アイコン 男性への愛撫、どのくらいの強さや刺激がベスト?

2019.12.10

男性への愛撫、どのくらいの強さや刺激がベスト?


男性に触れるとき、ふと「私の触り方、変じゃないかな……?」と思ったこと、ありませんか? そう思うのも無理はありません。親も学校も、誰も教えてくれないことですし、聞きかじった知識や、映画やドラマのラブシーンで観たのを元に、なんとなく自己流でやっていることがほとんどでしょう。

でも大丈夫、この記事でご紹介する最適な愛撫を身に着けたら、多くの男性が喜んでくれるはず。とくに、男性のペニスを触る方法を中心に、男性への愛撫についてご紹介していきます!
ゆっくり優しく触ることで、“愛されている感”や、“大事にされている感”を感じさせることができます。少し遅いと感じるくらいのスピードで、ゆっくりと体を撫でてください。

せかせかとはやく触られると、雑に扱われているような感じがしちゃいますよね。力が強すぎるのも同様です。
一般的に、“大切にされていると感じる”といった精神的な充足感は、女性が好むイメージが強いかもしれません。でも、実は男性も嬉しいし、女性に求めていることでもあるですよ。

スキンシップのときには、“ゆっくり優しく”を意識してみてください。
性感帯への愛撫は、人それぞれ好みがあります。昔付き合っていた彼氏に喜ばれた愛撫が、今付き合っている彼にも喜んでもらえるかといったら、決してそんなことはありません。

ある程度、決まった型のような定番のやり方はありますが、それをすれば必ずすべての男性を気持ち良くイカせられるわけではなく、男性ごとの、“もっとも気持ちよくなれる最高の愛撫”を見つけていく必要があります。

でも、決して難しく考える必要はありません。定番のやり方をしながら、相手が気持ち良くなれるポイントを探っていけばいいだけです。その触り方と探り方について、もっと具体的にお話していきますね。

いきなり力強くガツガツ触られても、興奮どころかかえって萎えてしまうのは男性も同じ。まずはソフトタッチから始めましょう。最初は愛撫だけに集中することよりも、キスをしたり、身体を密着させる等、男性のエッチな気持ちを高めていく雰囲気作りをするのを意識してみてください。

また、ペニスをしごかなくても、「女性にペニスを触ってもらっている」というだけで、男性はけっこう興奮してしまうもの。なので、この段階では、ただペニスに触れているだけでもOKです。

男性のエッチな気持ちが高まってきたのを判断する目安として、我慢汁がでているかどうかで判断するとよいでしょう。性的興奮をするとペニスの先から出てくる、透明な液体です。

また、服を着ている状態から始めるのも良いでしょう。服の上から触られるのと直接触られるのでは、感じ方が大きく異なるので、より段階的に興奮させることができます。

触り方は、服の上からさすったり、揉みほぐすように触ってください。いずれの場合も、優しいタッチを心がけましょう。

関連記事はコチラ▼▼

我慢汁がでてきたら、ペニスを優しく包むように持ち、上下に動かしていきましょう。上下のストロークを1回するのに、約1秒かけるくらいのスピードで大丈夫です。

実際に1秒はかって手を動かしてみてください。思った以上にゆっくりなペースですよね。でも、最初はこれで大丈夫です。

空いているもう片方の手もうまく使いましょう。同じくらいゆっくりか、あるいはほんの少しはやいスピードで乳首を上下に触ったり、ペニスの竿の下にぶらさがっている玉袋を、さすったり揉んであげるとより気持ちよくさせることができます。

ただし、力加減には気をつけてください。玉袋は非常に敏感なので、とにかく優しく扱ってあげましょう。

「息が荒くなる」「喘ぎ声が大きくなる」「キスや、胸を触ってくる彼の手が荒々しくなる」といった変化が見られたら、次のステップに行きましょう。

中には「気持ちよくなるのに集中するため、キスをしたり、頭を撫でるのをやめる」という男性もいます。「急にキスをしてくれなくなるけど、気持ちよくないのかな?」なんて思うことはありませんよ。
ほんの少しだけペニスを握る力を強めて、上下に動かすスピードも上げていきましょう。1秒に2回ストロークするぐらいのはやさで触っていきます。

触りながら、上下に動かす手に少し角度をつけてみたり、ペニスのどのあたりを意識して刺激するか等、いろいろと工夫しながら触りましょう。ほかにも、握る力の強弱を変えたり、あるいは、手全体で握らずに、指の腹だけでペニスを持つ等、さまざまな愛撫を試してみてください。

触り方を変えていきながら、男性の反応にも注目です。触り方によって、ノーリアクションだったり、小さな声で喘いでいたり、身体をビクッとさせる等、異なるリアクションをするでしょう。

大きく身体をビクッとさせたり、特別大きな喘ぎ声をだすときの愛撫が、その男性にとっての最高の愛撫です。これがわかったらもう、イカせられたも同然ですよ。
もっとも気持ちよくさせることができる最高の愛撫を見つけたら、少しだけはやく触ります。

先ほどのステップ3では、1秒に2ストロークが目安でしたが、今度は1秒に3~4回ストロークが目安になります。人によってはやさの好みが異なるので、ステップ3で見つけた最高の愛撫を、いろいろなはやさで触っていきましょう。

とくに気持ちよさそうにしているときのはやさを確認したら、それを淡々と続けてください。

ここで重要なのが、ひたすら淡々と続けることです。気持ちよさそうに身体をビクッとさせたり、「イキそう!」と言われると、つい愛撫する手をはやく動かしたり、ペニスを強く握ってしまう人もいるのですが、そうすると、“気持ちいい”を通り越して、痛みで萎えてしまいます。

「もっとも気持ちよさそうにしているときの触り方を、淡々と続ける」これを忘れないでください。
ペニスの触り方を中心に男性への愛撫をご紹介しましたが、一番大切なのは、よく観察することです。うれしそうな表情をしているか、気持ち良さそうに身体をビクッとさせたか等、相手がどう感じているのかをよく観察して触ってください。

男性の感じ方をいちはやく察知できる洞察力こそが、床上手な女性になるもっとも重要な秘訣なのかもしれません。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)


関連記事はコチラ▼▼

関連記事