アイコン 生でしたがる男性心理と絶対にコンドームをつけるべき理由

2020.09.20

生でしたがる男性心理と絶対にコンドームをつけるべき理由

この間、幡ヶ谷の飲み屋で始発を待ちながらしとどに飲んでいると、他のお客さんグループが生ビールを注文してまして。

その際に「やっぱビールは生。セックスも生ですね」と言ってました。こういうモラルのない発言をするお客さんのいるお店って最近は少なくなっちゃいましたよね。

ところでセックスの際に生ですると気持ちいいってのはよく耳にする俗説ですけども、ホントのところはどうなんでしょう。

女性の場合は生でするのとコンドーム有りでするのと、感度に何がしかの違いを感じるものなのでしょうか?

僕は男性なのでそれが全然わかりません。男性だからこそ、生とコンドームありとでは、どちらが気持ちいいかってことはわかります。

これはもう、やっぱり生です。
コンドームを着けてするセックスは、大人のたしなみとして決して廃れてはならないものです。避妊のためにも、性病の感染を防ぐためにも、あのゴムはとっても大切なもの。

しかも最近はメーカーも苦心の末に、ものすごく薄くてほとんど生でしているのに近いレベルで気持ちいいと感じることのできる製品も販売しています。ありがたいことです。

だけど……少なくとも男性は、ゴム有りでするよりも生のほうが、やっぱり感じるというか、気持ちいいって思っちゃうものなんですよね。

隠してもしょうがないのでちゃんと書いておきますが、これは事実です。

やっぱり、直接的な感度もそうですけど、男性にとっては「生で挿入している!」感。ライブ感が精神的にも感度を高めるという部分があるんだと思うんです。

感じるとか思うとか、メンタリーな表現ばっかりで申し訳ないんですけど、やっぱりね。そういう部分ってありますよ。

生でしている! という事態を目の当たりにして、それをやっている状況に興奮するというか。

先日も生でやって、案の定相手を妊娠させちゃったという後輩から相談を受けたばかりです。相談なんかされても、こっちとしては「産め」としか言いようがないんですけどね。

あんまり中絶とかって勧めにくいじゃないですか。まあ、僕がそういう状況を経て爆誕した人間ってのもあるんですけど。

でもね、結局その男の子ね、彼女に中絶を要求したそうです。じゃあ俺に相談しなくてもよかったじゃん……。
生でするセックスは、男性本位の視点で述べれば、そりゃあ気持ちいいもんです。それは実際にそういうものだから仕方がない。

ただ、そうは言っても子供を作る目的以外でわざわざ生でするというのは、これはあまりにも無思慮だし、お互いのためにも良くない行為です。

セックスはガンガンすべきですけど、生でするってのは将来を誓い合い、なおかつ双方に十分な貯蓄がある男女でないと色々と遺恨を残します。

前述の後輩は自分の子供を堕ろせと言ってしまったこと。それによってせっかく宿った命が失われたことについて、後々になって泣き言を話していましたが、泣きたいのは堕胎させられた子供と、その母親です。

「てめぇがゴム着けてハッスルしてりゃあ、そういうことにはならなかったんですよ」とは言ったものの、どこまで心に響いているか。

ぶっちゃけ、悲しむ振りだけしているってこともありえなくもないですからね。批判を少しでも避けるために。そういう男っていますから。
というか、ここからの話は僕の私見ではあるんですけども、やっぱり生はたしかに気持ちいいんです。気持ちいいんですが、しょせん。しょせんですよ、しょせん僕ら男性のアレなんて、作りは水鉄砲ぐらい単純なんですよね。

男性器なんてただ擦ってればいずれ精液が出る単純な構造の性器を持っているわけで、コンドームを装着して多少感度が落ちていようと、現状では薄いものも多く出回ってるから、100%に近い感度を味わうことはできるわけです。

となると、生でするのは120%の感度を得られるってことになるんでしょうけども、これもしょせん+20%ですよ。

その120%を楽しむために生での挿入を相手に強いるのも、僕としては大層バカらしいように思えるんですよね。

その上で女性の方々に言いたいんですけども、男性の一時の快楽のために生を要求されても、そんなことに応じて人生を揺さぶられることだってあるから、どんなに相手のことが好きでもコンドームは装着してもらいましょう。

また、同時に相手のことがあまりに好きで、独占したいからと言って生を要求するのもやめましょう。目の前のカレがそれに応じた時点で、あんまりあなたのことを大事にしてるとも思えません。

結婚の予定が具体的にあるという以外には、ゴムなしセックスはやめておくのが賢い大人の判断です。

望まない妊娠が発覚したとして、結局一番損するのは女性です。男性は生で気持ちいい思いをして、いざとなったら深刻なツラをしてればいいんですからね。(松本ミゾレ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事