アイコン 感度UP!パイパンでセックスするメリットが凄すぎた

2021.09.28

感度UP!パイパンでセックスするメリットが凄すぎた

あなたは「パイパン」という言葉を知っていますか?「もちろん知っている!」という人も「名前だけは聞いたことがある!」という人も、パイパンに興味があるからこそ、この記事にたどり着いたのではないでしょうか。

パイパンにしたいけれど、これまで一度もパイパンにしたことがないため、実際にやってみたらどんな感じになるのか気になる女性もいるかもしれませんね。パイパンでセックスをすると最高に気持ちいいという噂もあるため、パイパンでのセックスに興味津々の女性もいるでしょう。

この記事では、そもそもパイパンとはどういう状態のことをいうのか、パイパンにするとどうなるのかなど基本的な知識を踏まえたうえで、パイパンでセックスするメリットやデメリット、注意点をご紹介します。パイパンにする方法についても詳しくお伝えしますので、興味のある方はぜひ参考にしてくださいね。
パイパンがどんなものなのかを知ると、パイパンへの理解が深まるかと思います。まずはパイパンがどのようなものなのか、最近のパイパン事情とともにご紹介していきたいと思います。

陰毛がない女性器のこと

パイパンとは、一言で簡単に言えば陰毛(アンダーヘア)がない女性器のことです。通常、大人の性器にはアンダーヘアが生えていますよね。剃毛処理や脱毛処理など、とくに何もしなければ、大人の性器にはアンダーヘアが生えているものです。そのアンダーヘアを何らかの方法でなくした状態をパイパンと呼びます。

Vゾーンと呼ばれる恥丘のあたりから、膣の入り口であるIゾーン、お尻の穴の周りのOゾーンまで、全くアンダーヘアがない状態をパイパンと呼ぶのですが、どうしてそのような呼び方になったのか疑問に思いませんか?この呼び方は、どうやら麻雀の専門用語から来ているようです。

麻雀の牌(ハイ)の中には、絵柄も文字も書かれていない真っ白な牌があります。この白牌を中国ではパイパンと呼んでいることから、アンダーヘアがないツルツルの女性器をパイパンと呼ぶようになったそうです。パイパンという言葉がもともとは麻雀用語だったなんて、びっくりですよね。
 

最近では男性器においても使われる

このパイパンという言葉、はじめはアンダーヘアが全くない女性器のことを指していたのですが、いつしか男性器においても使われるようになってきました。「パイパン女性」「パイパン男性」などの呼び方があるように、パイパンという表現は男女どちらにも使える言葉になってきているようです。

女性と同じようにアンダーヘアをきちんと処理している男性が増えてきているということでしょう。
 

清潔感や美意識の向上で増えてきている

VIO脱毛と言って、エステサロンや美容クリニックなどで女性器周りを脱毛をする女性は年々増えているようです。パイパンではなくても、アンダーヘアの量を少なくしたり長さを短くしたり、何らかの処理をしている女性は多いでしょう。

アンダーヘアの処理がスタンダードになってきた理由のひとつには、清潔感があることが挙げられます。アンダーヘアがある状態だと、蒸れて臭いが気になったり、生理やおりものの汚れが気になったりなど、衛生面でいろいろなデメリットがありますが、パイパンだとそのような悩みから解消されるのです。

また、もうひとつの理由は見た目の美しさです。アンダーヘアのない状態の女性器はツルツルすべすべでとてもスッキリして見えます。欧米のモデルや女優などはパイパンが当たり前だということもあり、美意識の高い女性は彼女たちを真似て取り入れている可能性もあるでしょう。
 

男性はパイパン好きが多い

某エステサロンがアンダーヘアの人気の形について男女それぞれにアンケートを行ったところ、実際にパイパンにしている女性が11%であるのに対し、パイパンにしてほしいという男性は24%という結果になったそうです。これは、実に4分の1の男性が女性にパイパンを望んでいるということです。

