アイコン セックスで抜かずの2回戦 実際どうだった?

2021.04.18

セックスで抜かずの2回戦 実際どうだった?

抜かずの2回戦。読んで字のごとくではありますが、セックスで射精した男性が、ペニスを膣から抜かずにそのまま2回戦をすることです。

イッて終わりではなく、あなたを愛することを止めない彼。無我夢中であなたを求め続ける彼の姿、終わらない性的快感。抜かずの2回戦、ハマる人はすごくハマるプレイでしょう。この記事では、抜かずに2回戦をするために必要なこと、実際にやってみた体験談をご紹介します!
男性は一度射精すると性欲が一気に低下します。「じゃあ、抜かずに2回戦するなんて無理じゃない?」と思う人もいるかもしれません。しかし、条件がそろえば「1回イッたけど、ダメだおさまらない。このまますぐにもう1回したい!」なんて状態になることもあります。どうすればいいのか、早速みていきましょう。
 

(1)男性を興奮させる

これは言わずもがな、という感じですね(笑)。一度射精して脱力したペニスと気持ちを、ふたたびその気にさせましょう。

乳首を触ってあげる、キスをする、エッチな姿を見せて視覚的に興奮させる、興奮する匂いを嗅がせるなど、「もう1回やりたい!」と思わせるため、パートナーがよろこびそうなことを試してみてください。
 

(2)1回目で本気を出し過ぎない

1回目のセックスを全力でやってしまうと、「2回戦? いや無理無理」という気持ちになってしまいます。激しくせずにゆっくり動いたり、体力消耗が激しい体位を避けるなど、1回で出し切らないよう調整してみましょう。
 

(3)オナ禁してもらう

「1回だけではとてもおさまらない」そんな状態になってもらうためオナ禁してもらうのも手です。

男性同士の会話で、「上司と出張で3日間オナニーできなかった。その後、家に帰ってきて狂ったように連続でオナニーした」なんて話もあるので(笑)、オナ禁と連続で射精することにはふかい関係があると言えるでしょう。
 

(4)少しの強引さ

男性側が「いやあ、2回戦はたいへんだよ」と言っても、いざやってみたら意外とできる、なんてこともあります。もちろん彼に無理強いしてはいけませんが、彼が射精したあとそのまま抜かずにあなたのほうから動き始めるなど、ちょっと強引に2回戦を始めてしまうのもアリかもしれません。
 

(5)「しばらくセックスできなくなるかもしれない」という匂わせ

たとえば、「今後仕事が忙しくなりそうだから、もしかしたら会う頻度落ちるかも……」と彼に伝えます。すると「しばらく会えない、それってセックスもしばらくできないってことだよな。それなら今日いっぱいしておかなきゃ!」という気持ちになる人もいます。
 

(6)セックスなしのデートを増やす

ここでひとつ、女性が知らないであろう男の本音をご紹介します。デートプランを決める際、「セックスできるデートプランかどうか」が気になる男性って多いです。

おうちデートなどセックスできそうであれば「よっしゃ!」とよろこび、できそうになければ「今回は我慢か~……」なんて一喜一憂しています。そのため、セックスしないデートが増えることで勝手に焦れてしまう男性ってけっこう多いんです。

セックスしないデートの頻度を増やし、セックスをお預けにします。お預けにされたぶん、セックスできるタイミングが訪れたら「今日はいっぱいやってやるぜ」というやる気満々モードになってくれるので、抜かずの2回戦セックスに期待できるかもしれません。

関連記事はコチラ▼▼

(1)やりきった感がすごい

「彼女がピルを飲んでいるので、生挿入・生中出しで抜かずに2回戦しました。実際やってみると体力的にキツくて、自分との戦いみたいなところもありました(笑)。

しかし、それを乗り越えて2回目の射精をしたときは、最高に気持ちよかったです。性的快感だけじゃなくて達成感みたいなのもあって、動けなくなるほどぐったりしてしまいました。そのまま横になっていると、快感の波が全身にじわじわと行き渡るんです。それもすごく気持ちよかったです」(男性/25歳)
 
2回もイッているわけですから、男性側の快感はかなり大きいみたいですね。ただ、無計画・無責任な生挿入と中出しについては、絶対に真似しないでくださいね。
 

(2)セックスで物足りなさを感じる女性には最適?

「私の彼、若干早漏なので、私の気分が乗ってくる前に終わっちゃうことが多いんですよ。抜かずに2回戦してくれると私の気分も乗ってきて、すごく気持ちよくなれます。

あと、一度イッたのにまだ続けてくれるっていう、彼に求められている感じがすごく幸せです。
ただ、彼氏が遅漏の場合、抜かずに2回戦やるのはちょっとたいへんかも……。痛くなりそう」(女性/26歳)
 
気持ちが乗る前に、彼が射精してセックス終了。これ、経験したことのある女性は多いのでは? 抜かずに2回戦をすれば満たされるかもしれませんね。
 

(3)コンドームがとれないか不安でいっぱいだった

「コンドームをつけた状態で抜かずにそのまま2回したことがあります。正直、コンドームがとれないか不安で超怖かったです。

その日はたしか花火を見にいった日だったかな。花火大会の活気とか高揚感のせいなのか、彼はすごく興奮していて。1回イッて落ち着いたかと思いましたが、そのまま彼は動き続けていました。

愛撫はていねいだし、愛を感じてすごくうれしいし、求められるのもうれしいんだけど、コンドームがとれないかっていう不安はものすごく大きくて、あまり気持ちよくなれなかったです」(女性/24歳)
 
コンドームをちゃんとつけているからこその安心感ってありますよね。
当たり前のことですが、コンドームは絶対につける、そして再利用しないなど正しい使い方をする。これは徹底してくださいね。
 

(4)ヤッた瞬間よりも、あとで振り返るのが最高

「抜かずに2回射精したその瞬間も気持ちいいんですが、最高のエロい思い出になるのがいいんですよ。

『俺は過去に抜かずに2回戦した。あの日は思いっきりセックスに没頭した、エロい夜だったなあ』というふうに、あとで振り返ることができる。それがすごいオナニーのオカズにネタになる(笑)。

あと、『そんなセックスできるバイタリティーが俺にはあるんだぞ』っていう、ある種オスとして優れているって自分を誇れたりもする。すごくちんけなプライドかもしれませんが(笑)」(男性/32歳)

関連記事はコチラ▼▼

一度抜いてからまた挿入するのではなく、抜かずにそのまま2回戦目を迎える。そこには、「おさまらない! あなたがもっと欲しい!」という彼の強い愛情や、「ああ、私求められているなあ」という快感があります。ただ、無計画・無責任な生挿入と中出しについては、絶対に真似しないでくださいね。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事