アイコン 【ヤリチンが断言】自己肯定感の低い女性は幸せな恋愛をできない

2018.11.08

【ヤリチンが断言】自己肯定感の低い女性は幸せな恋愛をできない

どうもヤリチンです。

自己肯定感の低い女性って結構多いと思うんですけど、自己肯定感が低いことって、恋愛には大きなマイナスになるんですよね。

なぜかというと幸せな恋愛をするには、好きな人を信じることが必須だからです。

好きな人を信じられなければ「好きになるのが怖い」という思考になって、好きをセーブしようとするので、辛い恋愛になりやすいです。

自己肯定感の低い女性は、褒め言葉を素直に受け取らない

その昔、僕は自己肯定感の低い女性と付き合った時に「この子に自信を与えられる存在になりたい」と思ったのですが、自己肯定感の低い女性って他人からの承認を求める割に、相手を信じるのに必要な自己肯定感すら持ち合わせていないので、どれだけ「可愛い」と言っても信じてもらえないんですよね。

いくら褒めても「いやいや、ブスだから」「目おかしいんじゃないの?」と言って、とにかく褒め言葉を受け取らず、聞いてるこっちがしょんぼりするような自虐を連発する。

そんなことが続いていたら、こっちとしてはいくら相手のことが好きでも「この人と一緒にいていいのか?」と疑念が生まれてきます。

こんな風に自己肯定感の低い女性は「愛されたい」が口癖なのに、結局好きな人のことを信じられないがために、好きな人を愛せないor好きな人に飽きられるので、八方塞がりになりやすいんですね。

愛されたいのに傷つくことが怖すぎて、自分を守ることばかり選択するんです。それは自分を守るための防衛本能と言ってもいいかもしれない。

でも、好きな人に褒められたなら素直に受け取ればいいし、告白してフラれたならヤケにならず現実を受け止めて努力すればいいと思うんです。

それができないから苦労しているわけなんですけど、傷つくことを避けるたびに、人を好きになることが下手になっていくのは断言できます。

傷つくのが怖いから好きな人を信頼できないんじゃ、人を好きになること自体の難易度が上がっていくので、幸せな恋愛どころか、普通の恋愛へのハードルも上がります。

相手に期待しすぎた結果、失敗する

そもそも自己肯定感が低い女性って「信頼」の意味を履き違えてると思うんです。

自己肯定感の低い人を見ていると「信頼=この人は裏切らない」と思っているために「信頼できる人」を探して、相手への期待しすぎた結果、失敗するパターンが多いんですよね。

でも本当の信頼って「この人になら裏切られても仕方ない」と思うことだと思います。

相手への期待値込みで恋愛するから傷ついたり失敗したりするんですけど、そもそも相手に期待に応える義務はありません。

最初から「裏切られても仕方ない」と考えて、多少の傷は仕方ないスタンスでいないと恋愛はできないと思います。

まったく傷つかずに人を好きになる・幸せになるなんて不可能ですからね。(やうゆ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事