アイコン 男をハマらせる「ディープキス」の簡単テク

2020.07.19

男をハマらせる「ディープキス」の簡単テク

どうも、ヤリチンです。

今回は、男をハマらせる「ディープキス」の簡単テクをお伝えします。

本来、好きな人とのディープキスは幸せな気持ちになりますが、間違ったディープキスをすると気まずいムードになりやすいもの。

 しかしディープキスのやり方は誰も教えてくれないので、自分で試行錯誤して覚えていくしかありません。そこで今回は、経験人数200人のヤリチンが簡単にできるディープキスのテクニックを伝授。

好きな人を骨抜きできるディープキスのやり方をお伝えしましょう!

キスが上手くなりたい女性は、ぜひチェックしてみてください。
いきなりディープキスをするのではなく、まずはいいムードを作って2人の気持ちを高めましょう。

ディープキスって冷静に考えたら「他人の唾液と唾液が絡み合う行為」なので、字面だけ見たらめっちゃ気持ち悪くないですか?

でも好きな人とのディープキスが気持ち悪くならないのは、気持ちがあるからなんですよね。また緊張していると口元が硬くなって、気持ちいいキスがしづらくなります。

そのため部屋を薄暗くしたり、ハグしたり、相手の頭を撫でたりしながら、お互いにリラックスしつつ気持ちを高めていけば、自然とキスしたくなりますよ。
2人の気持ちが高まってきたら、いよいよ唇と唇を重ねます。

しかしいきなりディープキスをするのは、相手のドアをノックせず開けたり、ドンドンと強く叩いたりするのと同じなのでNGです。

 まずは相手のドアを軽くコンコンとノックするように、ゆっくり優しくキスをして、相手の唇を味わいましょう。

なるべく相手のペースに合わせて「強くなりすぎず、早くなりすぎず」を意識してください。

この時に「もっと……!」と思う気持ちはわかりますが、ここを耐えることがディープキス初心者卒業の第1ステップです。

「もっとたくさんちょうだい!」と思うのではなく「初めまして、私はこういう者です」と自己紹介するように唇を重ねると、せっかちになる気持ちを抑えられますよ。
単調なキスは退屈な印象になりやすいので、適度な遊びを取り入れることが気持ちを高めることにつながります。

キスに慣れてきたら、相手の上唇を吸ってみたり、リズムの緩急をつけてみた、相手の唇を舌でなぞったり、唇を甘噛みしたりなど変化をつけていきましょう。 

ただこの時に力が入りすぎないようにしてくださいね。口先に力が入りすぎると、唇の柔らかさが失われてしまうのでもったいないです。

関連記事はコチラ▼▼

唇がほぐれてきたところで、いよいよディープキスに突入です。

唇まで愛撫していた舌を、少しずつ相手の口の中に入れていきましょう。もちろん強引に入れるのはダメですよ。

相手の様子をチェックしながら、力を入れないようにゆっくり少しづつ舌を入れていきましょう。

脳内で「こんにちは、おじゃまします……私です……」と唱えながら舌を入れると、強引なディープキスになりづらいのでおすすめです。
ディープキスで気をつけたいのは「相手を置き去りにしないこと」です。

ずっと舌を絡ませていると、だんだんとムラムラしてきて、自分がしたいようにしがちですが、力が入ると気持ちよくなくなるんですよね。

独りよがりになると、せっかく高まった気持ちも冷めてしまうので注意しましょう。また気持ちいいディープキスはとにかく「力を入れないこと」が大事です。

力を入れなければ相手の舌先をよく味わえるので、自分も気持ちいいし相手も気持ちよくなります。ムラムラはするものじゃなくて、させるものです。

ムラムラした時ほど理性を大切にすることで、相手をよりムラムラさせることができますよ。
ディープキスの時ってお互いを貪ることに集中しがちですが、頭や手をさすられるとすごく気持ちよくなります。

撫でる行為は「相手を大事にしている気持ち」を伝えられるので、好きな人に自分の愛情を表現したい時は、手をうまく動かすようにしましょう。

ただディープキスに慣れないうちは、無理しなくて大丈夫ですよ。余裕が出てきたら、手を使うことも試して見てください。
以上、ヤリチンが「男をハマらせるディープキスの簡単テク」についてお伝えしました。

ディープキスで大事なのは、相手を思いやること、唇に集中させすぎないことです。闇雲に舌を動かすのではなく、相手に合わせて舌を動かすといいですよ。

この記事を見たあなたのセックスライフが充実するよう、願っています。

どうも、ヤリチンでした。(やうゆ/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事