アイコン 男がクンニしたいと思う理由って? 舐めたい時と舐めたくない時の本音

2019.06.07

男がクンニしたいと思う理由って? 舐めたい時と舐めたくない時の本音

「アソコを舐めてもらうって恥ずかしいけれど、もっと舐めてほしい……」と思うクンニ好きの女性はたくさんいることでしょう。でも「男性ってクンニしたいと思っているの?」という根本の疑問を持っている女性も多いのではないでしょうか。

確かにクンニリングス(クンニ)とは女性器を舌で愛撫することを言いますが、女性が男性にするフェラチオ(フェラ)とは違い、セックス中の行為として毎度取り入れられる行為ではないイメージもあるような気がします。

でも実際のところクンニ好きの男性は割合としてかなり多いんです。今回は男性はどんな時にクンニしたいと思うのか、はたまたどんな理由があるとしたくないと思うのかをまとめました。

男がクンニしたいと思う瞬間って?

男性がクンニをしたいと思うのはどんな理由があってなのでしょうか。当たり前のことですが、クンニをして男性が気持ちよくなることはないので、なんらかの理由をもってその行為をしているんですよね。

ここでは男性がクンニをしたい衝動に駆られてしまう瞬間について6項目に分けて解説していきます。

①もっと女性を気持ちよくさせたいとき
クンニをするのは前提として女性に気持ちよくなってほしいという気持ちが大きいです。男性は女性が感じている声に反応し興奮をするため、喘いでもらうためにしているという意見は非常に多いですね。

女性も男性にフェラをするのは相手が喜んでくれる、感じてくれるからという理由が一番多いのではないでしょうか。セックスすべてに通ずることですが相手が喜んでくれるからするというのが一番王道の理由でしょう。

②女性が愛おしいと感じたとき
セックスをしているとふいに女性のことを愛おしく感じることがあります。これは男性に限ったことではなく、好きな相手を愛おしく思う瞬間は誰にでもありますよね。

この愛おしいが全面的に出たときに愛撫で表現したくなり、体にたくさんキスをして最後はアソコにたどり着きクンニをする。言葉で表せない気持ちを愛撫することで伝えているのです。愛情表現の一環です。

③挿入をスムーズにしたいとき
クンニをすることを挿入までの流れのひとつとしている男性は挿入をスムーズにするためにクンニをします。クンニをすることで女性は感じ、愛液を出すので腟を濡らします。濡れにくい女性であってもクンニで唾液をつけることにより挿入までの手助けにもなりますね。

そのうえクンニのあと顔を上げればすぐに挿入が可能。確実に濡らすことができて当たり前のごとくサッと挿れられる方法がクンニには詰まっているのです。

④視覚的に興奮したいとき
男性からすると女性の体は自分には持ち合わせのない未知なものなので、見ているだけで興奮する対象となります。胸やお尻などを見ることでも興奮はするのですが性器は別格。性器は挿入部分ですから間近で見ることにより「もうすぐココに挿れるんだ……!」と脳が想像し興奮してくるんですよね。

女性よりも男性のほうが視覚から得る情報で興奮しやすいのでクンニをしつつ性器を見て興奮度を上げているのです。男が電気をつけたままセックスしたがったり、エロい体制をさせたがるのも同じ理由にありますね。

⑤ニオイで興奮したいとき
女性の性器はほかのなににも代えがたい匂いがします。その匂いはお風呂上がりだったり、汗をかいたあとだったりで多少の変化はあるものの、なんとなく自然と吸い寄せられるような匂いがするんですよね。

これは言葉では言い表すことが難しく、なんとなく好きな匂いがして興奮する。というのが一番近い言葉なのかもしれません。女性が本能的に自分の遺伝子と遠い匂いの男性の匂いを好むように、男性も性器に似たような感覚を得ているのかもしれません。

⑤愛情表現や尽くしているアピールをしたいとき
女性がクンニをされたいと望むよりもその倍以上男性はフェラを好んでいますよね。そのためセックスをするならほぼ確実に女性はフェラをしているのではないでしょうか。でも男性側からすれば、自分ばかり気持ちよくなるのは申し訳なく思う。その結果がクンニをするという行動に繋がっているのです。

クンニをすること自体に男性へのメリットはありませんから、愛情表現としてフェラのお返しにクンニをしている男性は多いですね。

⑥女性をイカせたいとき
手だけの攻めや、挿入ではイケないけれど、クンニをされたらイケるという女性からすればクンニは必須の愛撫ですよね。筆者の経験談からしてもクンニでイケる女性の割合は5割を優に超えているイメージがあります。

