アイコン 【セックス四十八手】カレの支配欲と背徳感をそそる! バック&立ちバックのバリエーション7つ(後櫓、燕返し、押し車など)

2019.10.11

【セックス四十八手】カレの支配欲と背徳感をそそる! バック&立ちバックのバリエーション7つ(後櫓、燕返し、押し車など)

こんにちは、ラブライターのミクニシオリです。体位連載第4回、今回は男性ファンも多い、バックと立ちバックのバリエーションも紹介していきます。

立ちバックといえば、一般的に実践する体位の中では多少アクロバティックではあるものの、バックならではの背徳感もあり、足元が震える女性の感じのエロさもあり、女性より男性に人気のある体位です。

女性側は恥ずかしい、挿入が大変など、他の体位よりも難しさを感じるかもしれませんが、愛するカレを喜ばせるためには必須ともいえる背徳体位、それが立ちバックです。

意外とスタイルよく見えたり、女性としては受け身でいいことが多いなどのメリットもありますので、実践しやすそうなものからトライしてみてください。

正統派立ちバック「後櫓(うしろやぐら)」


後櫓(うしろやぐら)とは、四十八手におけるスタンダードな「立ちバック」のこと。つまり、一般に浸透している立ちバックも、四十八手のうちの一つということなんですね。四十八手の中でも比較的カンタンに実践できる体位です。

女性は壁などに手を着いて、お尻を後ろに突き出します。そこに男性は突き上げるような形で挿入します。シンプルな体位ではありますが、立って女性を見下ろす感じは男性にとっての支配欲をくすぐります。

せっかくなら着衣で実践してみるのもいいかも。スカートをまくりあげて、着衣のもと行う後櫓はなんとも言えない背徳感です。

ミクニはまだやったことがないのですが、野外セックスにも向いていますね。ビルとビルの間とか、なかなかないですが、会社で内緒で……とか。シチュエーションを想像しやすい体位なので、男女ともに快感を覚えやすいオススメの体位です。

挿入が浅くなりやすいので、ペニスサイズの小さい男性の時は、なるべくお尻を突き出してあげるといいかもしれません。

女子も大好き!「鵯越(ひよどりごえ)」


鵯越(ひよどりごえ)とは、四十八手におけるスタンダードな「バック」のことです。なんと、ほとんどの人が実践経験もあるであろうバックも、四十八手のひとつになっていたんですね。

鵯越では、女性は四つん這いの姿勢になって、お尻を後ろに突き出します。そこに、立ち膝した男性が押し付けるように、男性が挿入します。

腰上がまっすぐになりやすいので挿入感が深く、女性は小さなペニスの男性でも奥の快感を感じやすいですし、男性は女性の腰を持ってピストンする感じに支配感を感じることができます。ミクニも大好きな体位のひとつです。

四つん這いになる時に、腕で上半身を支えずに、頭と腕を床にぺたん、と降ろしてバックすると、男性側から見てお尻がより付き上がってみえるのでスタイルがよく見えますし、感じている雰囲気がより出て可愛らしいですよ。

逆に思い切りお尻を突き上げて、腕でしっかり上半身を支えるようにすると、奥への挿入感よりも摩擦感を感じることができます。ミクニはペニスサイズの大きい人とのバックの時は、後者を選択するようにしています。そうすると終わったあとにお腹が痛くならなくていいんですよね。

ちなみに動物の体位は基本的にバックですよね。奥深く挿入できるということで、子作りという目的のある時にも、よく選択される体位です。男女問わず人気があるので、積極的に取り入れていきたいですね。

挿入の深いバックで快感もマシマシ、「燕返し(つばめがえし)」


燕返しは挿入感の深さに定評がある体位です。通常のバック挿入から、女性は身体の向きを変えずに片足を持ち上げます。

男性はその脚を抱えながらピストンします。身体がまっすぐになり安定するので、深いところをグリグリと押すことができます。

この体位の時はピストンを楽しむよりも、その深さをお互いに味わう感じがミクニのおすすめです。身体が硬い女性だと、脚を上に反らすのがけっこう難しいので、たくさん動くよりは、男性にしっかり脚を支えてもらい、奥をグリグリとこするような感じでも十分気持ちいいと思います。

