アイコン 体の相性がいい人の特徴と相性が悪い人との向き合い方

2020.06.14

体の相性がいい人の特徴と相性が悪い人との向き合い方

恋愛をするにあたって体の相性のよさは上位に入るくらい肝心なところですよね。どれだけ好きな彼氏でも体の相性が悪いだけで今後の付き合いについて悩んでしまう女性もいることでしょう。

でも実際のところ、体の相性ってなにを根拠に決めるのかは微妙なところで「彼氏とセックスの相性が悪いかも」と思っても必ずしも悪いとは限らないんですよね。

そこで今回は体の相性がいい人の特徴や、相性が悪い人とはどのように付き合っていけばいいのかについて解説していきます。

彼氏との相性で悩んでいる女性は今後の向き合い方を考えるためにぜひご一読ください!
彼氏にするなら体の相性がいいに越したことはありません。

でもそもそも体の相性ってほんとうにあるのか? どうすれば答えが見つかるのかってよくわからない部分だと思います。そこでまずは体の相性とはいったいどのようなものなのかについて考えてみましょう。

セックスの良し悪しを決める大きな要素


体の相性はセックスの満足度に直接関わってくる要素です。相性がよければほかの人とは味わえない快感の渦に包まれることになるし、相性が悪ければ不快感や痛みが出たりするほどです。

もちろんセックスはお互いにテクニックがあれば楽しめることもあります。ですが、体の相性が関与して同じテクニックでも快感が何倍にも上がったり下がったりするんですよね。

要はテクニックでは補えない、見えない感覚が生み出したものが相性です。

直感的にわかる人が多い


体の相性がよいのか悪いのかはフィーリングでわかることが多く、はじめて出会った人のことを「この人いいな」と思うように、直感の要素が大きいです。

もちろん直感と言ってもセックスをしないと判断はできないのですが、一通りを終えればどの程度相性がいいのかを知ることができます。

会話をしていて楽しい人だから相性がいい。などという接点はなく、嫌いな人でもセックスの相性だけは抜群にいいなんてこともあるので、体験しないとわからないのが体の相性なのです。
体の相性の良し悪しは、遺伝子的に自然に感じる部分が大きいのでセックスが終わったあとに、こちらで紹介している特徴と照らし合わせてみるとわかりやすいです。

今回は体の相性がいい人の特徴を16個の項目に分けたものを細かく解説していきます。

1.体の相性がいい人はいいにおいがする

体の相性がいい人の体臭はいいにおいがするというのはよく耳にする話ではないでしょうか。

女性は強い遺伝子を持った男性と子孫を残すために、無意識で男性をにおいで判別し選んでいるんですよね。そのため相性のいい人であれば「この人のにおいはすきだ」と直感的に感じることができるのです。

香水や柔軟剤のにおいではなく、体臭を嗅いでどう感じるかを確認してみると直感が自然と相性を教えてくれますよ。

2.体の相性がいい人はキスから気持ちいい

体の相性と言っても挿入だけの問題ではありません。キスだけでも細かなことを言えば、頭を傾ける方向や舌を絡めるタイミングなどは人によって全然違うのです。

相性のいい相手とキスをすると、全身が相手を求めているような感覚になり頭がボーッとします。時間を忘れてしまうくらい没頭することもあり、気づいたら数十分もキスしてた!なんてこともありますよ。

また、相手の唇や舌の硬さにも注目してみましょう。とろけるような感覚を与えてくれる相手であれば体の相性がいいと言えますね。

3.体の相性がいい人は性器のサイズが合う

男性器に大きい小さいがあるように、女性の性器のサイズにも若干の違いがあります。

女性の性器はペニスを挿入されると包み込むように膣内が変形するようになっているのですが、やっぱり大きすぎると動くとツライと感じるし、小さいと満足できませんよね。

これは筆者の知人男性の話なのですが、その男性は彼女との体の相性がとてもよく「挿入したら彼女のアソコが俺のペニスの形になっている」と言っていました。

それくらいガッツリフィットすることは稀なのかもしれませんが、ほんとうに相性がよい場合は性器のサイズだけでなく、形までカンペキなことがあるのです。

4.体の相性がいい人は肌のふれあいに違和感がない

肌の質感や温度も人それぞれ違うため、相性によって感じ方が変わります。

心から好きだと思っている相手とハグをすると落ち着いた気持ちになりますよね。それに加えて体の相性がいいと体がすっぽりハマるような感覚を覚えます。

例えば暑がりの女性が体温の高い男性にハグを長時間されるとどんどん息苦しくなってしまいます。でも寒がりな女性には体温の高い男性からのハグが心地いいですよね。

このように、直感+元からお互いが持っているもので体の相性が変わります。

5.体の相性がいい人は好きな体位が似ている

好きな体位が似ているということは、セックスをするにおいてとても重要なことです。体位によって同じ相手でも感度は変わるし、密着度も変わるため好きな体位が似ているのは相性がよい証拠ですね。

