アイコン お風呂でエッチをする方法とすごすぎるメリットって?

2021.10.03

お風呂でエッチをする方法とすごすぎるメリットって?

お風呂エッチってしたことありますか? お風呂エッチってワードもエロいし状況を想像するだけでも興奮できるのになぜかエッチで当たり前のように使われている場所ではないんですよね。不思議です。

でもお風呂エッチをやっている人はすでに知っています。お風呂エッチにはいろんなメリットがあり、ベッドの上とは違う良さがあるということを。

今回はそんなお風呂エッチにおけるメリットや注意点、テクニックを詳しくご紹介していきます。お風呂エッチのすべてを知ればすぐにでも実践したくなること間違いなし!ぜひためしてみてください!
お風呂エッチはベッドでのエッチよりもはるかに手軽で、ベッドとは違った良いポイントが複数あります。
まずはそんなお風呂エッチのメリットについて見ていきましょう。
 

いつもと違うドキドキ感がある

お風呂エッチはベッドでのエッチが基本となっている人なら必ずと言っていいほどいつもと違ったドキドキ感で興奮します。「暗い部屋じゃないと恥ずかしい」なんて女性はさらに恥じらいも相まってより興奮度が上がるでしょう。

それにお風呂は声が響くので聞き慣れているパートナーの声も新鮮な気がしますし、自分の喘ぎ声もお風呂内に響き渡るため、いつもより一層ふたりだけの空間でエッチを楽しむことができちゃいます。

でも家のつくりによっては喘ぎ声が家の外に聞こえてしまう可能性があるため、どれだけ気持ちよくても大きすぎる声は出さないように気を付けてくださいね。
 

シャワーを浴びる手間がない

お風呂エッチは「エッチをするならお風呂に入ってからがいい」という人や「エッチ後汗をかいたらすぐに身体を流したい」という人にはもってこいです。

ふたりで入っちゃえば洗い合うところからが前戯になるし、上がる前にもお互いに身体を流し合うのも良いコミュニケーションになります。

女性はシャワーを浴びたあと、化粧水をつけたりケアが必要なこともあるでしょう。そんな手間を省略して即エッチできるのがお風呂エッチのいいところです!
 

部屋が汚れなくて済む

ベッドでエッチをすると気づいたらシーツが濡れてしまっていたり、時間が経つと汚れが出てきてしまうことってありますよね。ホテルなら気にする必要はありませんが、自宅だとシーツ問題はかなり気になるところだと思います。

でもそんなこともお風呂ならなにも気にする必要なし! 楽しく自由にエッチできちゃいます。もっと言うとエッチ後の服やティッシュの後片付けも省けますね。
 

マンネリ解消・対策になる

同じパートナーと長く居ることはとても素晴らしいことではありますが、その分マンネリしてしまうことは否めません。

マンネリを解消したり対策するにはいつもと違う場所でエッチするのはかなり効果的で、場所をベッドからお風呂に変えるだけなら誰でも気軽に達成できますよね。

「気分が変わるエッチがしたい!」というときにもお風呂エッチはおすすめです!
 

ローションを使ったヌルヌルプレイが出来て気持ちいい

ベッドではローションプレイをするのはなかなか難しいところがありますが、お風呂でなら汚れや後片付けの心配がありません。湯船にローションを入れて触れ合うも良し、彼の身体 を手やおっぱいでマッサージしてあげるのも良いでしょう。

最初はあまりにヌルヌルのため不思議な気持ちになるかもしれませんが、触れ合っているうちに徐々に快感が得られるはずです。

また、ローションがない場合はヌルヌル度は劣りますが、ボディーソープでも代用できますよ。でもボディーソープを使用するなら膣内を泡のついた手で触らないように注意してくださいね。膣内の細菌バランスが崩れるとトラブルの原因になります。

これは人によりますが、なかには尿道周辺に泡がつくだけで沁みてしまう女性もいます。ボディーソープを使用するなら女性器周辺触らないようにするのがベストです。  
お風呂エッチはメリットだけでなく、いくつか注意してほしいこともあります。

