アイコン 【セックス四十八手】背面位(バック)系体位7つを紹介!(浮き橋、乱れ牡丹、鳴門など)

2019.08.23

【セックス四十八手】背面位(バック)系体位7つを紹介!(浮き橋、乱れ牡丹、鳴門など)

セックスで女性に人気の体位と言えば、バック……背面位ですよね。

なすすべもなく、後ろから力強く突かれる感覚にゾクゾクしちゃう女性も多いはず。支配される背徳感を味わうことができ、M気質な女性に人気があります。

そんなバックですが、実はたくさんのバリエーションがあるのをご存知ですか? 体位の四十八手の中には、バック好きにはたまらない背面からの挿入体位がたくさんあるんです。

今回はそんなバックのバリエーションを、おすすめ順に7種類紹介していきます。

意外とファンが多い「浮き橋」

浮き橋は背面位のひとつですが、四十八手の中では難易度が低く、知らないうちに1回くらいやったことがある人も多いと思います。

横を向いて寝ているような状態から片足を上げて挿入し、そのまま女性の身体は横向きの状態で、下半身は男性に少し持ち上げてもらうような状態でピストンします。私の昔の彼氏も、この横を向いて行う体位が好きだったなあ。

脚を折り曲げて持ち上げていることで、女性も男性もお互い快感を感じやすいです。膣も閉まるので、いつもより密着感のある挿入を楽しむことができるはず。お腹や胸が男性側から見えないので、コンプレックスの強い女性にもおすすめ。

大変なら下半身は持ち上げなくても、そのままでも普段より高い膣圧を感じることができますよ。徐々に慣れていくようにしましょう。

思うがままに解放して…「乱れ牡丹」


乱れ牡丹はバックで行う座位……背面座位のひとつです。 座っている男性に背を向けながら、ゆっくり挿入します。男性は座っているのでいつもより動きづらいので、あなたから積極的に動いてみて。

足は閉じてもいいし、騎乗位の時のようにがっつり開脚してもオーケー。ミクニは開脚の方が好きですね、開放感があって。

男性の両手が自由になる珍しい体位なので、ピストンは女性が率先する分、彼にはたくさん愛撫してほしいですね。胸を揉んだり、クリトリスをいじったり……開放的なテンションになると思うので、彼の手を自分が触ってほしい場所に誘導してもいいかも。

ピストンに集中したい時は、彼の手を腰に添えてもらうと、支えになって動きやすいですよ。

少し後ろを向けば彼と目を合わせてセックスすることもできます。バックしながら後ろ向くのってテンション上がりますよね〜。

奥を攻めつつスローセックス。「鳴門」


背面で行う座位のひとつですが、鳴門の魅力は3つあります。

まずひとつは、大きく脚を開脚する開放感です。鳴門を行う時は開脚した女性の脚を男性が掴みます。これがなんとも言えず、いつもよりも大胆に開脚を広げたい気持ちにさせてくれます。

もうひとつは動き方です。鳴門では大きなピストンは行わず、グリグリと擦り付けるようにゆっくりとペニスを動かします。

激しいピストンもいいですが、奥の方を擦られる感覚は普段のセックスとまた違った気持ちよさを感じることができると思います。

大きく脚を開いて行う体位なので、女性側から挿入部が目視しやすいのも鳴門のいいところ。他の退位ではなかなか女性が挿入部をじっくり見られるものが少ないので、なんとも言えない背徳感を感じるはずです。

好きに動ける背面座位「絞り芙蓉(ふよう)」


絞り芙蓉(ふよう)は乱れ牡丹ととても似ている体位なのですが、男性も攻めてもいいのが乱れ牡丹で、女性が完全に主導権を握って、男性に快楽を与えまくるのが絞り芙蓉です。

絞り芙蓉は騎乗位が好きな女性におすすめの体位かも。されるがままの男性に、快楽を与えるのが好きなエッチな女性なら楽しく絞り芙蓉を楽しめるでしょう。

また、騎乗位は恥ずかしい……という女性が、積極的に動く行為を練習するのにも向いているかも。

騎乗位だとどうしても男性側から女性の仕草や表情が見えやすいので、恥ずかしがり屋の女性は照れてしまうのかもしれませんが、絞り芙蓉なら顔や体型は男性からは見づらいので、普段は恥ずかしくて積極的に動けない、という人でも、少し開放的になれるのではないでしょうか。