同じ体位が好きということは同時に快感を得られているということなので、セックスへの満足度も自ずと上がります。体の相性のなかでも快感を得られるタイミングは重視したいところですね。

6.体の相性がいい人は攻めと受けがかみ合う

セックスをするときには攻める側と受ける側が存在していますよね。騎乗位ひとつでも、女性が動く場合もあれば、男性が下から突くパターンもあります。そのタイミングや気持ちが合うのも体の相性がいい証拠です。

有無を言わずとも自然に今は相手が攻める時間、今度は自分が攻める時間とわかるのが一番理想的ですが、そうでなくとも空気を読んでスムーズにセックスができるだけでも相性がいいと言えるでしょう。

7.体の相性がいい人はしたくなるタイミングが合う

セックスをしたくなるタイミングは人によって全く違い、お酒を飲んだあとにしたくなる人、寝起きにしたくなる人、満腹になったらしたくなる人、とかなり個人差があります。

これだけたくさんのタイミングがあるからこそ、カップルでもセックスを誘って「今は違う」と断られることが十分にありえるんですよね。

それが体の相性がよければ「今したい」と思ったタイミングで相手から誘われたり、自分が誘えば相手もその気になったりしてくれるのです。

8.体の相性がいい人は性欲の強さが近い

性欲の強さの近さは近ければ近いほど、恋愛までもうまくいきます。なぜなら、性欲の強さが同じであればセックスをするしないで喧嘩になることを避けられるからです。

また、性欲の強さが近ければ、仮にセックスしたいタイミングにズレがあっても、数日後にはセックスに挑めますよね。でもこれが性欲に差がありすぎると「前も断られたのに、今回も断られた。」と喧嘩の原因にもなるのです。

性欲の強さが近いことは体の相性がいい証拠ですよ。

9.体の相性がいい人は数回できる

体の相性がいいと1回戦が終わったあとでも、男性の再起がしやすくなるため1日のセックス回数が増えます。

男性は気持ちがいいセックスをすると「もう1回したい!」と思うし、射精後もセックスの快感を思い出して勃起してきちゃうんです。

もっと言えば射精したのに興奮状態が続いて、そのまま2回戦ができたりもしますよ。

10.体の相性がいい人は声も気持ちよく感じる

体の相性がいいと相手の喘ぎ声でさえも快感に変わります。男性の喘ぎ声って妙にエロさがありませんか?

「ある!」と思ったなら、その男性と体の相性がよかったということです。

セックスって体が感じるだけでなく、耳でも感じることができるんですよね。喘ぎ声を聞いてゾクッとしてしまうことがあれば、耳元で喘ぎ声を聞かせてもらうといいですよ。より一層興奮度が増してテンション上がること間違いなしです。

11.体の相性がいい人は自然と声が出る

体の相性がいいのは、気持ちよさも十分で、安心感もあり非常に落ち着いた状態にあると言えます。

そのため、自分でも思ってもいないタイミングで喘ぎ声が漏れてしまうことがあります。喘ぎ声を出したつもりでなくとも、興奮していることから息が荒くなり、いつの間にか声が出てしまっているパターンもあるでしょう。

これは体の相性がよく自然体でいるからこそ起こる現象と言えますね。

12.体の相性がいい人は気持ちも高まりやすい

セックスをしたいタイミングは人それぞれなので誘われたときに「今そんな気分じゃなかった」なんてときもたまにはあるでしょう。

しかし体の相性がよければ気分が乗っていなくともキスやハグをしているうちに気持ちが高まって「してもいいかな?」なんて気分になるんですよね。

体の相性がよければ、セックスまでの誘導も自然と好みのものになっているもんなんですよ。よって自然と気持ちが高まってくるのです。

13.体の相性がいい人はセックスでケンカの仲直りができる

巷では仲直りセックスは、喧嘩をうやむやにしているだけだからおすすめできない!と言われていたりもしますが、大きな喧嘩でない限りは仲直りの仕方なんてどんな方法でも問題はないと思います。

