アイコン 「40歳から気楽になった」 アラフォー女性の恋愛や人生のカタチ

2021.08.11

「40歳から気楽になった」 アラフォー女性の恋愛や人生のカタチ

女性の40歳って、ある意味人生のターニングポイントですよね。結婚して出産して子供がいる人も独身女性も人生を見つめ直す年齢でもあると思います。昔に比べて今は40代でも結婚、出産をする女性は増えているといいますが、アラフォー女性が幸せになるためにはどのような心構えが必要なのでしょうか。

「世間の声や周囲からのプレッシャーと上手く付き合えるようになった」と語る女性たちに「アラフォー女子が考える新しい恋愛や結婚や人生のカタチ」について聞いてみました。
「20代~30代の頃はとにかく恋愛第一で、焦って結婚して失敗をしたこともありました。でも先日、40歳の誕生日を迎えたとき、今までのように恋愛への興味が一気になくなったんです。

今は40代でも結婚や出産する女性も多いですが、私としては執着がなくなってしまったんです。今は仕事を第一に趣味やプライベートを充実しています。30代までは結婚や出産への焦りもあったのですが、40代になって『もういいのかな』という考えとともに気持ちがラクになりました。

40代に入ると周りからアレコレ言われることも減ってきて、今は自分が本当に一緒にいたい人が見つかったときに恋愛すればいいやと思うようになりました」(40歳/女性)
「30代半ばの頃はとにかく周囲からのプレッシャーにイライラしていました。私自身、結婚や出産が女の幸せのすべてではないと思っていたのですが、それを結婚している人にそのまま伝えてしまうと棘がある言い方になってしまうので嫌でした。

今はそんな親や友人からの助言にも『結婚にいまいち興味が持てなくて……』と交わせるようになったので気持ち的に少し余裕ができたんだと思います。

『歳とってから後悔しても知らないよ!』と意地悪を言う人もたまにいますが『それなら後悔しながら死ぬのもアリかな(笑)』と交わせるように。『結婚・出産しろしろ』と言う人の言葉を真に受けるのは時間のムダかなととも思います」(41歳/女性)
「今の彼とは35歳の頃から同棲して早4年。交際当初は『いつ結婚するの⁉』と問い詰めて彼を困らせたこともありました。

でも、もう40歳近くになると『このまま付き合ってもいいし、いずれ別れるときが来たらそれはそれでいいかも』と思うように。

若いときは恋愛に対して答えを求めすぎて色々悩んだこともあったけれど、アラフォーになるとよい意味で色んなことがどうでもよくなるんですよね。時の流れに任せるのも、それはそれでいいかなと。

多分、彼も同じな考えで私がこうなってからはビックリするほど喧嘩が減ったんです。もし、また私がどうしても結婚したくなる時期が来たりしたらそのときはお別れという道を選ぶのかもしれませんが……。今はこのままお互いにストレスなく暮らせるのが一番だと思います」(39歳/女性)

関連記事はコチラ▼▼

「大学卒業後、すぐに結婚して20代~30代は子育てに追われる毎日でした。そのとき、周りの友達は絶賛・独身謳歌中。慣れない子育てだけでなく義母とのいざこざがあっても友達に相談することができませんでした。

下の子が今、中学生なのですがクラスの問題やPTAや受験など今も悩みが絶えません。義母との関係も今も良好とはいえないし、特に家庭環境に愚痴を言わない友人と自分の環境を比べて腹を立てたこともありました。

でも、今は他の人も同じように悩んでいることを知って自分と他人の幸せは比べるものではないと考えるように。嫌なことがあるのも、よいこともあるのも人生ですし。

今置かれてる状況を悲観するよりも、日常でささやかでも自分なりの幸せを見つけようと思うようになりました」(41歳/女性)

「大学から上京してきて以来、ずっと一人暮らし。30代まではキラキラ生活を充実させようと頑張っていました。でも、コロナ渦で東京の長引く自粛で今までの生活は何だったのかなと思うほど、何もなくなってしまいました。

会社はリモートワークを推奨しているので、都心から少し離れた場所に気分転換のつもりで期間限定でワーケーションをしてみたら、居心地がよかったんです。

都心の月11万円のマンションに住んでいるときはコンビニに行くのも気が抜けず、休みの日にもおしゃれな服装をしないと……と気が抜けませんでした。

でも、今はTシャツにサンダルで出ても誰も見てないし気にしていない。今まで都会にこだわって無理していたのをやめたら、随分と生きやすくなりました。恋愛の価値観も都心に住んでいるときは相手のスペックにこだわりまくっていたのですが、今では一緒にいて居心地のよさや性格を重視するように。

今は、新しい土地に引っ越して一緒にいて楽しいと思える人と付き合っています。無理しないで生きる必要はないんだな思えるようになりましたね」(38歳/女性)
世間体や周囲からのプレッシャー、さらに完璧にしないといけないという考えなどから自分自身に呪縛をかけたまま生きている女性は多いのかもしれません。

しかし、少しだけ柔軟に物事を考えたりこだわりを捨てるだけで人生は変わるはず。年齢や人の目を気にせずに自然体で生きることが、40代からの人生をより豊かにするのかもしれませんね。(山崎アオイ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事