アイコン 1週間あれば「性夜」は作れる!クリスマスにエッチができる男性との出会い方

2020.12.10

1週間あれば「性夜」は作れる!クリスマスにエッチができる男性との出会い方

今年もこの時期がやってきてしまいました。そう、コロナ禍だって街はクリスマス。2020年はとにかく出会いづらい年でしたが、それでもやっぱりクリスマスくらいは……聖夜エッチがしたいんじゃ〜〜!! と狼になっちゃってうタイプの女子も、オトナ読者には多いハズ。

ということで今回は、クリスマスまで残り1日でも、聖夜……むしろ性夜を過ごしてくれる男性を作るために女子ができることがなんなのか、シティガールたちにヒアリングしながら考えてみました。
なんと今、欲求不満なシティガールたちの中で「女性用風俗」が流行しているようです。筆者の周りでも利用している女性が多いです。

とくに、なかなか外で浮気もしづらい既婚者や、本命持ちだけど欲求不満、という女性に好まれているようです。

なんと言ってもメリットはクオリティと日程が保証されること。風俗ならネットで口コミも見れるので、野良の男に捕まって思ったよりエッチが下手……なんてこともありません。

しかも、予約さえ取れればドタキャンもない。絶対にエッチしたい女子にはうってつけです。

とはいえ、クリスマス付近は予約も混み合うようなので、今すぐネットで検索しましょう。お目当ての子のクリスマスの予約がまだ空いていますように……!

新型コロナへの感染意識も、また高まってきています。外出自粛のあった春も、コロナにかこつけて「外で会うより、家で遊ぼうよ」というエロデート発生件数が増えていたようですが(筆者調べ)、冬もその手法が使いやすそうです。

今年は24日が木曜日、25日は金曜日。金夜におうちパーティということになれば、お泊まりは必須です。マッチングアプリで家に上がらせてくれる男を募るのもよし、久々に昔気になっていた人(けど今はどうでもいい、とりあえずヤラせろ)に連絡するのもよし。

2対2くらいの少人数での合コンパーティもエッチでいいですよね。その場でエッチできる可能性は低いですが、翌日にワンチャンあるかも。

関連記事はコチラ▼▼

相席屋やバーなどのナンパスポットは、ひとりでは行きづらいし、性夜狙いとなると友人も誘いづらいですよね。そんな時におすすめなのが同性の女友だちと繋がれるマッチングアプリです。おすすめは『tipsys』というアプリ。

女性専用のSNSで、近所の女性とマッチすることができます。ここで同じ目的の女性を探せば、夜は別行動前提でナンパスポットに行くことができます。安心して相席屋やスタンディングバーにGO。

しかし、繁華街でホテルに入るのは至難の業なので、どうしてもエッチがしたいなら、先に部屋を予約しておくか、遊ぶ街の近所に住んでいる男性を見つけるしかないですね……。
性夜はですね、女性ならやる気になれば1週間、いや本気になれば当日でも作れると思います。

女性用風俗やホテルを予約したり、クリスマスパーティを企画するためには最低でも1週間前くらいには動いた方がいいと思いますが「とりあえず男性とクリスマスを過ごしたい」というだけなら、クリスマスに出会いスポットにいけば大丈夫。

同性の友人がいないなら女友だちアプリを駆使して。コツは男性にケチをつけすぎないことです。クリスマスの出会いスポットは、同じくどうにかして女の子とクリスマスを過ごしたい男性だらけなので、需要と供給もピッタリマッチです! やったね!(ミクニシオリ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事