように動いていいんですよ。常に気持ちいいと思えるセックスを目指して常に自分も一緒に動いていくようにしてみましょう。

関連記事はコチラ▼▼


どれだけ中イキできる方法を試してもうまくいかないときには不感症である可能性もあります。

不感症といっても一切なにも感じないわけではないので、不感症という自覚がない女性もいるかもしれません。

ではどのような状況であれば不感症で、原因はどのようなものがあるのでしょうか。
 

不感症とは


不感症はセックスをするときに快感を得られない状況を指します。イクイカない以前にセックスもオナニーも気持ちいいと思うことがない、もしくは快感をほぼ感じられない場合は不感症であると言えます。

クリトリスを触っても膣へ挿入をしても感度が弱い場合は不感症を疑いましょう。

不感症になってしまう原因


不感症は女性に多く、原因としては精神的な問題が大きいと言われています。セックスに対しての恐怖心があったり、ストレスが溜まっていることで快感が得られなくなってしまっているんですね。

また、自分が快感を得られないことが不安を招いたり、パートナーへ感じられないことへの申し訳なさを思うことでどんどん不感症の原因を増やしてしまいやすくもなります。

不感症を改善するために一番効果的なのは、パートナーと一緒に解決し乗り越えていくことです。ひとりで悩まずに理解してくれるパートナーと改善に努めることをおすすめします。

中イキできない不感症を治す方法


不感症を改善するためには、パートナーと協力することも大切ですが、日々考えられる問題を潰して快感が得られる体になるように努力してみることも必要でしょう。 

不感症は治らないものではないので、中イキをするためにもできることからトライしてみましょう。 

不感症を治す方法を6つに分けてご紹介していきます。 

マンネリを解消


長く付き合いが続いているカップルや夫婦は性に関することだけでなく日常でさえマンネリしてきてしまいますよね。 

そんなマンネリが慣れへとつながり、セックスで感じられないという問題を起こしているのかもしれません。 マンネリを解消する方法としては、いつもと違うホテルに行ってみたり、目隠しプレイのようにいつもと違うプレイをしてみることです。刺激を与えることで改善につながります。 

セックスを楽しむ


不感症だと気持ちよさもあまりなく、不安もあることから楽しむことはむずかしいかもしれません。しかし不感症は心の問題である可能性が高いため、不安だったり自分にあるコンプレックスは解消して楽しむことが重要となります。 

ひとりで解決できないものはパートナーに相談するのもひとつの手です。パートナーに相談することでコミュニケーションのあるセックスができれば心のゆとりで徐々に感度が上がってくることもありますよ。 

身体を温める


冷えは万病のもとと言われるように、体を冷やす行為はさまざまは不調の原因になります。女性は冷え性であることが多いですが、本来体が冷えてしまって良いことはありません。 

セックスで興奮してくると体は熱くなっていくものなのでうすが、手足が冷えてしまっている女性は感度が鈍くなってしまうんですよね。感度は体の状態によって大きく変わってくるため、しっかり寝たり、お風呂に浸かったりしてまずは体を冷やさない生活を送ってみてください。 

セックス中に冷えてしまう場合は暖房の温度を上げる、もしくは服を着たままのセックスでもいいでしょう。 

ツボ押しする


ツボは体のいたるところにあり、いろんな症状を改善してくれますよね。そのなかに不感症やホルモンを整えるツボもあるんです。 

ツボの名は三陰交(さんいんこう)と言い、手は親指を除いた4本の指を使用します。人差し指がふくらはぎに向かう方向になるように足のくるぶしに小指を置いて、人差し指が着地した場所が三陰交のツボになります。 

そこを痛くない程度に数秒押すことを毎日繰り返してみてください。冷え性にも効果があるし、女性ホルモンを活性化させる効果が得られます。

婦人科を受診する


不感症である理由が心の問題ではなく体の問題である場合には病院にいくことで改善することができるため、不安がある女性は一度婦人科へいくことをおすすめします。 

不感症の問題がどこに隠れているのかはわからいので、パートナーにも改善点があるかもしれません。婦人科へ行くときは可能であればパートナーにも付き添ってもらいましょう。 

専門の医者に頼ることで不感症の理由を解明させればあれこれ試すことなくやるべき対処がわかるので早めに受診してくださいね。
中イキできない女性は非常に多いです。ですが性感帯を開発していけば次第に中イキできるようになることがわかっていただけたのではないでしょうか。

セックスでなかなかイケないならぜひオナニー開発もトライしてみてください。これを機に中イキを習得し、パートナーとよりよいセックスをしていただけるとうれしいです! (ちーすん/ライター)

 (オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事