旅行先で実践したい「手懸け」


手懸けは椅子やソファの上で行う背面座位です。椅子に座った男性の上に女性が座るような形で挿入します。

背面座位の中では、高低差がある分比較的に挿入しやすい体位だと言えます。女性も男性も脚は開いていても閉じていても大丈夫ですが、女性は閉脚していた方が男性は快感を感じやすいと思います。しかし、女性も積極的に動きたい場合は開脚していた方がやりやすいと思います。

ちなみに私は昔彼氏と旅行に行った際に、旅館で手懸けを楽しんだことがあるのですが、夜景のキレイな窓辺の椅子でやった時は、ちょっと非日常感が強くていつもより興奮しました。

家のダイニングテーブルの椅子を使ってみたりするのも萌えシチュかも。裸エプロンでやってみたら興奮しそうです。

男性から攻められる背面座位「本駒駆け」


本駒駆けも絞り芙蓉や乱れ牡丹と同じ背面座位のひとつですが、この体位は男性がピストンの主導権を握ります。

そのため男性は後ろに手をついて行います。こうすることで男性は女性を上に突き上げるような力強いピストンをすることができます。女性側の感じ方は、騎乗位の時に男性から突き上げてもらうあの感じに似ていると思います。

後ろから突き上げられるこの体位は、Gスポットなどがあるお腹側への刺激が強いので女性が満足感を得やすい体位です。それでいてバックなので、騎乗位の時よりも支配されるような背徳感も感じることができるので、M気質の女性にはたまらないかも。

乱れ牡丹と絞り芙蓉、本駒駆けは流れるように一緒に行うとスムーズです。まずは乱れ牡丹でじっくり快感を得て、恥ずかしさが無くなってきたら乱れ牡丹で女性がカレを攻めてあげる。最後は本駒駆けで男性がスパートをかける、という流れで、背面座位のコンビネーションセックスをするのがおすすめです。

こたつ隠れより簡単な冬の体位「こたつかがり」


こたつかがりはこたつの中で行う、冬限定とも言える体位です。正常位のバリエーションの中にこたつ隠れという体位がありますが、こたつ隠れよりも簡単に挿入できるのがこのこたつかがり。

こたつの中で行う、というシチュエーション意外はシンプルな背面座位です。男性の上にまたがるように挿入し、そのままこたつの中で楽しむことができる体位です。

こたつの中で行うセックスはやったことがある人が少ないかもしれませんが、一番は動きづらいことによるもどかしさを感じながらゆっくりセックスできることがメリットです。

こたつかがりの状態で、こたつの高さという制約の中でイクことができる男性は少ないと思うので、早漏な男性と一緒に実践するといつもより長くセックスを楽しめるかも。

また、冬の寒い部屋の中では服を脱いだ時にペニスが萎えてしまう男性もいたりするので、部屋があたたまるまでの前座として楽しむのもオツかも。寒くてイヤなあたたまる前の部屋も、こたつかがりをしているうちに勝手に温まってくれるはずです。

背面位はコンプレックスのある女性におすすめ!

やはりなんといってもバック・背面位のいいところは、胸の大きさやお腹といった、女性がコンプレックスに思いやすい部分を男性に画しながらセックスできるところではないでしょうか。

寝転がると胸がなくなってしまう貧乳さんや、お腹のお肉を見られるのが恥ずかしいぽっちゃりさんも安心してセックスすることができますよね。私も食べすぎて返ってきた日は、あえてバックを選択します。胃下垂気味な人の応急体位としてもおすすめ。

また、M気質の女性ならやはり、後ろから突かれるバック系の体位は、男性に支配されているような感覚がなんともたまらないですよね。

普段のバックだとお互いに快感が強すぎて早く終わってしまう……とお悩みの人も、バックでスローセックスを楽しむならぜひこういった背面位のバリエーションを色々試してみてください。(ミクニシオリ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

関連記事