アイコン 「こんな合コンは嫌だ!」女性のテンションが下がるガッカリコンパあるある

2022.01.10

「こんな合コンは嫌だ!」女性のテンションが下がるガッカリコンパあるある

コロナ禍でオンライン上での出会いが主流となってきたからこそ、リアルでの出会いの重要性も上がり、オンライン出会いとの差別化がなされてきているようにも感じる今日このごろ。街を歩けばナンパ男子と鉢合わせる確率も上がりましたし、居酒屋で合コンする団体を見かけることも多くなりました。

そんな筆者の周りでも、今合コン需要がインフレ中。彼氏と別れたばかの子も、マッチングアプリを長くやっていた子も、口を揃えて「できれば友人の知り合いの範囲内の人と付き合いたい」と語ります。

ただし「合コンならなんでもいい」とも思えないのも女子の本音。せっかく出会うならテンションの上がる出会いがいいし、そのためにできるだけ環境要因は整えておいてほしいところです。

では女性のテンションが上がる合コンっていったいどんなものなのか?今日は合コン派の女性意見をふんだんに取り入れながら「こんな合コンは嫌だ」という事例を紹介。「予定をこじ開けてでも行けばよかったと後悔する」合コンについて考えていきます。
一般的に恋愛市場では「なるべく高収入」「なるべくイケメン」が求められるもの。これは男女が逆でも共通することだと思いますが、リアルで出会いたい派の人には、いくつかの優先順位があります。

合コンはやっぱり、出会った瞬間からお互いの第一印象を確認できるのがいいところ。これはオンラインではなかなかなし得ないことですよね。だからやっぱり第一印象が悪いと、女性のテンションもだだ下がりなんです。

「いくら高収入の男性が来ても、あまりに外見がダサすぎると恋愛対象にならない」(29歳/金融関係)

「話したインスピレーションも大事だけど、それ以上に一緒に飲んでるのが恥ずかしい人だったら二次会も行かない」(31歳/教育関係)

男性に比べると女性は、ファッションに関する基礎知識の土台ができている人が大多数。私服があまりにもダサかったり年齢不相応だったりすると、どれだけいい人でも恋愛対象外、という女性も。

私服に自信がないなら「仕事終わり」というていでぴしっとスーツで来てもらう方がまだ好印象。過度におしゃれすぎる必要もないですが、おしゃれな友人に客観的に見てもらって「似合っている」と評価されるような服を選んでほしいですよね〜。
リアル出会いの中でも、チームで戦えることが合コンの大きなメリットです。しかし、盛り上げ方を間違えればただの飲み会になってしまいますし、ある意味諸刃の刃、上手く利用していきたいところ。

とはいえ、人数の多い合コンだと女性との人数が上手く揃わず、幹事とは面識のない人が呼ばれたり、他のメンバーとはゆかりの少ない人が呼ばれてしまうこともあるでしょう。それに対する、女性意見は……。

「男性メンバーの足並みがずれすぎていると、こちらが気を使う。やっぱり振り返っても、行って楽しかった合コンって会社が一緒とか、同期どうしのメンツが多い」(27歳/人材関係)

仲の微妙な人たち同士で集合されると、共通の話題も減って会話が散らかるし、その結果「とりあえずゲーム」の空気ができて、ただうるさく飲み会をしただけ……という空気にもなりやすいもの。二次会に流れる時も、意見が割れやすくなります。

それに、合コンって本人をよく知っている友人の口から、その人の人間性を知ることができるのも大きなメリット。あまり仲良くない人どうしで集合されるとそのメリットもなくなるので、顔見知りの街コンのような空気になってしまいます。

数合わせのメンツを呼ぶくらいなら人数を減らすように打診した方が、合コンそのものが正しく盛り上がると思います。ゲームをして盛り上がる合コンも不正解とはいいませんが、女性チームも男性チームも統率がとれて、狙いの異性に向けて最適なアシストがし合えるのが一番ベストなはず。

関連記事はコチラ▼▼

「はじめてのデートにサイゼリアを選ぶのはヤバい」というのが、もはや鉄板の意見となっていますね。サイゼリアっておいしいし安いし、飲食店として嫌いな人ってあまりいないはずなのに、なぜかデートではここまで毛嫌いされます。

これは合コンにも言えることで、女性は男性の「店選び」で、とあるセンスをチェックしているのです。

「デートでサイゼ、付き合ってからなら全然いい。でも初デートでは、TPO的に間違ってる気がします。長居できないし」(25歳/WEB関係)

「合コンという場に適したお店選びができるの、シンプルに仕事できるんだなって思う。選んでくれた人の評価、ちょっと上がりますもん」(30歳/不動産関係)

お手洗いの大きい店舗を選べば、男女ともに作戦会議がしやすいですね。半個室の店舗なら声を張らずとも互いの会話が聞き取りやすいし、靴を脱ぎ履きしないですむテーブル席の方がお手洗いもスムーズです。値段帯や店の雰囲気も、お相手の年齢に合ったところを選びましょう。

お店選びのセンスのなさで合コンの良し悪しは決まりませんが、とにかく一軒目でテンションが上がらないと二次会にもなりませんし、連絡先交換も怪しくなります。テンションを左右する要因は少しでも潰しておいてほしいところです。
ここまで合コンでやってはいけないことをダメ出しとしてご紹介しましたが、世の中には女性が「予定をこじあけてでも行きたかった合コン」も存在するのです。

例えば「イケメンぞろい」だったら、それも行きたい合コンになるかもしれません。でもイケメンがいなくても、お店の雰囲気がよくて、会話が盛り上がって、二次会まで行ってお酒をたくさん飲んで、すれ違いざまにちょっとセクシーな空気になって……そんな合コンって、普段のストレスを解消する非日常さがあると思います。

女性が男性に求めているものって案外、顔そのものじゃなかったりしますよね。おしゃれ風で気が使えて、全体での会話が盛り上がれば、どの男性に迫られてもちょっといい気分になっちゃうのが合コンマジックだったりします。

周りの友人にも押してもらえれば、そんなにタイプと思わなくても射程範囲に入ることも。そんなハプニングがあるのが、合コンの一番のメリットであるはず。

合コンでのマジックは、他の出会いにはないマジック。さあ、あなたもそろそろ合コンがしたくなってきたのではありませんか?女性陣もチームの統率には気をつけてくださいね!(ミクニシオリ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事