アイコン 連休中はポリネシアン・セックスで究極の快感を体験しよう!

2020.04.29

連休中はポリネシアン・セックスで究極の快感を体験しよう!

今まで味わったことのない最高の快感を得られるというポリネシアン・セックスをご存知でしょうか?

ポリネシアン・セックスにはいろいろな決まりがあるため成功させるにはかなりの我慢が必要なのですが、最後には「今までやっていたセックスはなんだったんだ?」と感じるほどの満足感がありハマる人が続出しています。

今回はそんな興味深いポリネシアン・セックスについてまとめました。セックスの新境地を開きたいという人はぜひ参考にしてみてください。
ポリネシアン・セックスはポリネシア地方で古くから伝えられており、肉体的ではなく精神的な繋がりを重視したセックスになります。

セックスは5日間かけて行い、1日目~4日までは愛撫だけで、5日目に挿入するというかなり時間をかけたセックス方法なんですよね。

待ちわびて待ちわびてやっと挿入するときにはとてつもない快感が得られ、パートナーとの心の繋がりも感じ、5日目には身体全体が満足に包まれると言われています。
さっそく気になるポリネシアン・セックスのやり方についてのご紹介です。

ポリネシアン・セックスにはいくつかのルールがあるので最高の快感を得るために流れを把握していきましょう。 

1~4日目にすること


まずは愛撫だけする4日間のやり方からまとめていきます。 ポリネシアン・セックスは行為に集中することが絶対条件です。事前にスマホの通知はオフにしておきましょう。 

キスやハグ


まずはキスやハグをして気持ちを高めていきます。もちろん裸になって大丈夫なのでお互いの体温をたしかめながらゆったりとした時間を過ごしましょう。

なにもしないのは恥ずかしさを感じるかもしれませんが裸で見つめ合って心の繋がりを感じます。 

性器以外を愛撫する


キスやハグをするだけでなく愛撫もするのですが、性器への愛撫はNGです。普段のセックスのように触ってしまわないようにしてください。

ポリネシアン・セックスは精神的な繋がりを重視したセックスです。性器には触れず、普段なら愛撫することがない部分を愛撫してみましょう。

最初は物足りない気持ちになりますが徐々に性器以外の愛撫でも敏感になってくるはずです。敏感になるとともに挿入したい気持ちも高まるのが理想です。 

毎日1時間以上行う


触れ合う時間は1時間以上とされています。挿入なしでの1時間は長いと感じるかもしれませんが、目をつぶってキスい集中したり、交互に全身を愛撫しているうちに時間は経過します。

4日間欠かさず1時間以上かけるのが理想です。

日が経過すればするほど敏感なタイプの男性は性器を触らなくてもしっかり勃起し、なかには射精してしまう人もいます。もしイキそうになったときは一時的に休憩をはさむことをおすすめします。

絶対に1時間以上とはせず、状況次第では小休憩を入れて行ってくださいね。

自慰行為も禁止


もちろんポリネシアン・セックスをしている5日間は自慰行為も禁止です。

とてつもなくムラムラしてもじっと我慢です。ムラムラしていると仕事に集中できなくなるタイプであれば長期休暇があるときに行いましょう。

5日目に近づくにつれ我慢がストレスになっていくので休日が4日目、5日目にあたるように調節するのがいいのではないでしょうか。 

5日目にすること


5日目は4日間で溜めた欲求を開放できる日です。
ですが、すぐに挿入してはいけませんよ。5日目もルールがあるので手順に沿って挿入していきましょう。 

1時間かけて性器中心に愛撫し合う


まずは1時間をかけて愛撫していきます。5日目は4日目までと違い、性器への愛撫をしていきます。

お互いかなり敏感になっているため休憩をはさんで続けるといいでしょう。もちろんオーガズムに達していけないわけではないので、そのまま続けてもいいですよ。 

挿入して30分停止


1時間愛撫したら待ちに待った挿入ですが、挿入しても30分間は動かずにキスや愛撫をして待ちます。

途中で中折れする場合には少しだけ動かしてOKです。時間がたつにつれてお互いの性器の感覚がかなりハッキリしてくるので最後の焦らしを楽しみましょう。 

ゆっくりピストンすることを意識する


ここまできたらゆっくり動きはじめます。5日間の我慢で少し動くだけでオーガズムに達してしまいそうになると思いますが、休憩をはさんで長く続くオーガズムを楽しみましょう。

本来男性のオーガズムは一瞬しかないと言われていますが、ポリネシアン・セックスは男性でも長い時間オーガズムが続くと言われています。となると元からオーガズムが長い女性はどうなるのか。

実践して普段のセックスとの違いを体験してみてください!
ポリネシアン・セックスは挿入できない期間があるため、慣れるまではどのように続ければいいのかわからないと悩む人もいます。

せっかく挑戦したポリネシアン・セックスを途中で中止してしまわないように少しコツをご紹介します。

相手の気持ちを高める焦らし


ポリネシアン・セックスは挿入できない期間はストレスがかかりますが、焦らせば焦らすほど「早く触れ合いたい」と思うようにもなります。

「挿入したいのにできないのはストレスがかかる、でも触れていたい」という心境になるため興奮させればさせるほど翌日のセックスがよいものになり、精神的な繋がりは深まります。 

