アイコン セックス中、鼻毛は意外と見られてる!? 女性の鼻の穴、処理はできていますか?

2018.08.20

セックス中、鼻毛は意外と見られてる!? 女性の鼻の穴、処理はできていますか?

人間て不思議なもので、見なくてもいいものや、見てしまうと気持ちが萎えるようなものでも、ついつい興味本位で観察したくなる動物なんですよね。

たとえば恋愛事でもこの傾向は当てはまるもので、よせばいいのに相手のスマホを覗いてしまい、自分が浮気されていたことに気が付いてしまうとケースは決して珍しくありません。

今回はセックスをしている状況に焦点を当てて、この“見なくてもいいもの”をついうっかり見てしまうという状況について、男性の目線に立ったときにしばしば遭遇してしまうキツい事例を1つご紹介したいと思います。

つい気付いてしまう、彼女の不始末……

男性って視覚から得た情報を頼りに興奮する性質が女性よりも強い動物です。だからこそ世間には男性向けの、視覚的刺激の強いアダルト作品がわんさかひしめいているのです。

女性向けのアダルト作品と、男性向けのそれとでは、需要の規模が大きく異なりますが、これも男性たちがそれだけ、目から入る情報を元に性的に興奮する傾向が高いことの表れでしょう。

そのため、彼らはセックスをする際にも、当然相手の反応・表情・身体つきなどをくまなくチェックして性的に盛り上がるわけですが、その過程でどうしても見なくてもいい部分まで、つい見てしまうことがあります。

たとえば「ムダ毛の剃り残しがあるなぁ」とか、「お尻になんか汚れがあるぞ」だとか、そういう、本当に見ても得をしない部分をスルーできず、無意識にしっかりとチェックしてしまうことがあります。

当然こういうことに気付くと萎えてしまう男性がほとんどです。「だが、それがいい!」なんて思ってしまう奇特なタイプは、そうそういません。

正常位で愛し合うとき、あなたの鼻の穴は丸見えになっている!

とくにこういった男性の目ざとさが原因で、彼らが勝手に自滅して萎えるようなケースで顕著なのが、正常位で愛し合っているときに相手の鼻の中を見てしまう、という状況です。

しっかりと暗くしていればそこまで確認できませんが、明るい部屋でセックスをしていると、場合では、正常位という体位の性質上、女性の鼻の穴もしっかりバッチリ肉眼で確認できてしまいます。

そしてこのとき、たまに鼻毛の処理ができていない女性がいます! 何なら鼻くそがガッツリこびりついている女性もいます。これを見てしまうと、流石にどんだけ欲求が溜ってても、即座にやる気が削がれ、アレも一撃で萎えてしまいます。

いや、そりゃあ誰しも鼻毛だとか何とかは、それこそ多少はあるものです。だけどどうしたことか、「さすがにそれはちょっと処理しないとダメでは?」と思えるほど生い茂っているような女性も少ないながらもいますし、そういうことに気が付くと、男性としても「あ、この人にとって俺は、こういう処理が不十分でも、別にいいやと思われている程度の男なのかな」とショックを受けてしまうかもしれません。

というか、鼻毛が見えている時点でそのセックスの興奮というのは追求しにくいですよね。

誰しもが、いついかなるときでも暗いシチュエーションだけでセックスをするわけではないと思います。ときには明るい場でセックスをすることだってあるでしょう。

そして繰り返しになりますが、男性は視覚から性的興奮に結びつく情報を必死で探す動物です。パートナーが感じている表情を見て、大いに盛り上がろうという思いは、男性ならみな無意識に抱いているわけです。

でも、感じてる顔を見るのは好きだけど、そこだけに留まることができずに、ついついそのついでに鼻毛のチェックもやってしまうのが男性の余計な習性。

筆者だって、もう何度そういう余計な詮索で変なツッコミどころを発見して萎えたか知れません。気付かなければ最後まで出来たのに、気付いてしまったことで一気に萎えてしまって、これまで何回「ご、ごめんちょっと腰痛が」だの「飲み過ぎちゃったかなぁ」なんてクサい芝居で誤魔化したことでしょう。

もちろん鼻毛の処理が甘い女性なんてのはごく一部に留まるのですが、それでもたしかにいるんですよね。
みなさんの周囲にもいませんか? 真顔だと鼻毛は全く見えないのに、笑うと鼻の穴から少しだけ毛が「こんにちは」するような女性。

おわりに

まあ、鼻毛に関していえば、男性も酷いことになってる奴は大勢います。「そもそもご両親は何を教育してきたんだ」という気分になってしまうぐらい、全力投球で鼻毛が伸びているような男性、そこら辺に大勢います。

それに比べれば、正常位をするときに男性が「あれ?」と気付く程度の鼻毛の処理の甘さなんて、些細なものであることはたしかです。でも、やっぱりその些細な違和感って、神経質な男性にとっては色々と躊躇の材料になるのもたしかなこと。

セックスをしつつ「これは指摘すべきだろうか」とか「まさか鼻毛の目立つ女性とセックスすることになろうとは」みたいなことで頭の中が堂々巡りになれば、そらもう射精どころじゃなくなります。

セックスの予定があるときは、事前に鼻毛をしっかり処理するか、真っ暗闇の中で愛し合うことにしましょう!(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事