ハメをはずしすぎて何かが起きてからでは遅いので頭の片隅に記憶して、楽しむようにしてください。
 

転ぶと怪我する

お風呂って普通に入っているだけでもツルっと滑ってびっくりすることってありますよね。それがローションを使っていたり、挿入中でバランスが悪い状況だとなおさら怪我をする恐れがあります。

滑りをなるべく阻止するために、ローションを使った場合は足元だけは十分に洗い流しましょう。また挿入するときは動かないものに捕まることを忘れずに。

もっと気を付けるなら滑らないようにシャワーマットを用意するのが最善策です。楽しい時間が悲劇を起こさないように滑りには細心の注意を払ってくださいね。
 

脱水症状になりやすい

湯船に浸かったり、長い時間シャワーに当たっているとのぼせてしまい脱水症状が起きてしまうかもしれません。暑ければ暑いほど興奮度も上がりますが、汗をよくかいていると感じたらすぐに水分補給をしてください。

空気に重さを感じたら、扉を開けて部屋の空気を入れたり、窓を開けたりして空気を循環させましょう。湯船の温度も高くせず、冷えない程度にしてくださいね。
 

身体が冷えたり温まったり変化が激しい

湯船に浸かりながら挿入していると、上半身は冷えてきたけれど下半身はずっと湯船につかっていて温かい、シャワーに当たっていると寒さもあるけど部分的に温かいという状況が起きます。

このようなことが長時間繰り返されると当然ですが風邪を引く原因になりますよね。お風呂は脱水症状になる可能性もあれば冷えて体調を崩す可能性もあります。

身体がストレスを感じてると思ったときにはエッチは中断する、もしくは冷えた場所を温められる体位に変えるなど、お互いの体調を気にして楽しむようにしましょう。
 

避妊が難しい

お風呂とコンドームはなかなかの相性の悪さで、ボディーソープやシャンプーなどがゴムを劣化させてしまう可能性があります。

それにお風呂では女性の愛液が水で流れてしまい、コンドームをつけて挿入すると滑りが悪くなり、破れてしまう可能性もあるでしょう。

このようにコンドームでの避妊は少し難しさがあるので、ピルなどほかの避妊をしていない場合はコンドームの状況を確認しながらエッチすることが必要です。
お風呂エッチはいろいろな楽しみ方があるので、ベッドのうえではできないさまざまなプレイをご紹介します。

普段感じるのできない感覚でテンションを上げて楽しんでください!
 

2人で浴室へ

(誘い方も紹介したい) まずは彼をお風呂へ誘うところからですね。「彼をお風呂に誘うってどうやって?」と思うかもしれませんが、普通に「一緒にお風呂入ろ!」で大概の男性は入ってくれます。

ほかの手で言うと、彼が先にお風呂に入っているところに「私も入る~!」と飛び入り参加したり、「良い入浴剤があるから入って」と伝える、「お風呂に浸かりながら映画鑑賞しよう」と誘うあたりがかんたんではないでしょうか。

どちらかが恥ずかしい場合は先に入って入浴剤で身体が見えないようにすることもできるので気軽に誘ってみるといいですよ。
 

身体を洗い合う

お風呂エッチの前戯は身体を洗い合うところからスタートです。タオルで洗ってもいいですが、エロさを感じさせるには手で洗ってもいいでしょう。

一通り洗えたらソフトタッチで乳首や太ももなど敏感な部分を撫でるように洗い、背中はおっぱいを当てて滑らせ彼を興奮させてあげてください。
 

照明を消してサイリウムを使うのもアリ

お風呂はエッチをするには少し照明が明るすぎるかもしれません。そんなとき事前準備が可能であればサイリウムを入れて神秘的な空間にするのもエロさが増しておすすめです。

サイリウムはライブで使われる蛍光に光る棒といえばイメージができるのではないでしょうか。それを湯船に入れるとラブホテルのようなエロティックな空間を作ることができてしまうんです。

サイリウムは100均に売っているのでお金もかからないし手軽に手に入れられるので見慣れたお風呂を素敵な空間にするためにぜひ使ってみてください!
 

シャワーを性感帯に当てる

シャワーも身体に刺激を与えるのに大活躍してくれます。シャワーオナニーをしている女性ならシャワーの気持ちよさは知っていると思いますが、実は男性もシャワーの刺激で快感を得られるんですよね。

挿入までの準備運動として順番にシャワーを使って愛撫をするのがお風呂エッチならではのプレイでいいですね!シャワーは当たる強さによって好みがあるので距離を調整して気持ちよくなれるポイントを探して楽しみましょう!
 