そのため前戯で手で攻めてイケる様子のない女性にはクンニも加えて刺激し、イかせることに励むのです。クンニをしてイカせることができれば自信にも繋がるので、これは相手を気持ちよくするためでもあり、自分のためとも言えるかもしれません。

男がクンニしたくないと思うとき

クンニをしたい瞬間があるように、一方でクンニをしたくないと感じるときもあります。シンプルにクンニ嫌いであれば仕方ないですが、なにか別の理由があることも。

「クンニされないな?」と思ったときは当てはまるものがないか確認してみましょう。

①ニオイがキツかったとき
膣周辺には尿道や肛門がありますし、膣内を含めニオイがキツイ女性の性器だったらクンニをするのはためらってしまいますね。稀に「ニオイがキツイからこそ良い!」と思っている男性もいますが、それはかなり少数派であり基本的には性器がクサイとクンニされることはないでしょう。

しかしニオイが問題なら、セックス直前にお風呂に入ればある程度のニオイは防ぐことができるので、クンニをしてもらうチャンスはあるはずです。ニオイがキツイ場合は自分でも気づくことができるので、ニオイに自信のない女性はセックス前のシャワーを徹底しましょう。

▼アソコのニオイが気になるなら…
仕事やデート前など、いつでもどこでも恋の悩みにシュッとひと吹き。ニオイが気になる部分の消臭ケアができます。満足できなければ全額返金!(90日以内)

公式通販サイトでみる

②見た目がグロかったとき
女性の性器は男性の性器に比べて不思議な形であり、その見た目を苦手としている男性は一定数存在しています。このような男性はまじまじと見つめることになるクンニは苦手分野となるので愛撫されるのは不可能ですね。

挿入はするのに勝手な男だと感じるかもしれませんが、あまり性器は見ないようにセックスを済ませる男性もいるんです。この件に関しては誰も悪くないのでどうしようもありません。クンニ好きな男性を見つける以外に解決方法はないでしょう。

▼デリケートゾーンの黒ずみ対策に
「イビサクリーム」は成分にこだわったお肌にやさしいクリーム。デリケートゾーン以外のくすみケアとして、乳首、ワキ、ヒジ、ヒザ、お尻にもお使いいただけます。

公式通販サイトでみる

③相手のことがあまり好きじゃない
この記事では何度かお話していますが、クンニは女性が気持ちよくなるものであり、男性には直接的なメリットがありません。そのため相手への愛がなければクンニという名の前戯はすっ飛ばしてしまいがちになるんですよね。

男性がセックスをする最終目的は射精することなので、クンニを飛ばしたところで都合の悪いことは一切ありません。なので相手のことがあまり好きでないならクンニ好き以外はクンニを省きます。

しかしながらこの場合はどうしてもイヤというわけでなく、する理由がないからしないだけなので、頼まれれば断る理由も特にありません。クンニをしてほしいときは素直に頼んでみるといいのではないでしょうか。

④セックスを手短に済ませたい
セックスに時間をかけたくない男性は愛撫のレパートリーにクンニは入っていません。さすがにキスやハグなどをせずに挿入までいくのは女性に対して失礼ですがクンニは前戯の中で必須項目感がないため省略しやすいんですよね。

恋人とのセックスを毎回手短にしたいなんてことはないのでセフレとのセックスはクンニをしないという男性が多いです。

セックスを手短にしたいということは、早く挿れて射精してしまいたいということなので、男性の勝手な理由ではありますが、前戯を厳選したらクンニが省かれたというだけのこと。この場合「ちょっとだけ舐めて!」と伝えればクンニをしてもらうことは比較的簡単に叶えられると思います。

⑤愛液を舐めることに抵抗がある
クンニをすれば確実に女性の愛液を口にすることになるので、愛液が口に入ることを苦手とする男性はクンニができません。

愛液が出るということは感じている証拠なので男性としては嬉しい限りですが、ビショビショになるくらいの愛液が出ているアソコを舐めるのは少し抵抗がありますね。

愛液の味的には特に問題はないですが、少しトロッとしているのが苦手意識を煽るのかもしれません。こればかりは愛している女性であっても乗り越えられない壁ですね。

ただし、クリトリスだけを舐めてもらうクンニなら愛液を舐められない男性でもクンニは可能です。愛液がたくさん出る女性はタオルを敷いて膣からの愛液が漏れないようにし、クリトリスだけの刺激を頼んでみてはいかがでしょうか。

