アイコン ファッションメンヘラ女子が男に大切にされない3つの理由

ファッションメンヘラ女子が男に大切にされない3つの理由

SNS上にはメンヘラっぽい女性のアカウントって結構ありますよね。

唐突に自撮りをアップしたり、変なポエムを書いてみたり、リスカ画像とか載せちゃったり。ああいうアカウントって見る限り同性からはほとんど見向きもされませんが、一方でどれだけフォロワーが少なくても、大抵男性からの反応はあるんですよね。

あと、フォロワーの大半が男性だったりしてね。

でも、これを以てメンヘラっぽい女子は男性から好まれると思い込むのは危険で。実際に男性が、ああいう人に対して向けている視線って好奇の目線でしかありません。

もしくは「根拠はないけどヤレそう」みたいな感じで、イモくさい男性がとりあえずオフパコ目的で絡んでるってケースばっかりなんです。

今日は明らかにガチで心がすり減ってる感じはしない、ファッションメンヘラっぽい感じの女性。

そんな女性がなぜ男性から支持されないのか。この理由を3つほど挙げていこうと思います。
恥ずかしい話ですが、20代前半の頃、ファッションメンヘラかつ虚言癖のある女の子と付き合っていました。

付き合った理由というのがちょっとややこしくて、「初恋の同級生に顔がよく似ていたから」というものです。

初恋の相手に対しては、奥手だったもので告白もできなかったんですが、その雪辱を晴らす意味で、顔が似ているというただ一点だけを重んじて付き合うようになったんですよね。でもこれがマズかった。

この当時はまだメンヘラっぽい言動自体に免疫がなかったもので、その彼女が色々とわがままを言ったりすぐに「死ぬ!」とか言うたび、慌てふためいて振り回されておりました。

それこそ、本屋に行って関連書籍を買って、家で読んだりして。

終いには「心臓に病気があって、長生きできないの」みたいな話まで聞かされて、僕は純朴な田舎者だったので、すっかり信じたんですよね。

でも、やがてそのわがままに振り回されるのもしんどくなったし、うちの親戚にガチで精神を病んだ大叔母がいるんですが、それと比較しても明らかにまともだということはわかってくるわけです。

さらにはその彼女のお母さんからも、心臓の病気なんかないという話を聞かされて。というか彼女の胸には手術痕とか治療の痕跡もないわけで、そこでなんかすごい冷めちゃって別れました。

それからもしばしば「お前もファッションかい!」みたいな女性と知り合ってきましたが、やっぱりガチの人と比べると全然違うんですよね。

それなのにメンヘラっぽい言動をされちゃうと、正直大半の男性は……とくに、過去そういう女性に痛い目を見せられたヤツは辟易して相手にしないようになるんです。
以前、SNSのオフ会に参加した折に「ファッションだろうなぁこの子」と感じたメンヘラっぽい言動と服装をした女性を見たことがあります。

男女比7:3ぐらいの飲み会だったもので、その子の周りにも男性が集まっていたのですが、やっぱりこう、人間って自分と近しい者たちとつるむものですよね。

ファッションメンヘラ系の女の子の周りには、なんだろう。

僕もそうだからわかるんだけど、不思議とオタクっぽいというか、陰キャみたいな男性が集まるんです。

逆に陽キャは陽キャ同士で盛り上がってワンピースの話なんかしちゃってね。凄い自然に差別化されちゃうの。アレ面白いですよねぇ。

で、僕そのとき、ファッションメンヘラっぽい子を囲む会の近くでずっと会話を聞いていたんだけど……こう、男性たちの雰囲気を見ていると否応なく気付くんです。

女性経験も乏しいけど、風俗は変なプライドが邪魔して利用できない童貞みたいな男性たちの、「この子を落とすのは俺だぜ」みたいな無言の威嚇のし合いというか。そういう空気を肌で感じたんですよね。

極端な話、飲みの席だからお酒も飲んでるのに、その集団だけ誰一人トイレに行かないんです。片時も離れたくない。不利になりたくない。そういう陰キャの意地を感じました。

そりゃあまあファッションメンヘラっぽい女性を好む陽キャもいるんだろうけど、この時のオフ会は見事に二分化されていたし、オタサーの姫とそれを囲うオタクたちみたいな図式が完成されていました。

これ、SNSだってそうですもんね。メンヘラっぽいアカウントには、アニメアイコンのオタク男子が盛んにメッセージ送ってますし、“そういうこと”なんでしょう。
ちょっとここまでファッションメンヘラの人に対してやや辛辣な話を書いてきましたが、一方で彼女たちだって傍目に見る限りでは一応彼氏みたいなのがいて、セックスも謳歌しています。

以前、男運がない女性に「もういっそ、メンヘラみたいな恰好をしたらあたしもモテるかな」と相談を受けたことがありました。それぐらい、隣の芝生が青々として見えていたんでしょう。

でもね、まともな男性と、下心だけしかない男性と、ファッションメンヘラ女子は果たしてどちらとするセックスの割合が多いんでしょう。

正直僕は、経験人数とか数えてる人って気持ち悪いと思ってて、ちゃんとした恋愛をその都度やって、その延長線上でセックスする方がいいんじゃないかなって考える立場です。

ファッションメンヘラの場合、セックスに至るまでの道のりがやや短い傾向がありますよね。

「ちょっと慰めたらすぐホテルに行けたわ」と、笑いながら僕に話して聞かせた外道みたいな男性もいるぐらいですし。

その男性の本心なんて「メンヘラっぽい女性でも少し機嫌を取ればエッチさせてくれるから、内心つまらない話にイライラしながらも真面目そうな顔して接してる」ってだけ。

そんな、明らかにヤリたいだけで接近してくる男性と仲良くしているファッションメンヘラを見てると、やっぱり普通の男性は「うわあ」ってなっちゃうわけです。
あ、そうそう。過去に見た事例をちょっと思い出したので最後に書いておきますね。

ある懇親会に元々メンヘラっぽい言動をして浮いていた女性が参加していたのですが、お酒が入ったこともあって周りの男性陣にガンガンボディタッチをするぐらい暴走していたんですよね。

このとき僕が観測した範囲では、僕ともう1人、割としっかり選んだ美人の彼女持ちの男性だけが明確に「やめてね」と拒否していました。

僕が拒否した理由は、その場に当時付き合っていた彼女のお姉ちゃんがいたからってだけですが、とにかくこういう、浅くてイタい感じの女性をピシャリと拒絶する男は大体いい男です。

そしていい男は、しっかり自分と釣り合う女性と一緒になるというか、要は妥協をしないんですよね。

でも僕みたく中途半端な男は、妥協をしてしまうんです。妥協した挙句、ファッションメンヘラみたいな女性とホテルに行ってしまうんです。でも、行くだけ。

しっかり者じゃない男性だって本音では普通の女性と付き合いたいし、わざわざメンヘラを売りにしてる女性と付き合うメリットはないと感じています。

やっぱり、どうせ男性とデートしたりセックスしたりする関係になるなら、大切にされるような関係を目指すべきですよ。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事