アイコン 男性がグッとくるエロいフェラ10選

2020.03.25

男性がグッとくるエロいフェラ10選

本当に気持ちいいフェラができる女性ってそう多くはいません。「私がフェラすると彼はいつも気持ちよさそうにしているよ?」なんて思う人もいるでしょう。

しかし、「たいして気持ちよくないけど、頑張ってくれているから感じているフリをしよう」というふうに、男性も意外と気を遣って演技しているんです。

では、どうすれば男性が喜ぶフェラができるのでしょうか。そこで今回、「AVではフェラのシーンでしか抜かない」というフェラ大好きさんたちに、「こんなフェラがたまらない!」というエロいフェラのポイントを聞いてみました。
フェラをするとき、いきなり咥えてしまうのではなく、まずはペニスにキスをしてみましょう。亀頭にキスをして、横から竿の部分にもキスして、玉袋にもキスをしてください。

ペニスへのキスは視覚的にすごくエロいですし、愛情を込めてくれるような感じがするので、男性はすごくワクワク・ムラムラします。
恋愛テクニックでおなじみの上目遣い。フェラのときにも効果的です。フェラというとてもエロい行為をしているのに、上目遣いでかわいさもある。「エロ」と「かわいい」の融合が男性の興奮を掻き立てます。

フェラをするときの体勢って、男性があおむけに寝た状態でするか、あるいは男性が立ち、女性が膝をついてすることが多いでしょう。いずれの体勢も、相手の顔に目線を送るだけで自然と上目遣いになるので、フェラのときはぜひ相手の顔を見るようにしてください。
男性がイスに座った状態で、女性がひざまずいてフェラをします。まるで主従関係でもあるような姿になり、Sの男性にはとても刺さります。

さらにSの心を満たすためのアイディアとして、手をうしろにまわして手錠で拘束すると、もっともっと喜んでもらうことができるでしょう。
フェラのとき、亀頭や竿ばかりに気をとられてしまう女性って多いでしょう。しかし、玉袋もかなり気持ちいい場所なので、手が空いていたらぜひ攻めてあげてください。

玉袋はかなり敏感なので、手が少し触れる程度でも十分です。決して強く握ったり、激しくこすってはいけません。
フェラをしているとき、我慢汁や唾液で、ペニスと口元の間に糸をひいていることってありますよね。あれ、ものすごくエロいので、好きな男性は多いです。

糸をひかせるコツは、唾液を多めに口の中に含んでフェラをすることです。また、唾液を含むことでフェラの音がエロくなるので、唾液は上手なフェラに欠かせないポイントです。
フェラをしてもらいながら女性のおしりや膣を見ることができる、ものすごくエロいプレイです。女性は知らないかもしれませんが、「やってみたいけどちょっとアブノーマルなプレイだし、恥ずかしくて彼女にお願いできない」というふうに、シックスナインに憧れているけど言いだせない男性ってけっこう多いんですよ。

だからといって、女性からシックスナインを提案するのはかなり勇気がいるでしょう。そこで、シックスナインへの導き方としておすすめなのが、まずふたりでラブホに行きAVを観ます。

シックスナインのシーンが映ったらすかさず「これすごい。気持ちいいのかな?」と言って興味があるフリをしてください。すると男性は「じゃあやってみる?」と自然に誘いやすくなります。

ただ、膣のニオイがキツい場合、シックスナインはエロいどころかただの拷問になってしまいます。もし挑戦する際には、デリケートゾーン用のせっけんなどを使い、コンディションを整えておきましょう。

【関連記事】

フェラって、苦手な女性も多いでしょう。ペニスのニオイだったり、口を大きく開き続けるのがたいへんだったり……。たとえ彼のことを心から愛していても、正直ちょっとたいへんですよね。

フェラがたいへんで苦手な女性が多いのって、実は男性も理解しています。フェラをしてもらったあと、「つらかったでしょ。ごめんね」なんて言う男性もいます。

そんなたいへんなプレイであるフェラ。その最中に笑顔を見せてあげると、「つらいけど、気持ちよくなって欲しいという思いで頑張ってくれている! なんていい子なんだ!」というふうに感じさせることができ、男性はグッとくるのです。
普通のフェラ以上に苦しいですが、グッと奥までペニスを咥えてもらうのが好きな男性ってすごく多いです。あたたかい口の中にペニス全体が包まれる気持ちよさと、ペニスが女性の口の中にすっぽり入りきってしまう視覚的なエロさは、フェラのもっとも気持ちいい瞬間といってもいいでしょう。
ただゆっくりと舐め続けるフェラです。緩急をつけるのと焦らすのに効果的です。

使いどころとしては、フェラを始める前、まずペニスにキスをしたあとにスローなフェラを、また、グッと奥まで咥えるなどの激しいフェラをしたあと、緩急をつけるためいったんスローなフェラをする、という感じ。

ただし、スローなフェラをしているとき、ずっと同じ場所を舐めていると手を抜いていると思われてしまうので、舐める場所は変えていきましょう。
フェラをしながら手を繋ぐだけの小技です。とくにテクニックを必要とせずだれにでもできるのですが、身体だけでなく心も繋がっている感じがするので、男性を精神的に満たすことができます。

また、応用技として、手だけでなく身体全体も密着してあげるのもおすすめです。お互いの身体が触れ合う面積ができるだけ多くなるようにくっついてフェラをするのです。
フェラに自信がない人ってけっこう多いでしょう。でも、フェラはきちんと練習すればだれでも上達します。また、ご紹介したように、フェラをするときの体勢や空いている手の使い方ひとつで、気持ちいいフェラができるようになるんですよ。ぜひ、彼を本当に気持ちよくさせるフェラを身に着けてくださいね。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

関連記事