アイコン 初エッチでごっくんフェラする女性に対する男性の率直な思い

2020.05.14

初エッチでごっくんフェラする女性に対する男性の率直な思い

だいぶ前に処女の子とセックスしたことがあったんですけど、そのときいきなりごっくんフェラされまして「最近の子は凄いな」と驚いたことがあります。

だって僕がもしも処女なら、いくら相手に惚れててもいきなりそんなことできませんもの。

そんなよくわからないものを飲むなんて……でも巷には、ごっくんフェラを普通にデフォでやってくれる女性って結構いるんですよね。

ところで男性たちは、ごっくんフェラをしてもらうとどういう気分になるのかご存知ですか?

以前ある女性にこの質問をぶつけたところ「そりゃうれしいでしょ」という答えが返ってきました。

しかしこれについてはまさに人それぞれなんですよね。

とくに最初のエッチでいきなりごっくんフェラをしてくる女性に対しては、さまざまな思いを抱く男性がいるんです。

そこで今回は、初エッチでごっくんフェラする女性に対しての率直な気持ちをいくつか紹介していきましょう。
まずは、どちらかと言えばポジティブな意見から紹介していきましょう。

ごっくんフェラをいきなり初エッチでやってくれる女性に対しては、まあだいたいの男性はうれしいと感じたりするもので、僕の周りにも「もちろんうれしい。やってくれないよりは全然いい」という意見が飛び交っていました。

また「セフレ候補の子にいきなりごっくんされたらめっちゃエロいので最高」という声を聞くこともできました。

そうですね、やっぱりセフレ候補の女性にごっくんフェラされちゃうと、つい関係を深めたくなっちゃうのが男の性なのかもしれませんね。

中には「口に出したときに相手がしかめっ面でティッシュに精液を吐き出すよりかはマシ」という消極的肯定の意見もありました。

こういう男性は恐らく照れ隠しでそう言っちゃってるんでしょう。ウブな奴ですよ。素直に喜べばいいのに(笑)。
ただし、ごっくんフェラに対してはちょっと敬遠するという男性もちらほらいます。

たとえば潔癖症の男性の場合、どうにもごっくんフェラされることに対して抵抗をおぼえるようです。

「ごっくんしたあとキスをせがまれるのが嫌だ」という意見を、以前ある男性から聞いたことがあります。確かにちょっと嫌ですね。

僕の場合は若いころに、相手の口に出した精液を飲み込まず、わざとキスして口移ししてくる女性に対して本気で抵抗した記憶があります。

今思えばたとえ飲み下していようと口の中には精液の風味が残っているはずなので、僕としてはごっくんフェラ後のキスというのは避けたいものということになるはずですね。

実際ちょっと潔癖めいてる自覚もあるので……。

それから、「セフレにされるのはいいけど、初エッチでいきなり付き合いたての子からごっくんフェラされちゃうというのはちょっとなぁ」という意見もありました。

これも身勝手な見解ってのは分かるんですが、賛同する部分もありますね。いち男性として。

やっぱり好きになって付き合った女性が、初エッチでいきなりごっくんしてくれちゃうと、過去の男性経験やセックス観みたいなものが透けて見えるので、純粋な男性ほどショックを受ける部分ってあると思うんです。

まあ「そんなことぐらいで凹むなよ」って話なんですけど、男のハートなんてそもそもそんなに頑健じゃありませんからね。そういうちょっとしたことがきっかけで恋の炎が冷めることもあるんです。

しかも状況的に射精しちゃった後で賢者タイムに突入してるので、なおさら「あれ? この女性は前の男性にも、こうしてごっくんフェラしてあげてたのかなぁ」みたいな気持ちになっちゃうわけです。

もっとも、それが原因で冷めちゃったという態度を見せる男なんてどうせしょうもない奴ですけども。
こういうコラムを書いててふと思い出したんですけど、つい先日後輩のBくんが「彼女にごっくんフェラしてもらったら、精液がいつもより甘いと言われた」って話をしてくれたんですよね。

で、普段とあまりにも味が違うので病院に行くことを勧められたそうなんですが、結果として初期の糖尿病だと診断されたそうです。

これを聞いたとき僕は「あ、本当に甘くなるんだ」と驚きました。

よく精液って人によって微妙に味が違うという話は聞きますが、実際に飲んでいる立場からすると、そういう些細な変化がしっかり察知できるのだなぁと感心したものです。

まあ、だからどうしたって話なんですが、ちょっと書いてみたくなったので……。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事