彼にもっとクンニしてもらうためには

さて、もっといっぱいクンニされたい!と思ったときにはどうすれば男性をその気にさせることができるのでしょうか。

方法として挙げられるのは、頼む、促す、先に与えるの3つです。これだけでは説明不足なので下記で詳しく説明していきますね。

①かわいくお願いする
一番簡単な方法がかわいくお願いするというものです。クンニをされているときに「気持ちいいからもっとして…」とかわいく伝えれば男性の興奮度が増し、さらにいやらしくペロペロと舐めてくれるでしょう。

また、クンニを止められそうになったときには「もう終わり……?」と寂しそうな目をしながら言えば男はイチコロ。「まだ足りないのか!イヤラシイ女だなぁ〜」と言いつつもクンニを続行してくれるはずです。

もし「挿れたくなったから」と言われた場合にも「もうちょっとあとがいい!」と素直に伝えるといいですよ。思ったことは伝えないと相手はくみ取ってくれないので、物足りないときは素直に言うべきです。かわいく追加注文して存分に気持ちよくなりましょう!

②デリケートゾーン専用ソープでアソコを洗う
クンニをされたいなら男性がもっとしたい!と思うアソコにしておく必要がありますね。もし、現在体を洗うボディーソープを使ってアソコ洗っているなら、デリケートゾーン専用のゾープでアソコを洗い清潔に保ちましょう。

本来体を洗うボディーソープは刺激が強すぎるためアソコを洗うのには不向きなんですよ。皮膚が弱い女性であれば「しっかり洗っているのにアソコがかゆい!」という症状に悩んだこともあるのではないでしょうか。

そしてアソコがかゆいともっと入念に洗わなくては!とゴシゴシ洗ってしまい余計にかゆみが進み、かぶれまでも伴うことだってあります。

この綺麗を保つためにしているはずの行動が、実は黒ずみの原因にもなり、悪循環を招いてしまうんですよね。

注意をしてほしいからこそ、さらに言いますが、膣内にボディーソープが入った場合どうなるのかご存知ですか? 実は綺麗になると思いきや菌が入りやすい環境を作ってしまうんですよ。綺麗にしているはずなのに不衛生な環境を作ってしまうんですね。

膣内に菌が増えるとおりものが増えたり、ニオイの原因ともなるのでクンニの有無に限らず女性はデリケートゾーンをもっと気にするべきです。

このような性器全般の問題が起きることを防いでくれるのがデリケートゾーン専用のソープ。アソコを清潔に保てるだけでなく、黒ずみやニオイの元を消し去ってくれる効果があるタイプのもあるので、ボディーソープで一緒に洗っちゃっているという女性はぜひこの機にデリケートゾーン専用ソープを使ってみてください。

当たり前ですがアソコが綺麗であるほど、男性は「クンニがしたい!」と思います。「もっとして!」と言わなくても「ずっと舐めていたい!」と思われるアソコをキープしましょう!

▼デリケートゾーンのニオイ・黒ずみの元を洗い流す
ラブコスメ「ジャムウ・ハーバルソープ」

公式通販サイトでみる

③丁寧にフェラする
女性への愛撫としてクンニがあるように、男性への愛部としてフェラがあります。クンニとフェラは性器を舐めるという同じ行動であるため、クンニをたくさんされたい場合にはフェラを入念に行ってお互いが満足できるようにするのが一番ですね。

一生懸命フェラしてくれる女性には男性もたくさんクンニしたいと思いますし、それが自然な流れでしょう。「たくさん舐めて!」とお願いするばかりでは自己中心的なお願いとなってしまうので、相手に拒否する権利がないくらい、丁寧にたくさんフェラしちゃいましょう。

またシックスナインという体位でお互いの性器を同時に舐め合うのも、たくさん愛撫してもらうには良い方法です。気持ちよさを感じつつ相手への刺激も与えるため、30分くらいは軽く舐め合えます。

クンニが終わりそうになったらシックスナインに移って、クンニを継続してもらうという手をぜひ使ってみてください!

まとめ

クンニをしたい男性は非常に多く、したくない理由があっても少し考え方を変えるだけで解決できることがわかっていただけたのではないでしょうか。

クンニの長さや頻度に不満があっても言葉にしたり行動することでクンニの良さを目覚めさせることも可能なので、これを機により一層楽しいセックスライフを送っていただければ幸いです!(ちーすん/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

▼「VIO脱毛したい」「すそわきがを治したい」「自分の女性器の形にコンプレックスがある」という方は…
医療脱毛や婦人科形成手術も行う湘南美容クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。カウンセリングは無料・誕生月は施術が10,000円割引で受けられます。
美容整形

関連記事