アイコン 最高に感じるセックスのやり方

最高に感じるセックスのやり方

どうも、恋愛コラムニストのやうゆです。

好きな人を気持ちよくしたいけど、どうしたらいいか分からない女性は多いもの。

そんな女性に向けて、最高に感じるセックスのやり方を男目線で解説していきます。

餅は餅屋というように、男の子とは男に聞くのが1番。

ぜひ最後までお付き合いください。
最高に感じるセックスのやり方は、フェラで唾液をたくさん使うことです。唾液はローションのような役割を果たすので、たっぷり口に溜めることで滑りが良くなって、気持ち良さが上がりますよ。

唾液はフェラしているうちに自然と出てくるものですが、セックス前に水分補給をしたり、意識的に舌を動かしたりすることで、分泌されていきます。

フェラで一番大事なのは唾液だ!と言ってもいいくらい、唾液の量は大事です。フェラの時は、唾液をたっぷり口に溜めるだけで、気持ち良さが格段に変わります。そのため、唾液量は常に意識しておくようにしましょう。
最高に感じるセックスのやり方は、フェラで歯が当たらないようにゆっくり上下することです。歯が当たると痛いですし、男性器を傷つける可能性があるため、大変危険だからです。絶対に歯を当てないようにしてくださいね。

歯が当たらないようにするには、ゆっくり上下するように舐めることが大事です。フェラを続けているうちに、だんだんと口が大きく開けるようになるので、フェラの序盤はとくにゆっくり上下するように舐めるといいですよ。

フェラで感じさせたいなら、歯が当たらないように気をつけてください。ゆっくり上下するように舐めることで、歯を当てづらくなります。フェラに慣れてきたらスピードアップするといいですよ。
最高に感じるセックスのやり方は、手コキでストロークの速さと力加減を調節することです。

人それぞれ気持ちいいポイントは違うので、ストロークの速さと力加減を調節しながら最適なしごき方を見つけると、一気にイカせやすくなります。

ストロークは「ゆっくり×強め」がいいのか、「早め×弱め」がいいのか、「早め×強め」がいいのか、竿においても、先端・カリ付近・根元など、どこを強く刺激されると気持ちいいかも異なります。

相手好みのしごき方を見つけることが、手コキで感じさせるコツなのです。
最高に感じるセックスのやり方は、手コキで同じ動きを繰り返すことです。手コキは1番感じるしごき方を見つけたら、同じ動きを繰り返すと簡単に感じさせられますよ。

手コキは感じるポイントを一定の動きとスピードを維持するのが大事です。同じポイントを刺激され続けると、下半身からじわじわと快楽が押し寄せていって、我慢できなくなったら射精します。

色んな握り方を試す女性がいますが、男性の気持ちいいポイントを見つけたら同じ動きをひたすら繰り返すのが1番気持ちいいんですよね。
最高に感じるセックスのやり方は、玉をハムハムすることです。玉をハムハム(通称:玉ハム)されると、唇の柔らかい質感を感じられるので、気持ちよくなれます。ハムハムは、唇で優しく包み込む行為なため、力加減には気をつけましょう。

玉ハムはフェラとは違った快感があります。玉のコリコリした部位に女性の舌や唇で這われるとゾクゾクとした気持ち良さが玉から全身へと駆け巡り、「もっとやってください!」と服従モードになってしまうんですよね。

男性をヒーヒー言わせたいなら玉ハムで責めあげましょう。唇の力を抜きながら優しくハムハムすることで、男性を気持ちよくさせられます。
最高に感じるセックスのやり方は、鼠蹊部を舐めることです。鼠蹊部(そけいぶ)は太ももの付け根の部分のことで、とても敏感な部位です。太もものラインをなぞるように舐められると、天国にイキそうなくらい気持ちいいんですよね。

鼠蹊部を舐める時は、太もものラインに沿って舌を這わせましょう。上から下に流れて、下から上に流すのがおすすめです。また余裕があれば、逆足の鼠蹊部を指でなぞってみてください。ダブルの快感によって、男性をアヘアヘできますよ。

鼠蹊部舐めをマスターして、彼を気持ちよくしてくださいね。
以上、最高に感じるセックスのやり方をお伝えしました。

今回紹介したセックスやり方を実践すれば、好きな人を感じさせることができますよ。

この記事を見たあなたが素敵なセックスライフを送れるよう、願っています。

(やうゆ/ライター)
(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事