アイコン セフレから彼女に昇格する人の特徴って?

2019.02.06

セフレから彼女に昇格する人の特徴って?

セフレで始まった関係から彼女になるのは、至難の業。そう簡単にできることではありません。しかし、すべてのセフレが彼女になれないわけではなく、中には、彼女になるだけでなく、そのまま交際を続けて結婚するまでにいたったケースもあります。

この記事では、セフレから彼女になれる女性の特徴と、どんな行動をすれば、彼女になれるのかをご紹介します!

セフレから彼女になれる女性の特徴

1.信頼できる
当たり前のことですが、どんな人間関係においても非常に重要なポイントです。時間や秘密を守ることができる、といった当たり前のことを、当たり前にするだけでOKです。

セフレの関係を誰にも口外しないだけでも、ある程度の信用を得ることはできるでしょう。また、ふたりの関係を怪しまれたとき、相手の質問をうまくごまかすことができる、といった対応力もあると、信頼度が大幅にアップします。

2.依存しない
寂しさが紛れるという理由で、ついセフレに依存してしまうこともあるのですが、彼女になりたいのであれば依存は絶対にNG。依存してしまうと、「めんどうな女だな……」と思われてしまい、彼女になるどころか、セフレの関係すら解消されてしまうかも。

3.悪口や愚痴ばかり言わない
セックスをすると、つい心もオープンになって、普段我慢している日頃の不平不満や愚痴を言ってしまうことってありますよね。でも、会えば愚痴や誰かの悪口ばかり聞かされるような人って、恋人にしたいとは思えませんよね。

少しならOKですが、そればかり話していると、恋愛対象外確定。いつまで経ってもセフレのままです。

4.夢に向かって頑張っているなど、応援したくなる要素がある
夢を追いかけている人は、男女問わず、誰でもキラキラ輝いて見えます。それはセフレに対しても同じで、ひたむきに頑張っている姿に「応援したい!」という気持ちが生まれます。

その気持ちはどんどん大きくなり、応援だけにとどまらず、「もっとこの人の力になりたい! 支えになりたい!」という気持ちにまで発展することも。時には、熱く夢を語ってみると良いかもしれません。

セフレから彼女になるには、どんな行動をしたらいい?

■セックス以外のデートをする
「会うのはいつもホテルか自宅だけ」という関係ではなく、セックス以外のデートをしてみましょう。たとえば、誕生日には、カップルで行くようなおしゃれなディナーを食べたり、恋人気分を感じることができるようなデートをしてみるといいかも。

セックス以外のデートを楽しむことで「あれ、付き合ってみるのも意外とアリかも…」という気持ちを抱かせることができるでしょう。

■適度に嫉妬する
ウザいと思われない程度の適度の嫉妬を上手に使うと、セフレから恋愛対象になれる確率が大幅アップします。コツは、可愛さと、重くならないような明るいテンションです。

たとえば、「この前○○ちゃんと一緒にお台場に行ったんだけど~」といった、他の女性と遊んだ話を聞いたとき、「いいなー楽しそう! でも、私にかまってくれるのも忘れちゃ嫌だよー?(笑)」といった、軽いノリの嫉妬をしてみましょう。

■恋をにおわせて嫉妬させる
嫉妬するだけでなく、相手に嫉妬させることも大切。素敵な男性から積極的にアプローチされている、合コンや街コンに行く予定がある、といった、新しい恋が始まる予感をにおわせると良いでしょう。

すると、「彼氏ができたら、もう会えなくなっちゃうのかな……他の男のものになっちゃうの……?」といった嫉妬と寂しさを感じさせることができます。当たり前のようにそばにいてくれた人がいなくなってしまう、その可能性を感じると、男性は必死になってそれを阻止しようとします。

「次はいつ会えそうかな?」なんてLINEが増えてきたら、あなたが気になって仕方がない状態になっているのかも。

■相手に合わせ過ぎない
彼女になりたいからといって、相手に気に入られようとしてばかりいるのはNGです。もし相手の性格や言動で嫌なところがあれば、ちゃんと指摘しておきましょう。

相手の嫌なところを「これ言ったら嫌われちゃうかな……?」と我慢して、セフレから彼女になれたとしても、それは対等な関係ではありません。我慢をしながら付き合っても、つらい思いばかりすることになるかも。

セフレからでも、彼女になれる!

セフレという関係から始まって彼女になるのは、簡単なことではありません。しかし、不可能ではなく、努力次第でいくらでもチャンスがあります。

それに、付き合う前にセックスをしているので、体の相性や性癖はお互い理解しています。その点で言えば、他の女性よりも優位に立っていると言えるでしょう。あなたの望む素敵な関係になれるよう、応援しています!(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事