アイコン 彼が勃たない… 中折れの原因と対策方法

2020.03.07

彼が勃たない… 中折れの原因と対策方法


「セックスの最中ペニスが抜けてしまい、パートナーはふたたび挿入しようとするも、ふにゃふにゃになって挿入できなかった」「前戯が終わりいよいよ挿入……しかしなかなか入ってこない。

そこにはペニスを立たせようと必死にシコっている彼がいた」こんな経験、ありませんか? セックスの途中、あるいはセックスの直前、勃起していたペニスがふにゃふにゃになってしまう現象、中折れ。

この記事では、そんな中折れの原因と対策をご紹介します。
初めてセックスをする男性や、経験があっても「長い間彼女がいなくて、数年ぶりにセックスする」という場合など、緊張が原因で中折れを起こしてしまうことがあります。

セックスのときって、程よい緊張感であれば興奮をさらに高めてくれるのですが、ピンとはりつめたような、行き過ぎたムードは、興奮どころか、中折れしてしまうんです。

対処法として、お互いにリラックスできる雰囲気づくりを心がけてみてください。エッチな雰囲気にし過ぎるのではなく、前戯の途中でたわいもない雑談をしたり、どちらかがボケてそれにツッコミをいれたり、そうしたカジュアルな会話があればリラックスできるはずです。

楽しくコミュニケーションをとりながらする、そんなセックスを意識してみましょう。
男性はセックスのとき「かっこよくリードしないと! でも、うまくできるか心配……」「俺のちんこ、臭くないかな……」というふうに、セックスのとき勝手にいろいろ不安になってしまいがちなんです。そうした不安で頭がいっぱいになってしまい、興奮や、セックスで一番大事な彼女への愛情表現がおろそかになってしまうんです。

対処法として、彼が落ち着けるように、先ほどもご紹介したリラックスできる雰囲気作りが効果的でしょう。また、「うまくできるかな」「気持ち良くさせられるかな」という不安を解消してあげるため、ちょっとだけ演技をして、意識して声を大きめにだすと良いかもしれません。 
勃起できるかどうかは、心理的な状態だけではなく、肉体の状態、つまり体調も大きく関与しています。

疲れがたまっていたり、お酒をたくさん飲んだり、風邪をひいて熱がでている状態では、なかなかうまく勃起できません。ほかにも、服用している薬の副作用で、一時的に勃起する力が衰えてしまう、なんてこともあり、男性の身体って意外と繊細なんです。

対処法としては、まずはゆっくり休んで、また、運動をするのも良いでしょう。生活習慣の乱れが勃起力に影響することもあるので、健康的な生活を心がけてみてください。
挿入してから、膣の中で勃起を維持できず、ペニスが小さくなっていってしまう場合、彼は膣の刺激では満たされない身体になってしまっているのかもしれません。

なぜそうなってしまうのか。それは、オナニーのし過ぎです(笑)。特に、1日に何度もオナニーをしていたり、手でするだけでは物足りず、本格的なオナホールなどを使ってオナニーしている場合、もはや「本物の膣ではなにも感じいない」という状態になってしまうことも。

対処法はまず、オナニーを我慢させること。でも、現実問題、女性から「オナニーしないで」とお願いするのはなかなか難しいことでしょう。

もうひとつ対処法が合って、それは、膣トレです。膣を鍛えて締まりをよくすることで、挿入中の刺激を高め、中折れを防ぐことに期待できます。

膣トレをすると、膣とペニスがより密着するようになるので、男性だけが気持ち良くなるわけではなく、女性が感じる気持ち良さもアップします。LCインナーボールなど、膣トレ用アイテムを使ってぜひ魅力的な膣をつくってみてください。

▼彼が夢中になるラブタイムへ「膣トレはじめてセット」

公式通販サイトでみる
コンドームをつけようとするとペニスがふにゃふにゃになってしまう。これは、生でセックスをし過ぎているのが原因のひとつとして挙げられます。

あなたとのセックス、あるいはあなたと付き合うよりも前、彼が元カノと生でセックスをしていた場合、あなたとするゴムありのセックスでは、イマイチ気持ちよくなることができません。

ゴムの有無ではたった数ミリの薄さしか変わりませんが、身体が生の快感に慣れてしまっているため、ゴムをつけようとするとペニスが「つけたくない!」と拒絶反応を起こすかのように萎えてしまうのです。

対処法としては、あなたがコンドームをつけてあげると効果的かも。コンドームをつける瞬間って、どうしても気持ちが冷めてしまいます。興奮を維持したままコンドームをつけることができるよう、女性も手伝ってあげてください。

「コンドームをつけると萎えてしまうから」といって生でセックスをするのは絶対にやめてくださいね。
過去、セックスのとき女性に言われた言葉に傷つき、それが中折れを引き起こすケースもあります。たとえば、「下手だね」といったテクニックに関すること、あるいは「身体ガリガリだね」「ちんちん、小さいね」といった身体について、そういった男のプライドをえぐるような発言は、男性の心にいつまでも残り、中折れを引き起こすこともあります。

これは解決するのが非常に難しく、また、時間もかかります。トラウマを忘れられるようたくさん愛してあげたり、ひどい場合にはカウンセリングを受けるのもアリでしょう。
中折れしてしまう原因の多くは、男性にあります。しかし、あなた自身、なにかうしろめたいことはありませんか? 

たとえば「先週クラブで会った人とワンナイトした」とか、「彼氏の親友と何年も浮気をしている」とか…。そういった彼女の不貞行為に気づいてしまい、彼女のことを生理的に受けつけられなくなると、ペニスはまったく起動しなくなります。どんなにエッチな男性でも、自分を裏切り傷つけるような相手には勃起できないものなんです。

彼はあなたが大人しく自白するのを待っています。うしろめたいことがある人は、覚悟を決めて謝ったほうがいいかも……。
中折れって、ひとつの原因のときもあれば、いろんな要因が重なって引き起こされることもあり、また、すごくデリケートです。しかし、女性にもできることはたくさんあります。ご紹介した内容を参考に、彼に寄り添ってあげてください。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事