アイコン 【ヤリチンが教える】セフレを作ってはいけない女子の特徴

2018.08.31

【ヤリチンが教える】セフレを作ってはいけない女子の特徴

どうもヤリチンです。僕はセフレ持ちの女性と出会うことが多いのですが、同じセフレ持ちでも「セフレとの関係を楽しんでる人」と「セフレとの関係に悩んでる人」の2種類がいるんですよね。同じ境遇なのに一体どんな違いがあるのでしょうか?

今回は数多くのセフレ持ちの女性を見てきた分析を元に「セフレを作ってはいけない女子」の特徴について紹介したいと思います。

セフレを好きになる

セフレを好きになる人はセフレを作らないほうがいいですよ。

なぜならセフレを「友達以上恋人未満」と思うと、もしかしたら本命になれるかも…と淡い期待をして苦しむからです。

男慣れしてない女性ほど「セフレの延長線上に恋人がある」と考えるのですが、友達が縦軸に伸びた先に恋人があるとしたら、セフレは友達から横軸に伸びた状態なので、セフレの延長上に恋人はないんですよね。

ぶっちゃけ男目線で言えば、一度セフレになった女性をわざわざ恋人にする理由って何もないんですよ。好きな人には「今会いたい、すぐ会いたい」とわがままを言いたくなるけど、セフレには「たまに会って話せればそれでいい」くらいしか思わないですから。

男のセフレに対する温度感と好きな人に対する温度感の違いを理解していれば、セフレからの本命昇格は無理だと理解できるはずです。

セフレを好きになって、むやみに距離を縮めようとするとアレルギー反応が出てLINEをブロックされるので、気をつけてくださいね。

割り切った関係に冷たさを感じる

セフレ特有の「割り切った関係」に冷たさを感じる女性はセフレを作らないほうがいいですよ。

セフレって本来「気楽さ」がウリなのに、割り切った関係に冷たさを感じる女性はセフレに「恋人的な役割」を求めてくるので、男からするとすごくタチが悪いんです。

Twitterでよくセフレとの関係に悩んでいる女性をお見かけしますが、そういう人が抱えている「もっと会いたい」とか「距離を縮めたい」という悩みって完全に「好きな人に対して抱く悩み」なんですよね。でもそれってセフレと言いつつ恋してる状態だけなので、ただのルール違反です。

そういうセフレと恋人の区別をつけられないような女性が「セフレ沼にハマった」とツイートしたり、「都合のいい女」を自称してよくわからない被害者意識を抱いているのを見るたびに「お前はセフレを作るな! 彼氏を作れ!」と思うわけですよ。

セフレって一方的な関係じゃなくて「お互いに都合がいい」から成立する関係なのに、セフレとの関係に悩んでる女性を見ると「バカだなぁ」って思います。

遊びでセックスしていいのは「楽しめる人」か「割り切れる人」だけ

セフレに恋愛感情を抱く女性と、セフレとの関係に悩んだり疑問を持ったりする女性はセフレを作るのに向いてないです。1回や2回セックスしたくらいで気まずくなったり、恋に落ちたりするタイプの女性は遊び半分でセックスしないでください。心が荒みます。

遊びでセックスしていいのは「楽しめる人」か「割り切れる人」だけですよ。

セフレに興味がある女性は自分が「割り切れるタイプ」か「割り切れないタイプ」かをよく考えてから、相手を探してみてください。(やうゆ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

▼友達も彼氏候補も探せるマッチングアプリ
メンタリストDaiGo監修のマッチングアプリ。統計学や心理学を用いた心理テストや性格診断テストによって、自分と合った相手を見つけることができます。アプリのデザインもかわいくて使いやすいので、機能性もバツグン。

Poiboyとは「女の子から男の子を選ぶ(ポイ)」ということからはじまる、女性主導のマッチングアプリです。顔で選ばれるマッチングアプリなだけに、ルックスに自信のある男性が多く登録しているようです。

mimiはタイプの異性を「見た目」で探せる恋活マッチングアプリ。長身、二重、塩顔、色白など、見た目の特徴に応じたタイプ別の検索が可能です。

関連記事