なので挿入までの日をおざなりにせず、挿入できないこと以外の感情を満たすように続けるといいでしょう。 

愛撫のバリエーションを増やす


愛撫というと舐めたり、キスをしたりすることをイメージしますが、実は愛撫にもいろんな方法があります。

例えば頭を撫でるだけでも愛撫と呼びますし、手を使っても触れるか触れないか程度で触る、揉む、タッピングするなどのバリエーションがありますね。

口を使った愛撫も舐めるだけでなく、吸ったり、息を吹きかけたり舌でツンツンしたりすることができます。

普段のセックスでは挿入に向かって前戯しているためどんな愛撫が好みかは自分でも判断しづらいです。ポリネシアン・セックス中だからこそお互いで確認し合ってみてください。 

性器以外に気持ちいいところを探す


普段のセックスではよほど前戯好きでない限りは性感帯以外は愛撫していないはずです。そのためポリネシアン・セックスをはじめても首筋や乳首、背中くらいしか愛撫しないかもしれませんね。

ですがポリネシアン・セックスは普段しないような場所を愛撫することを薦めているので、新たな性感帯を見つけるつもりであらゆる箇所を愛撫してみてください。

足の裏のようなムズムズする部分でも繰り返せば快感に変わっていくことがあるので、全身にキスをするイメージで井用いいところを探していきましょう。
ポリネシアン・セックスはメリットばかりのセックスで、パートナーとの関係をよりよいものにしてくれます。

ポリネシアン・セックスをすれば感じられるメリットを3つご紹介しましょう。 

体以外でも繋がれる実感を得られる


ポリネシアン・セックスは精神的な繋がりを重視したセックスですから、5日間のセックス中に挿入すること以外の理由でお互いを求めあっていることが実感できるでしょう。

それはセックスが終わったあとでも持続させられるので、パートナーとの絆も今まで以上に深くなっているはずです。 

新鮮な気持ちを保てる


ポリネシアン・セックスは日本人がイメージするセックスとは異なるため新しいセックスの方法として挑戦すればマンネリ防止に繋がります。

しかし1点お伝えすると、すでに何年もパートナーと共にしていてマンネリ化してしまっている場合はポリネシアン・セックスを成功させることはむずかしいかもしれません。

相手の身体を見るだけで興奮し合う気持ちがなくなっていると、1日目~4日目までの挿入しない期間をうまく過ごせないからです。

ポリネシアン・セックスを存分に楽しむことができれば、マンネリ化を防ぎ、新鮮な気持ちを継続できると認識していただければと思います。 

ドキッとさせる習慣が身につく


ポリネシアン・セックスは前戯が長いセックスのため身体が相手に触れるだけで気持ちいいと思うようになっています。

今までなら性感帯を触られないとスイッチが入らかったという人もポリネシアン・セックスを繰り返し行えば、少しのボディタッチがあるだけで反応する身体になるでしょう。

日常的に触れ合うだけで男女を意識できる関係って情熱的でいいですよね。これはポリネシアン・セックスをした人にしかわからない不思議な感覚です。     
ポリネシアン・セックスの問題を挙げるとするなら避妊の問題です。

結婚をしていたり、子作りを考えていれば問題ないですが、お付き合いをしているだけのカップルは少し楽しむことがむずかしいかもしれません。 

コンドームをつけるタイミングが難しい


ポリネシアン・セックスは今まで感じたことのない快感が押し寄せるため、5日目に挿入したときには男性も何度もイクことになるでしょう。

となると、避妊をしている場合は何度もコンドームの交換が必要になるため、かなり面倒なことをしなければならなくなります。

毎度コンドームを交換するのは興奮の冷めにつながりますし、集中力も落ちてしまいます。コンドーム問題を解決させるならピルを飲むか、避妊をしない選択肢となるので、事前に避妊問題は話し合っておくほうがいいかと思います。
ポリネシアン・セックスを知って実際に「やってみたい!」と思っても、射精することを目的とする男性に4日間射精なしのセックスを受け入れてもらうのはハードルが高いですよね。

彼氏が提案するだけで受け入れてくれそうになければ、順序だてて説明するか、ルールだけを説明するかのどちらかが有効でしょう。 
 
まずは1日で完結させてもいいので「愛撫を長くして挿入してから数十分動かないようにすると気持ちよさが倍増するらしいからちょっとやってみて」と伝えて、彼氏に時間をかけてセックスすることの重要さを知ってもらいましょう。

それでも十分普段と違う気持ちよさがあるはずなので、快楽に気づいてくれたあとは「本来のやり方はこうらしくて……」と説明するとスムーズに話が進みます。

詳しく説明するパターンは「ネットを見てたらポリネシアン・セックスについての記事を見つけたんだけど男性のほうが気持ちよすぎてハマってしまうらしくて……」と彼のために教えてあげたふうに伝えてみると興味を煽ることができるのではないでしょうか。
ポリネシアン・セックスは日本でそこまで広まっているセックス方法ではありませんが、一度体験した人はやみつきになるほどの快感だということは確実です。

彼氏との関係をよりよいものにするためにも、性的快感を最上級に感じるためにもぜひポリネシアン・セックスを試してみてください!(ちーすん/ライター) 

 (オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事