アイコン 最高のセフレをゲットするために欠かせない3大条件って?

2020.05.15

最高のセフレをゲットするために欠かせない3大条件って?

みなさんは、過去にセフレがいたことはありますか?

もしいたという場合には、歴代のセフレのことを一度思い返してもらいたいと思うんです。

どうしようもない男もいたと思いますが、セフレにするにあたっては最高と言ってもいいぐらいに都合のよろしい相手と繋がっていたことがあるという方も、きっといるはず。

セフレ探しって自分の都合と相手の都合のすり合わせが上手くいけば、問題なく進むものです。

でも、その都合のすり合わせについてのポイントって、あんまり重要視されていない傾向があると思います。

それってもったいないことで、ここを大事にしないと、あとはもうお互いのルックスだけで選ぶようになっちゃいます。

まあそれでもいいんですけど、ルックスがよくてもセックスがダメなら、また同じ作業をしてセフレ探しのやり直しになっちゃうので時間も手間もかかりますよね。

そこで今回は、この点を重視してみましょう。最高のセフレを探してマッチングアプリを使うときに参考になるような、“満足度が高くてすぐに関係が切れない男性選び”のポイントを、3つほど挙げてみようかなと思います。

これさえ読めば、あなたも最高のセフレハンター免許皆伝です。
セフレという関係は、セックスをすることが本義。だから何より、セックスを第一に考えなければいけません。

とはいえ、その理屈がわかっていても、人は最終的な判断をしばしば急いでしまうもの。だけどセフレって、性質上何度かセックスしないと相性もあんまりわからないものなんですよね。

そこで最初のポイントです。男性は初回のセックスが一番気合が入っていてサービス精神も旺盛です。

つまり一度だけ寝てもわからないので、最低3回は寝て、それから吟味すべしと主張します。

3度目のセックスを終えて、クオリティに問題がなければ、その男性が最高のセフレになる可能性が非常に高まったと考えておきましょう。

これは男性の立場から言えるアドバイスなんですが、3回もセックスしていて手抜きをしないというのは、それだけ「手放すのは惜しい」と考えている可能性が非常に高いんです。

お相手の男性としても、あなたを最高のセフレと認識しつつあるということですね。
たま~に、セフレなのに自分を恋人か何かと勘違いしちゃう男性ってのがいますよね。

こういうのはセフレとしてはあんまり安心して向き合えない存在だと考える方も、きっといらっしゃることでしょう。

そういう男性って知り合った当初からすでに連絡の頻度が高いという傾向があります。

ですので、最高のセフレを探そうとしているのであれば、連絡が過剰でなく、彼氏気分でLINEなんかしてこない、「俺はセフレである」という立場を踏まえたコミュニケーションができる男性を探すこと。

これは大事なポイントとして意識しておくべきですね。

第一、連絡が最初から多い男性って、仮に相手にのめりこむと所有欲がマシマシになっちゃって、すごく執着してしまうこともあるんです。

しまいにはセフレがストーカーになっちゃった! みたいな最悪の事態も招く可能性があります。

そんな面倒を起こさないためにも、最初から連絡頻度もほとんど最低限の男性を選んでおくことは大事ではないでしょうか。

関連記事はコチラ▼▼

それと、これは当たり前の話ではあるのですが、セフレを作るなら絶対に近隣在住者を選ぶべきです。

ルックスに惹かれてちょっと遠い場所に住む男性をセフレにしてしまっても、セックスしたいときにすぐできないというジレンマに陥って後々自分がイライラすることとなるでしょうから。

つまり、出前感覚でのセックスができるかどうかがなんだかんだ肝。

近場で済ませられる男性こそ、最高のセフレの条件を兼ね備えると知りましょう。

どうしてもルックス面を最重要項目にしちゃって、なかなか会えないジレンマに苦しむ女性。結構僕の周りにもいます。

そういうことになるぐらいなら、最初から近場で探せばいいのに……ってずっと前から思ってるんですよね。
ということで今回は、最高のセフレをゲットするには欠かせない3つの条件を挙げていきました。単体でも1つぐらい当てはまっていれば、まあいい感じのセフレと言えます。

が、もしもこれらの要素がいくつか複合すればなおよし。まさしく最高のセフレ、グレードSのセフレと言えるようになるのでしょう。

幸いにも今は、本当にスマホさえあればマッチング自体は簡単です。セフレを探そうと思えば、特に女性であればいろんな男性を吟味することはたやすい時代。

今回挙げたポイントを参考に、ぜひ自分にとっての最高のセフレを探索してみてはいかがでしょうか?(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事