アイコン 感じにくい女性に対する女の本音

感じにくい女性に対する女の本音

どうも、ヤリチンです。

今回は「感じにくい女性に対する男性心理」を紹介していきます。

これまで200人以上の女性とセックスしてきましたが、触るだけで失禁してしまうくらい感じやすい女性から、何をしてもピクリともしない女性まで色んな人がいました。

感じにくい女性とのセックスで、男性はどんなことを考えているのでしょうか?

男目線で解説していくので、男心を勉強したい女性、感じにくい女性はぜひ参考にしてください。
感じにくい女性とのセックスは、気持ちいいかどうか心配になりますね。

男はよほど独りよがりなセックスをしていない限り、女性が感じていないのをすぐに気付きます。

あえぎ声がなかったり、濡れていなかったり、息遣いが静かだったりすると、感じていないのが伝わるので、気持ちいいかどうか心配になるんです。

もし気持ち良くなかったらどうしよう…と思うと、不安のあまりチンコも萎えてしまいますよ。
感じにくい女性が相手のセックスは、つまらない気持ちになることも多いです。

いくら責めてもリアクションが薄いので、「マグロかよ…」と退屈な気持ちになります。

高校時代にセックスしたかなみちゃん(仮名)は典型的なマグロ女子で、ひたすらベッドに横たわっているだけだったので、退屈でしたね。

セックスは2人で作り上げる共同作業なので、一方的な展開になってしまうと、つまらなくなって、その人との時間に価値を感じられなくなります。

男にとって、感じにくい女性とのセックスは「つまらない」と思われている可能性が高いですよ。
感じにくい女性とのセックスは、自分のテクニックに自信がなくなるのでいやですね。

自分の前戯で感じていないのが伝わると、「ワイじゃ気持ち良くできないのか?(震え声)」とあたふたして、自分のテクニックに自信がなくなります。

男は女の子が感じているかどうかを、リアクションや濡れ具合を見て判断するんです。

そのため、うんともすんとも言わない感じにくい女性とのセックスはトラウマになるレベルで、男としての自信を失うことが多いですよ。
感じにくい女性とのセックスは、早く終わりにしたいと思います。

さっきも言ったように、感じにくい女性とのセックスは「心配」「つまらない」「自信がなくなる」と、良いことが1つもありません。

2人の心を満たすためのセックスなのに、すればするほど喪失感でいっぱいになっていくのが感じにくい女性とのセックスなので、早く終わりにしたいと思っていますよ。

5.どうにかして感じさせてやりたい
中には、セックスの相手が感じにくいと、どうにかして感じさせてやりたい…と思う猛者もいます。

そういう男性は負けず嫌いなことが多く、挑戦者としてハートに火が点くんですよね。

ですが負けず嫌いの男性は、気合の割にテクニックはいまひとつなことが多いです。

独りよがりのセックスを披露して「これでも気持ち良くならないのか!不感症が!」と、自分のテクニック不足を相手のせいにするので注意が必要ですよ。
以上、感じにくい女性に対する男性心理をお伝えしました。

男性は感じにくい女性をあまり快く思っていません。

なぜなら、感じにくい女性とのセックスは相手が気持ち良くなっていないのが伝わるので、精神的苦痛を味わうからです。

「自分じゃダメなのか…」と男としての自信を喪失する人も多いですよ。

もしあなたが感じづらいのなら、演技をしてあげたほうが傷つけずに済むでしょう。

この記事を見たあなたが素敵なセックスライフを送れるよう願っています。

どうも、ヤリチンでした。

(やうゆ/ライター)
(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事