もちろん仲直りセックスするにも喧嘩の決着をつけてから行うのは当然ですが、喧嘩が終わってしまえば、スッキリするためにも体を合わせればいいのです。

仲直りセックスはセックスで気持ちを満たせないといけないので、体の相性のよいカップルだけができる仲直りの方法なんです。

まだ試したことないのであれば、体の相性を確かめるためにも仲直りセックスを取り入れてみてください。相性がよければ想像以上に燃えるセックスができますよ。

14.体の相性がいい人は賢者タイムも寄り添える

射精したあとは大抵の男性が賢者タイムに突入しますが、体の相性がよければそんな時間さえもまったりと過ごすことができます。

数分前まで相手のすべてに興味あったはずなのに、急にすべてに興味がなくなってしまう賢者タイムは、かなり無気力な状況なのでできればあまり構われたくないんですよね。

ちなみに賢者タイムは男性の射精後に訪れる不思議な時間と思っている人が多いですが、女性にも賢者タイムが訪れることがあります。

状況的には男性も女性も変わらず、イッたあとに無気力になることを賢者タイムと呼ぶのですが、そんな賢者タイムも体の相性がよければ、自然と迷惑のかからない程度で寄り添うことができるのです。

ハグだけはOK、フレンチキスまではOK、腕枕だけOKというように賢者タイムには触れ合える限界値があります。そんな限界値が近いのが体の相性がいい証拠です。

15.体の相性がいい人は回数を重ねるほどハマる

体の相性がいい人とセックスをすると、1回目より2回目、2回目より3回目と体を重ねれば重ねるほどハマる傾向にあります。

初セックスで阿吽の呼吸があり体の相性がいいのであれば、回数が増えるごとに相手の求めるものや、感覚がもっと掴めてくるのは当然ですよね。

本当に体の相性がよければ、自分の意識とは関係なく、体が勝手に相手を求めてしまうのです。

16.体の相性がいい人は一緒にイケる

男性はセックスをすれば最後には大抵の人が射精します。でも女性はイケない人も多いため一緒にイクのは非常に難易度が高いです。なので同時イキできる人に出会ったときには、抜群に相性がいいと言えるでしょう。

彼とセックスしたら何度もイッてしまう。というときには、「彼はセックスがうまい」と関連づけるのが一般的ですが、ほんとうはふたりの体の相性がいいだけなのかもしれません。

関連記事はコチラ▼▼

やっぱりどれだけ考えても彼氏と体の相性が悪い気がする。そんな不安を感じる女性もなかにはいることでしょう。

そんなときはもう別れるしか選択肢はないのでしょうか?

体の相性だけじゃなく慣れもある

もし付き合った彼氏との体の相性が悪いと感じても、回数を重ねれば埋められる溝もあります。

お互いのことがわからないときは、距離を縮めることはかんたんなことではありません。でもセックスの回数が増えればお互いが納得できるセックスができるようになるかもしれないですよね。

まだ付き合いが浅い場合は何度もセックスの回数を重ねて様子をみるという手もあるかと思います。

体の相性は恋愛の要素のひとつ

体の相性の良し悪しは恋愛をするうえで重要です。でもセックスをすることだけが恋愛ではないので、体の相性が悪くてもほかに補えるなにかがあれば別れの選択肢しかないわけではありません。

どれだけすきな相手にも嫌いなところや合わない部分はあるので、体の相性もひとつの合わない部分として考えてみてください。

そう考えたときに、耐えられないと思ってはじめて別れを考えればいいのです。

体の相性は工夫と努力でどうにかなる部分もある

体の相性が悪いと言っても、気持ちいいと感じられないくらいの問題であれば、お互いが満足できるように考えて歩み寄れば改善することは可能です。

性欲の差は、話し合って回数や頻度を決めればいいし、快感が足りない場合は性感帯の開発や気持ちいい体位を見つけることで解決できるかもしれません。

直感の相性がよくなくても改善は望めるので、別れるかは工夫や努力ができないかを試してからでも遅くはないでしょう。
体の相性が悪くても改善できることはありますが、残念ながら別れることを考えるべき事案もあります。

やはりセックスをするにおいて苦痛を伴っている場合は別れを考えたほうがいいと言えるので以下に該当するならすこし立ち止まって考えてみてほしいです。

生理的に無理だと気づいた

体の相性だけに限ったことではないですが、生理的に無理だと思う行為やものに関しては、どれだけ克服しようと思ってもむずかしいものがあります。

例えば性癖の違いは理解できないものがあるでしょうし、喘ぎ声が好みでなくセックスに集中できないというのも生理的に無理という理由に入ります。

このようにどうしても生理的に無理なことが場合はお互いのために別れを考えたほうがいいのかもしれませんね。

毎回痛い・流血する

性器は繊細な部分なので、痛みや流血が高頻度で見受けられる場合は、体のために別れを考えたほうがいいでしょう。

「彼氏のペニスが大きすぎて痛い。」「なぜかいつも指を入れられると血が出てしまう。」などというときには改善するのもむずかしいため、付き合いを考えたほうがいいかもしれません。