鏡を使ってミラープレイをする

お風呂に全身鏡のような大きな鏡があれば使わない理由がありません。鏡に手をついて愛撫されたり挿入されている自分を見るのは恥ずかしくて身体が熱くなってくるでしょう。見ている彼も視覚的興奮はMAXになること間違いなし!

また鏡に向かって横向きになり、鏡側の足を上げて彼に挿入されているアソコをじっくり見てみるのもいいですね。
 

立ちバックや湯船に浸かりながら挿入

お風呂ではマットを引かない限り立ちバックが基本です。浴槽のふちに手をつくのが一番やりやすく、もしくは壁に手をついておしりを突き出します。

立ちバックはベッドでのセックスだとあまり一般的でない体位なのでお風呂エッチならではの体位として試してみてください。

また湯船につかりながら座位で挿入して楽しむのもおすすめです。上下運動すると膣内に水が入りやすかったり、愛液が流れて滑りが悪くなる原因になるので挿入したまま前後左右に腰を動かしましょう。

湯船につかったままだと快感はあっても射精まで達しづらいのでまったり挿入を楽しむのに最適ですよ。
 

普段できない体位でプレイする

 お風呂では立ちバックが基本と言いましたが、立ったままの体位が基本ならさまざまな立位 に挑戦してみてもいいでしょう。

立ちバックのあとに向かい合って対面立位をしてみれはどうでしょうか。少し難易度が高いので女性は壁にもたれて片足を上げて挿入するとスムーズに行えます。

また、力に自信のある男性は壁を使って駅弁を試してみてもいいですね。浴槽のふちで対面座位の状態にして立ち上がるか、対面立位で片足を上げた状態からもう片方を持ち上げる方法がやりやすいでしょう。

関連記事はコチラ▼▼

お風呂エッチは終わったあとにまったりする時間があります。

お風呂ならエッチで疲れた身体もリラックスさせることができるので後戯もしっかり楽しみましょう。
 

湯船に入って2人でお話

エッチに時間をかけた場合は浴槽のお湯がぬるくなっているので少しお湯を足して、会話をしながらエッチで疲労した身体と日ごろの疲れを癒します。

もし体力が残っているなら彼の肩や首をマッサージしてあげると喜ばれます。お互いに向かい合って足や手をマッサージし合いながらお話をするのもリラックスできていいですね。
 

温まりながらイチャイチャする

もしお風呂上りに2回戦!という元気があれば次はベッドでエッチできるように、湯船につかりながらイチャイチャするのもありですね。男性はいつ2回戦ができるくらい復帰するには少し時間が必要なので、手でできる前戯で調子を伺うのがいいのではないでしょうか。

もし体調の問題で彼が元気にならなくてもイチャイチャすることでコミュニケーションはとれるので会話を交えながら心身ともにリラックスさせていきましょう。
 

入浴後は彼に髪を乾かしてもらう

髪の長い女性が必ず口にする「髪を乾かすのが面倒くさい」という言葉。ほんとよく聞きます。そんな面倒なことはお風呂エッチをしたあと彼に頼めばすんなり受け入れてくれるはずです。

でもお風呂から上がって、いざ乾かしてほしいときに頼むとタバコを吸いたかったり休憩をしたかったりして彼も面倒に感じてしまうかも。

できればエッチが終わって湯船に浸かっているときに「今日はお風呂で疲れたから髪乾かして?」とおねだりしておきましょう!
今回はベッドでのエッチでは得られないお風呂エッチの魅力をご紹介しました。お風呂エッチを存分に楽しむ方法を知っていただけたのではないでしょうか。慣れた相手とのエッチはマンネリしがちですが、ベッドからお風呂に移動するだけで違った楽しさを感じることができます。


お風呂エッチは汗をかきやすい夏でも、体を温めたい冬でも季節問わずメリットが多いです!エッチ後の片付けや汚れも気にしなくていいお風呂で楽しいエッチ、ぜひ試してみてくださいね!(ちーすん/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事