アイコン スマホ連動バイブ「さくらの恋猫KOIKOI」を使ってみた

スマホ連動バイブ「さくらの恋猫KOIKOI」を使ってみた

彼とのセックスをよりよいものにしたい
感度を磨いて彼とのエッチでもっと感じたい……

……など、セックスでお悩みを抱える女性は多いと思います。セックスで感度を上げるためには、ひとりエッチでアダルトグッズを使って感度を磨くことが1番、手っ取り早いといわれています。

しかし、往来のアダルトグッズは「いかにもアダルトグッズ!」というデザインのものばかりで「手を出しづらい」「家に置いておいていて家族や彼氏に見られたくない」という女性も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを抱える方におすすめなのが、ラブコスメから発売されている「さくらの恋猫KOIKOI」です。今回は、「さくらの恋猫KOIKOI」がおすすめの理由や、実際に使ってみた感想をご紹介します!

LC(ラブコスメ)とは、多くの女性たちのお悩みを解決するために生まれたセクシャルヘルスケアのお店です。女性の誰にも言いにくいセクシャルなお悩みに自宅で簡単にケア できる商品を提供しています。

ラブコスメでは女性の感度磨きのためのラブグッズを多く発売していますが、その中でも「かわいい!」と女性に人気なのが「さくらの恋猫シリーズ」です。




「さくらの恋猫」は、ラブグッズの購入を迷っている女性が部屋に置いていても違和感のない「さくらのモチーフ」と「猫の形」のデザインにこだわったアダルトグッズです。

「さくらの恋猫KOIKOI」は、バイブタイプのラブグッズです。曲線と頭の部分の独特な丸みにこだわったデザインで子猫のようなかわいさが特徴です。先端がクルンと丸まったストレートな形で初めての方でも使いやすいデザインです。


シリーズで唯一、振動とスイングの2種類の動きを楽しむことができ、中と外からの両イキを叶えます。バイブパターンは全部で6種類。さらにその中から強弱や細かいバイブパターンを指定できるので、その日の気分に合わせて振動を変えることができます。

さらにスマートフォンと連動させることで、スマホでの操作が可能です。専用のアプリをダウンロードすると、イケメンがいやらしいセリフをささやくボイスや動画の官能コンテンツを体験することもできます。他にも遠隔操作など、様々な楽しみ方ができます!

さくらの恋猫KOIKOIはこんな方におすすめ!

✔かわいいアダルトグッズを探している
✔いかにもな形のアダルトグッズには抵抗がある
✔中イキ体験がしたい
✔Gスポットの開発や感度磨きがしたい
✔遠隔プレイを体験してみたい



さくらの恋猫KOIKOIはやや細めなので、バイブ初心者も安心して使えるサイズになっています。実際に挿入してみると、猫のしっぽ部分がしっかりと奥に届いてGスポットを刺激します。

しっぽ部分でGスポットを刺激しながら、猫の部分をクリトリスに当てたりして外イキと中イキの両方を楽しむことができます。Gスポットの感度磨きはあまりしたことがなかったのですが、両方から刺激されるため自分でも驚くほど早くイってしまいました。

さらに、アプリと連動させることでスマホをなぞるだけで操作できたり、お気に入りの振動を作ったり……と自由に操作することができます。

アプリの官能コンテンツは漫画、動画、ボイスなどの専用コンテンツのストーリーに合わせて本体が振動します。振動が加わることによって官能ストーリーの主人公になったような、これまでにない妄想世界を体験できます。

最近はスマホでも女性用のAVやエッチな本も見れますが、スマホを見ながらアダルトグッズを操作するのってなかなか忙しいんですよね。両手を動かさないといけないし、集中しすぎるとオーガズムのタイミングを逃してしまうことも……。

アプリ連動であれば盛り上がっているシーンでさくらの恋猫が振動するので、イク瞬間を逃すことがありません! とくに臨場感のある膣キュンシーンでは激しく震えるため、連続イキも叶えることができます。好きなコンテンツはたくさんありますが、特にイケボの声優さんのボイスがお気に入りです!(笑)

また、アプリ操作では声にも反応するので、彼とのラブタイムにもおすすめです。彼の予測不可能な動きで焦らされたり攻められたりして、普段とは違うドキドキなエッチを楽しんでみてはいかがでしょうか♡


感度磨きやGスポットの開発って人にはなかなかいえない悩みだと思います。ひとりエッチで感度を上げるにしても、アダルトグッズを買うのは恥ずかしいと思うのが女心ですよね。

そんな悩みを抱えていたり、今まで恥ずかしくてアダルトグッズを手にとったことがなかった女性に「さくらの恋猫」はおすすめです。さくらの恋猫を使って、自分や彼のためにさらなる快感を追求してみてはいかがでしょうか?

(オトナのハウコレ編集部)


関連記事はコチラ▼▼

関連記事