何度してもセックスが苦痛で嫌いになりそう

体の相性だけでなく、単にセックスという行為自体が苦手だという女性もいます。でもそれは、今の相手だから苦痛なのか、相手が変わっても気持ちに変化がないのかは試してみないとわからないことですよね。

でも現状としてセックスすることが苦痛で、相手のことまでも嫌いになりそうだと感じるなら、まずは相手を変えてみないことにはなにも進展がありません。なのでどれだけ試してもセックスが苦痛なら、相手を変えてみることを試してみるべきではないでしょうか。

セックスすることを受け付けないほど嫌いになってしまう前に彼氏やセックスと距離をとることをおすすめします。

関連記事はコチラ▼▼

彼氏と体の相性が悪いときは、今後の関係をどうするべきかに悩みますよね。でも前提としてできることなら相性をよくしていきたいという気持ちはあるはずです。

次は体の相性をよくする方法についても見ていきたいと思います。

受け身ではなくたまには攻めてみる

セックスをする際、女性は男性よりも受け身であることが多いですよね。そのため誘うときは女性からのことがあったとしても、プレイとなると男性優位で進むことが大半だと思います。

このように日々ノーマルなセックスをしているのであれば、たまには女性優位でセックスをしてみるといつも違った形になるため、新しい発見があり相性の相違を緩和できる可能性があります。

いつものセックスで体の相性がよくないなら、違うパターンで試して相性を確認してみてください。受け身だと思っていたけれど攻めるほうが興奮して楽しい!なんてことがあるかもしれません。

して欲しいことを伝える

体の相性は自然と合うのが望ましいですが、そうかんたんに相性のいい相手と巡り会えるとは限りません。ではどのようにして相性のすり合わせをしていくかというとコミュニケーションです。

体の相性が悪いということは、セックスをするにおいて不満があるということですよね。その不満を相手が解決しようとしてくれたらどうでしょうか。相性の改善に繋がりますよね。

なので体の相性をよくしたいと思ったら、どんなセックスがしたのか、どんなふうにすると楽しめるのかを言葉にしてみてください。

もしかすると彼氏との相性が悪いわけではなく、意思疎通ができていないだけかもしれません。直感だけで体の相性が悪いと決めつけずに、お互いを満たすために、どんなふうなセックスが理想なのかを伝えるようにしてみてくださいね。

お互いベストの体位をみつける

好きな体位が似ているのは体の相性がいい証拠だと前述でご紹介したのですが、絶対に同じ体位を好んでいる必要ってないんですよね。むしろ嫌いな体位を相手が好んでいなければ問題はありません。

好きな体位が分かれていても、一度のセックスでお互いが好む体位を取り入れれば問題はないのです。なのでまずは、自分好みの体位を見つけるところからはじめてみてください。

男性も女性も同じ性器を持った人はいないので、過去の相手では苦手だった体位でも、今の相手なら気持ちいいと感じるということも考えられます。

体位も王道のものは限られますが、特殊なものを合わせればいろんなものがあるので、その中のひとつでも悪くないものが見つかれば、それだけで相性の悪さが少しは軽減されます。ぜひ試してみてくださいね。

とにかく彼氏のセックスに慣れる

体の相性は慣れでまかなえる部分も大いにあります。むしろ以前のパートナーとのセックスの流れや感覚に慣れていて、違う相手になったことで違和感があるというだけの可能性も考えられますよね。

彼氏の性への行動パターンや、性質が理解できれば体の相性の悪さが気にならなくなることもあるでしょう。最初から相性が抜群だと思えなかったなら、最高に相性がよくなることは厳しいですが、悪くないなら大きな問題もないはずです。

最上級に体の相性がいい相手に出会えることも稀ですが、逆に言えば絶望的に体の相性が悪い人に出会うことも稀なので、彼氏とのセックスに慣れるまで様子を見てみるのもいいのではないでしょうか。
体の相性は恋愛をするなら重要視する部分ではあります。その証拠に体の相性が悪くて結婚を決められない人もいるくらいです。

ですが、どれだけ大切な人でも好きになれないところがあるように体の相性がよくないのはひとつの不一致な部分に過ぎません。なので彼氏の優しさや、ほかの場所で好きを維持できるなら問題はないんですよね。

また、体の相性は絶望的に悪くてストレスにならない限りは、コミュニケーションをとったり、相手に歩み寄ることで改善することは可能です。

体の相性は大切だけど、相性が悪いという理由だけで別れを考えるのではなく、彼氏の全体を見てどう思うかを意識して今後の付き合いを考えていただければと思います。(ちーすん/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事