アイコン 生セックスをしたがる男の本音

生セックスをしたがる男の本音

どうも、恋愛コラムニストのやうゆです。

この記事では、生セックスをしたがる男の本音についてお伝えします。

妊娠や性病のリスクがあるのに、生セックスをしたがる男性心理とはどのようなものなのかを、男目線で解説していきますよ。

餅は餅屋というように、男のことは男に聞くのが1番。男心を勉強したい人は、ぜひ最後までお付き合いください。
男が生セックスをしたがるのは、温かくて気持ちいいからです。ゴムありよりも生ハメのほうが、女性の膣のぬくもりやねっとりとした質感を堪能できるのでたまりません。

以前、tinderで出会ったあみちゃん(仮名)と生ハメセックスした時は、そのぬくもりに母親の子宮の中に包まれていた胎児だった頃の自分を本能的に思い出してしまいました。

生セックスで味わえる温もりというのは、ゴムつきでは絶対味わえない感覚なので、生セックスしたがる男が絶えないのは仕方ないと言えます。チンコが温まると心も温まります。男が生セックスしたがるのは、母性が恋しいからかもしれませんね。
男が生セックスをしたがるのは、マンコの締まりが良く感じられるからです。ゴムなし生ハメのほうがゴム有よりも、はるかに締まりを感じられます。女性の膣圧をダイレクトに感じられるのでたまりません。

締まりのいい人だと、膣の筋肉がウニョウニョと波打って躍動しているのが分かるので、精子を搾り取られそうになりますよ。

フォロワー20万人越えのツイッタラーと生ハメセックスしたとき、鍛えられた膣筋でチンポを締めあげられて、一瞬でイキそうになりました。後から聞いてみると、彼女は体育会系出身とのことだったので、体育会の締まりはすごいな…と今でも印象に残っています。

生ハメで味わえる締まりの良さは格別。生ハメしたがる男が多いのは仕方ないことかもしれません。
男が生セックスしたがるのは、ヌルヌルとした感触がたまらないからです。ゴムありよりも生ハメのほうが女性の愛液のヌルヌル感をダイレクトに堪能できるので気持ちいいんですよね。特に濡れやすい女性のマンコに挿入するのはたまりません。

Omiaiで出会ったりほちゃん(仮名)と生ハメセックスしたときに、チンコがヌルヌルと刺激されていった結果、遅漏の僕でもわずか1分で射精してしまいましたよ。愛液の質感は女性ごとに個人差があるので、同じ生ハメでも感覚が変わります。

ヌルヌルとした穴に肉棒を生で入れてユサユサすると最高に気持ちいいんですよね…。生セックスしたがる男が病みつきになるのも分かります。
男が生セックスをしたがるのは、女性を犯している感覚があって興奮するからです。生チンポをぶち込んで腰を振っていると、女性を犯している感覚を味わえるんですよね。

以前tinderで出会ったあいさん(仮名)に「中出ししてええええ」と絶叫された時は、本能のままに腰を振って精子を出しつくしてしまいましたよ。ピルを飲んでいるとはいえ、中出しすると何とも言えない背徳感と達成感があって、オスとしての努めを果たした気分になりますね。

生セックスならではの女性を犯している感覚は、ゴムつきのままじゃ絶対に味わえない快楽です。生セックスにハマる男が続出するのは「子孫を残す」という生物としての本能が刺激されているからかもしれませんね。
以上、生セックスをしたがる男の本音についてお伝えしました。

生セックスはリスクが大きいのでおすすめはできませんが、生だからこそ味わえる快楽があるのもまた事実。

男にとって生セックスは、理性が本能に負けてしまう、禁じられた果実のような魅力があるんです。

もし彼が生セックスをしたがったときは、冷静に諭してあげてくださいね。

この記事を見たあなたが素敵なセックスライフを送れるよう、願っています。

(やうゆ/ライター)
(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事