アイコン 【ヤリチンが語る】自己肯定感の低い女に魅力を感じない理由

2018.08.27

【ヤリチンが語る】自己肯定感の低い女に魅力を感じない理由

どうもヤリチンです。アプリで300人以上の女性と出会ってきた中で気づいたんですが、自分に自信のなさすぎる女性がマジで多すぎる。ヤリチン目線で言わせてもらうと、「自己肯定感の低い女」ってチョロいけどすぐ飽きちゃうんですよね。

自己肯定感とは「自分に価値を感じること」「自分の可能性を信じること」なのですが、僕が今まで出会ってきた女性は「自分に価値を感じたいけど、感じられてない人」ばかりでした。

今日はなぜ「自己肯定感が低い女には魅力がないか」について解説していきたいと思います。

自己肯定感の低い女性たちは「愛されたい」が口癖

そういった自己肯定感の低い女性たちは「愛されたい」が口癖になりやすいです。彼女たちは好きな人から承認を得ることで自分に価値を感じようとしているんですね。

僕は自己肯定感の低い女性のそういう姿勢を見るたびに、「こいつは自分を好きになることすら他力本願かよ……つまんねえな」と心の中でボヤいてきました。

自己肯定感の低い女性の「自分に自信がない→自分に自信を持ちたい→好きな人に愛されたら自信がつくのでは?→愛されたい」という思考回路が透けて見えて冷めちゃってたんですよね。

他人によって満たされる自己肯定感は持続しない

僕は恋人の自己肯定感を高められるのが「いい女」で、恋人を使って自分の自己肯定感を高めようとするのが「残念な女」だと考えています。

恋愛に対して求めるものは人それぞれだとは思いますけど、僕は恋愛を自分の承認欲求を満たすためのツールに使うと、自己肯定感を高めるどころか、むしろますます自分への自信をなくすことに繋がりかねないと思います。なぜなら、他人によって満たされる自己肯定感は持続しないからです。

他人に高めてもらった自己肯定感って一時的なもので終わります。例えば好きな人に「かわいいい」「素敵だね」と言われた直後って、うれしい気持ちでいっぱいになりますし、自分に少しは自信つきますよね。しかし、その好きな人がいなくなったら、当時言われた「かわいい」を支えにすることはできないんです。

たしかに自己肯定感を高めるのに他人に認めてもらうのは効果的なことです。ただ他人に認めてもらおうとしすぎると、他人に依存する結果になってしまう。それでは他人におんぶにだっこな状態になってしまうので、自己肯定感を高めることには繋がらないんですよね。

自分を好きになるためには、自分との約束を守ること

そこで僕は自己肯定感を高めるには他人に認めてもらうことだけでなく、自分で自分を認めることも同時に行う必要があると考えます。

もっと具体的に言うと、自分を好きになるために必要な方法は「自分との約束を守ること」です。
他人に高めてもらう自己肯定感は「繰り返し」にしかならないけど、自分との約束を毎日守って満たされる自己肯定感は「積み重ね」なので、自分を好きになることに繋がります。

例えば「間食を取らない」とか「部屋の掃除をする」とか小さなことでかまいません。自分に課した約束を淡々とこなしていくことで、自分への自信を積み重ねることができます。

自己肯定感の低い人は他人と比較する癖があるので理想が高くなりやすいのですが、自分との約束は他人と比較する必要がないものなので、マイペースに進めることができます。

自己肯定感の低さに悩む人は他人に承認を求めるだけでなく、自分との約束を守ることも同時に行ってみてはいかがでしょうか。(やうゆ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事