アイコン マッチングアプリで男ウケするプロフィールのテクニック

2021.10.14

マッチングアプリで男ウケするプロフィールのテクニック

どうも、恋愛コラムニストのやうゆです。

マッチングアプリを使ってはいるけど、なかなかマッチングしない……と悩んではいませんか?

マッチングしないのは、プロフィールがイマイチだからなのかもしれません。

プロフィールの内容は、男性が女性を判断する際の材料の一つになるのでとても重要です。

とはいえ、プロフィールをどう書いたらいいか悩んでしまうもの。

そこで、これまで200人以上の女性とセックスしてきた僕が、マッチングアプリで男ウケするプロフィールのテクニックについて解説します。

マッチングアプリで今よりもマッチングしたい人、プロフィールで男ウケを狙いたい人はぜひチェックしてみてください。

▼出会いを探したい人はこちら
マッチングアプリで男ウケするためには、相手の知りたい情報を書くことが大切です。例えば、「始めてみました。よろしくお願いします」の一文しか書かれていない男性よりも、仕事や趣味、特技などがきちんと書かれている男性の方が好印象を抱きやすくないですか?それは、男性も同じで女性の情報がしっかりわかった方が信頼しやすいですよ。

男性が知りたいのは、仕事や休日は何しているのか、趣味は何か、どんな男性がタイプなのかなど会話のネタになりやすいことです。

だからと言って、事細かに長文で書く必要はありません。先ほど例に挙げたような、男性と話す際に会話のネタになるようなことを200字〜400字くらいで書いておくといいでしょう。
ネガティブなことが書かれているプロフィールは読みたくないと思う男性が多いです。話のネタにはなるかもしれませんが、男性にあまり良い印象は与えません。好印象を与えたいのであれば、ネガティブなことを書くのはやめましょう。

「付き合う男性に浮気されがちです」「男性運がありません」など、自虐ネタになるようなネガティブな内容はよくないです。第一印象はプロフィールで決まることが多いので、読んでいてネガティブだなとマイナスの印象を与えない言葉選びや内容にするようにしてみてください。
プロフィールの冒頭を挨拶から入ることで男性に好印象を与えられます。挨拶ができない人よりも、挨拶ができる人の方が良い印象を抱きませんか?プロフィールの文章も同じです。

趣味や仕事以外を記載する以外に余計な文章があると見にくくなると思って挨拶を省く人もいますが、最初の挨拶がある方がこのプロフィール読みたいなと思われるのです。

だからこそ、いきなり「趣味は〜で…」と始めるよりも、「初めまして、プロフィールをみてくださってありがとうございます」などの当たり障りのない挨拶から入った方が良いでしょう。

関連記事はコチラ▼▼

ネガティブな女性よりもポジティブな女性の方が好きだと思う男性は多いです。そこで、ポジティブさをアピールするためにも、プロフィールの最後の文章はポジティブなことを書くようにしましょう。

「もらったいいねは全部見るようにしています」「たくさん話してお互いのことを知り合えたら良いなって思っているので気軽にメッセージ交換してください」「メッセージはすぐに確認します」などちゃんとこのアプリを使っているんだなと男性にわかってもらえるような文章は効果的ですよ。
以上、マッチングアプリで男ウケするプロフィールのテクニックをお伝えしました。

男性は意外と当たり前のことや細かいことを見ていたりします。

男ウケを狙いたいのなら、細かいことや当たり前のことに目を配ってみてください。

もしかしたら、マッチング回数が増えるかもしれません。

この記事を見たあなたが素敵なセックスライフを送れるよう、願っています。

(やうゆ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)


【女性がセフレを探すなら…】

セフレがほしい人にはかなり使えるのがPCMAXです。セフレ募集はもちろん、飲み友達やごはん友達など、恋愛感情ナシのライトな出会いが可能です。

また、女性は無料で使えるというのも大きなメリットでしょう。タダでセフレに出会って、飲み代もホテル代も負担してもらう。そんな出会いもできるかもしれません。

「知り合いに見つかるのが嫌だから、有名なマッチングアプリではなく、あえてPCMAXをこっそり使っている」というハイスペックな男性もちらほらいるので、思わぬ収穫があるかも。

日記を通じてほかのユーザーとコミュニケーションをとったり、チャット機能で複数人でワイワイ盛り上がるなど、まるで普段使っているSNSのような感覚で使うことができるので、SNSに慣れ親しんでいる現代女性にとっては、かなり使い勝手のいいサービスです。

▼エッチが好きなセフレを探すなら▼
【無料】PCMAXに登録する

関連記事はコチラ▼▼

関連記事