アイコン 悲恋ばかりじゃない!? セフレがいてよかったと感じるエピソード3選

2021.10.16

悲恋ばかりじゃない!? セフレがいてよかったと感じるエピソード3選

検索欄に「セフレ」と入れると「本命」「好きになった」「辛い」などの悲しいワードがサジェストされ、セフレは本命になりたくてもなれない関係の代名詞のようになっています。

しかし、最近はポジティブなセフレ関係も増えていて、セフレがいることを堂々と楽しんでいる女性が増えているんです。この記事では、セフレがいてよかった! と思えるエピソードを3人の女性に聞いてみました。
最初にお話を聞いたのはHさん(24歳販売職)。ラブホテルの内装や世界観が好きで、ラブホ巡りが趣味だそうです。

「はじめてラブホテルに行った時に「何この空間!」って感動したんです。 セックスのためだけの空間っていうのも面白いし、ラブホテルごとにいろんな特徴があったり、部屋の内装や備品も全然違うんですよね。

それがめちゃくちゃ楽しくて、いろんなラブホテルを巡りたいと思いました。でも彼氏もわたしも一人暮らしで、ラブホテルに行くタイミングが全くないんですよね。たまには行こうって言ってもお金がもったいないとか言われるし……」

確かにお互いの部屋があるのにラブホテルに行くのはもったいないと感じる彼氏の気持ちもわかります。そんなHさんに写真家のセフレとの出会いがあっのは1年ほど前のことだそうです。

「仕事の関係で知り合った写真家の男性とセフレ関係になったんですけど、廃墟とかレトロな建物とかの写真を撮りにいくのが趣味らしくて、ラブホ巡りの話を出したらノリノリで付き合うって言ってくれて。

2人でいろんなラブホテルを調べて、あちこち巡っています。こないだは県外まで足を運んで、撮影をしてからセックスしました。ホテル代も出してくれるので、ありがたいですよね」

彼氏にバレないように、月一くらいのペースでセフレとラブホテルを巡って楽しんでいるそうです。
次にお話を聞いたのはKさん(26歳学生)。勤めていた会社を辞め、理学療法士を目指して学生になったそうです。

「以前からなりたいと思っていた理学療法士の学校に入って、日々勉強をしています。学生だった若い頃に比べて体力がないから、なかなか大変です。

実技でわからないことが多かったのと、実際に知り合いがいたら実習とか就活の時に有利かなと思って、友人に理学療法士との合コンをセッティングしてもらいました。その中の1人といい感じにセフレになれたので、いろいろ聞きまくっています」

いろいろとは具体的にどんな感じなのでしょうか?

「関節の動かし方とか筋肉のつき方とか、実際に患者さんにやるようなリハビリの方法を教えてもらったりしています。教えるためにはどうしても身体に触れないといけないので、最初はちゃんと指導してくれるんですけど、だんだん触り方がやらしくなってきてセックスが始まっちゃうんです(笑)。それはそれで興奮するし気持ちいいのでいいんですけどね」

Kさんには彼氏はいませんが、このセフレと付き合うつもりはないようです。

「1回セフレになったらどれだけ相性がよくても気が合っても、付き合おうとは思えないんですよね。付き合いたい人とは、付き合う前にセックスはしません(笑)」

すっぱり彼氏とセフレを分けている合理的なKさん、利用できるものはがっつり利用したいそうです。

▼エッチが好きなセフレを探すなら▼
【無料】PCMAXに登録する

関連記事はコチラ▼▼

最後にお話を聞いたのはCさん(29歳事務職)。5年付き合った彼氏は1年前から転勤で地方に行ってしまい、遠距離恋愛中だそう。

「今までは週に2、3回は会っていたので、身の回りで起こった出来事は全部彼に話していました。でも遠距離になってから少し壁を感じるようになり、電話だけだとそんなに詳しく話せなくて、近況を話し辛くなったんです。

そんな時に父が入院することになって。命には関わらないんですけど、コロナで面会もできないしかなり気持ちが沈んでしまいました。でも彼氏も地方で仕事を頑張ってると思ったらあんまり重い話はできなくて、父の入院のことも言い出せなかったんです」

落ち込み元気がないCさんを気にかけてくれたのが職場の先輩である男性だったそう。

「先輩だったので父の入院のことは知っていて、ある日仕事終わりに飲みに誘ってくれて「溜め込まないで全部吐き出した方がいいよ」って言ってくれたんです。

それからいろんなことを相談するようになって、そのうちにセフレ関係になりました。セックスをするようになってから、よりいろんなことを話しやすくなりました。彼氏ににはいう気がしないことも話せて、今はなくてはならない存在です」

彼氏から乗り換えようとは思わないんでしょうか?

「実は彼氏からはプロポーズされているんです。それに職場の先輩は妻帯者。今の関係のままがお互いにとって一番いいんですよ」

まさかの不倫関係ではありましたが、お互いが納得しているわいい関係なのかもしれません。
セフレに対して恋愛感情を抱いてしまうとしんどくなってしまいますが、今回お話を聞いた女性たちのように、割り切ったセフレを作るとライフスタイルが充実することもあるようです。

不倫や浮気を推薦するわけではないですが、お互いが納得のうえで上手くやるのであればアリなのかもしれません。(ちーすん/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【女性がセフレを探すなら…】

セフレがほしい人にはかなり使えるのがPCMAXです。セフレ募集はもちろん、飲み友達やごはん友達など、恋愛感情ナシのライトな出会いが可能です。

また、女性は無料で使えるというのも大きなメリットでしょう。タダでセフレに出会って、飲み代もホテル代も負担してもらう。そんな出会いもできるかもしれません。

「知り合いに見つかるのが嫌だから、有名なマッチングアプリではなく、あえてPCMAXをこっそり使っている」というハイスペックな男性もちらほらいるので、思わぬ収穫があるかも。

日記を通じてほかのユーザーとコミュニケーションをとったり、チャット機能で複数人でワイワイ盛り上がるなど、まるで普段使っているSNSのような感覚で使うことができるので、SNSに慣れ親しんでいる現代女性にとっては、かなり使い勝手のいいサービスです。

▼エッチが好きなセフレを探すなら▼
【無料】PCMAXに登録する

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事