そのまま女性が身体の向きを仰向けにすると松葉くずしになります。体位替えの途中の箸休めとしてもおすすめの体位です。

結合部丸見えで男子の眼福「碁盤攻め(将棋攻め)」


碁盤攻め、または将棋攻めとも呼ばれるこの体位は、女性が背の低いものに手をついて行う体位です。昔は将棋盤や碁盤を使ってやっていたものですが、今はサイドボードやベッドの縁などでオーケーです。

女性は半前屈のような体勢をとって、そこに男性が挿入します。挿入が浅く感じる時は、少し脚を大きく広げたり、お尻をなるべく高く突き出すようにすると安定しやすいです。

半前屈の姿勢は男性側から結合部がよく見やすいので、視姦的欲求をくすぐります。2人の腰の高さがフィットすれば、男性は前に腰を降る感じでカンタンにピストンができるので、激しいピストンが好きな人にも向いています。力が入りやすいので、パンパンとよく鳴るピストンもできます。

身長差があると難しいので、腰の高さがフィットしない時は台に乗ったりしてもオーケー。

より深い挿入感の「仏壇返し」


仏壇返しはバックと立ちバックの間の体勢で行う体位です。身体の硬い人には難しいかもしれませんが、女性は立ちの姿勢から脚を広げ、床に手がつくように上半身を折って行う体位になります。

腰の高低は脚の開き具合である程度調整できるはず。2人の腰の高さをしっかり合わせるのがポイントです。

男性も脚を開いて行うので、玉が揺れてペチペチとお尻に当たる感じが興奮ポイント(笑)。ちょっと動物っぽい感じがエッチです。

2人とも脚を開くので、膣は開きやすいので挿入感が深くなります。男性より女声が気持ちよくなりやすい体位です。鵯越→碁番攻め→仏壇返し→後櫓、とだんだん体位を起こしていく順番でやっていくと、カンタンに立ちバックの体位コンビネーションをこなすことができます。

バックなのに密着感あり♡「抱き上げ」


抱き上げはバックの中では密着感のある体位です。通常のバック挿入のあとに、男性が女性の下半身を完全に持ち上げてしまいます。女性は下半身を浮かすように腕で身体を支え、男性は女性の腰付近を支えます。

抱き上げでは女性はほとんど自分の意志でピストンに参加することはできませんが、男性に下半身を支えてもらっているので、男性らしさを感じて膣キュン。

そして、男性は自身の身体を使う通常のピストンと、女性の腰を上下左右に動かしてするピストンをすることができます。後者はちょっと体力を使うのですが、男らしい体格の人にさらりとやってのけられると、その力強さにキュンとします。

上へ突き上げようとするエネルギーと、女性の身体が下に落ちる重力のエネルギーが勝手に作用するので、挿入感は勝手に深くなります。ですので、無理に動こうとしなくてもある程度気持ちいいはず。カレにも無理しないで行ってもらうのが一番いいと思います。

アクロバティックナンバーワン「押し車」


立ちバック系のバリエーションの中では、もっともアクロバティックなのがこの押し車です。

女性は四つん這いになったあと、片足ずつ脚をあげて、男性は立ち上がったまま、その脚を掴みます。ちょうど手押し車のような形で、女性は腕の力で上半身を支え、男性は女性の脚を支えながら挿入します。

この体位は女性の体幹もしっかり使います。ずっと腕立て伏せのような姿勢をキープするので、腹筋や背筋をしっかりと使うのでダイエットにもなります。男性も両腕は脚を支え続けるので体力を要しますが、女性がしっかりと体幹を使うことで膣は締まりやすくなります。男女お互いに快感を得やすい体位といえます。

とはいえやはり、長く続けるのは難しいと思うので、疲れたら抱き上げの姿勢に戻ったり、脚を降ろして仏壇返しに繋ぐのもアリ。はたから見るとけっこうギャグな見た目ではありますが、仲のいい二人なら笑いながら実践するような感じでもいいのではないでしょうか。

コンプレックス隠しには最適! 貪られる快感を味わって

立ちバックは胸やお腹など、女性がコンプレックスに感じやすい部分はどこも男性から見えづらくなるので、自分の身体に自信がない、という女性でも開放的になりやすい体位です。

また、基本的に男性優位で動くことが多いので、ガンガン求められることに愛情を感じるという女性にはおすすめです。体位替えのコンビネーションも行いやすいので、いっそ立っちゃったなら他のバリエーションにもぜひ挑戦してみてください(笑)。(ミクニシオリ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

関連記事