アイコン 婚活パーティーって実際どうなの? 実際に行ってみた人の失敗談と成功談

2021.11.02

婚活パーティーって実際どうなの? 実際に行ってみた人の失敗談と成功談

コロナの感染拡大が落ち着いてきて、大人数の集まりが少しずつ緩和されてきました。オンラインが主流だった婚活パーティーも、人数を制限しての再開が期待される今日この頃です。

筆者も婚活パーティーには何度か参加したことがあるのですが、「行ってよかった」と思うものと「失敗した……」と思うパーティーの差が激しいんですよね。今回は、婚活パーティーの成功談と失敗談について聞いてみました。

男女参加者の人数が合わない

「1人1人が対面で話していく婚活パーティーに参加したときに、男女の人数が合わなかったことがあります。それも男のほうが多いのならまだしも、男8人に対して女性10人だったんですよ。

恐らく男性参加者にキャンセルが出たんだと思いますが、余っている女性は可哀想でしたね。最後に気に入ったお相手の番号を書いてマッチングすればカップル成立なのですが、必然的に女性が余っていました……」(31歳/男性)

そもそも開催されない

「ネットで募集していた参加費用が比較的、安い婚活パーティー。聞いたことのないサイトだったけれど、安さに惹かれてチケットを購入しました。しかし当日、会場の居酒屋に行ってみると誰もいなかったんです。

それどころか、店も開いていなくて途方にくれましたね。幸い、チケット代は現地払いだったので詐欺というわけではなかったのですが……。

後から、問い合わせをしてみると『参加者不足で中止になりました』とのメールが。それなら、せめて開始時間の前に連絡くらいしてくれよ……って感じ。料金は多少かかっても大手の婚活パーティーのサイトで見つけるのが一番だと思います」(25歳/女性)

参加費のわりに料理や飲み物がショボい

「男性参加者が7000円のランチ婚活パーティーに参加したんです。7000円も払ったんだから、弁当とか出るのかな?と、少しは期待するじゃないですか。

しかし、いざ行ってみると会議室みたいな会場で出てきたのはペットボトルのお茶! それも500mlとかではなく、2lのペットボトルを紙コップで分けているんですよ。

しかも、期待したランチはお菓子が少しだけ……。女の子を誘って居酒屋に行ったほうがマシでしたね……」(28歳/男性)

勧誘ばっかり!

「婚活パーティーに参加したときに、参加者のほとんどが勧誘目的だったことがあります。特に多かったのは個人で結婚相談所をやっているので登録してみないかとか、中には怪しいセミナーの勧誘もありましたね。

婚活パーティーでの勧誘はわりと多いそうです。私の友達は婚活パーティーで仲良くなった女性に遊びに誘われて行ったらエステの体験で、高額なコースを組まされそうになったといいます。立食系のパーティーは特に危険だといいますね」(30歳/女性)

趣味のパーティーに参加する

「婚活パーティーには色々、参加したことがあるのですがやはり自分の趣味の分野のパーティーに参加するのが成功の秘訣だと思います。私が参加したのはアニメやゲームが好きなオタクな男女が集まる通称『オタコン』。

普通の婚活パーティーなら、オタクだということは隠さなくちゃいけないけれど、その必要もなし。最初から素の自分を出して参加できるし、同じ趣味の男性が来るので恋人を見つけることができました」(24歳/女性)

積極的に声を掛ける

「私が参加した婚活パーティーは最初、対面式で最後にフリータイムというものがあったんです。フリータイムでは自分が気になった異性に話しかけていいという時間だったのですが、そこで気になっていた男性に思い切って話しかけてみたんです。

その結果、話が盛り上がって最後はなんとカップル成立しました! 彼いわく、フリータイムのときに積極的に話しかけてきてくれたのがよかったそうです。

お見合いパーティーって皆、控えめな人が多いのですが積極的に話しかけたほうが彼氏ができるということが分かりました」
様々な婚活パーティーの失敗談と成功例を聞きましたが、よい婚活パーティーに参加するためには大手のパーティーや趣味のパーティーを選んだほうがよいということがわかりました。

また、パーティー参加者の口コミを見ることも必要です。どんな男性が参加しているのか、料金に見合った食事やサービスなのか、カップル成功率は高いか……など。

せっかく婚活パーティーに参加するのであれば、自分が納得するものを選びたいですよね。そろそろ、寒い季節がやってきます。クリスマスやイベントごとに向けて、婚活パーティーで素敵な恋人を見つけてみてはいかがでしょうか?

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事