ちなみに、男女ともにパイパンよりも支持率が高かった逆三角形のアンダーヘアは、女性の支持率が50%、男性の支持率が30%という結果になっています。女性にはパイパンよりも圧倒的に逆三角形のアンダーヘアのほうが人気ですが、男性の場合はパイパンの支持率と逆三角形の支持率にそれほど大きな違いは見られませんでした。

以上の結果から分かることは、逆三角形のアンダーヘアのほうが男女ともに好感度が高いですが、男性にとってはパイパンも逆三角形のアンダーヘアと同じくらい好ましいということのようです。
そもそもパイパンとはどういう状態のことをいうのか、パイパンという言葉の由来や意味について簡単にお伝えしました。また、パイパンに対する男女の意識など、まずは基本的なことをご紹介しましたが、やはり一番気になるのは実際にパイパンにするとどうなるのか?ということでしょう。

いくら男女ともに支持率が高いからと言って、予備知識ゼロでいきなりパイパンにしてしまうのは勇気がいるものです。パイパンにしている女性、もしくはパイパンにしたことがある女性の意見や感想も知っておきたいですよね。

そこでつぎは、パイパンにするとアンダーヘアがある場合とどこがどう変わってくるのか、客観的な事実をご紹介したいと思います。
 

陰毛が部屋に落ちていることがなくなる

アンダーヘアの処理をしていない場合は、陰毛と見られる縮れ毛が部屋に落ちていることがよくあるのではないでしょうか。「どうしてこんなところに!?」というような場所に落ちているのが陰毛です。

また、お風呂に入ったときも抜けた陰毛が浮いてきて不快な気持ちになったことがある女性も多いのでは?入浴剤を入れているときはあまり目立ちませんが、何も入れていないときは気になってしまいますよね。

自分が入った後のお風呂に次の人が入る場合も、陰毛が浮いていないかチェックしなければいけませんし、何かと気を遣う存在であることには間違いありません。

その点、パイパンにすれば上記のようなことが一切なくなるので、不快な気持ちになったり余計な気苦労をしたりする必要がなくなります。不思議なもので、アンダーヘアがないというだけで気分的にゆとりすら出てくるのです。
 

女性器の臭いが改善される

パイパンに限らず、アンダーヘアの処理がほかの部分の脱毛と同じようにスタンダードになってきた背景には、清潔感を意識する女性が多くなってきたことが挙げられます。

それは、女性側の意識が向上したというだけでなく、アンダーヘアがあると女性器の臭いがキツくなるという情報がメディアを通して周知されたためでもあるでしょう。

実際に、アンダーヘアを全く処理していない場合とパイパンの場合とでは、同じ女性でも女性器の臭いに差が出てくることがあるようです。とくに膣の入り口であるIゾーンやお尻の穴の周りのOゾーンにアンダーヘアが生えていると、排尿や排便のときにアンダーヘアに尿や便がついてしまい、ウォシュレットで洗っても臭いが取れないことも。

一方、パイパンの場合は、排尿や排便をする度にウォシュレットで洗い流せば臭いが残ることはほとんどありません。髪についたタバコの臭いや焼き肉の臭いがなかなか取れないのと同じで、アンダーヘアについた臭いは取れにくいということなのです。
 

オシャレな下着を身に付けられる

彼氏とのセックスのために、オシャレな下着やランジェリーを新調したことのある女性は少なくないでしょう。いわゆる勝負下着と呼ばれるものですが、このような下着は女性らしい華奢さと可憐さを表現するために繊細な作りになっているものが多く、どうしても肌につける面積が小さくなりがちです。そのため、アンダーヘアを処理していない場合、陰毛がはみ出してしまう可能性が高くなります。

ですが、パイパンの場合はアンダーヘアのはみ出しを気にすることなくオシャレな下着を身に付けることができます。いつどのような状態でも見た目の美しさを気にする美意識の高い女性にとって、パイパンは絶対に必要不可欠な身だしなみとも言えるものなのです。
 

慣れるまでは少し違和感がある

これまで一度もアンダーヘアの処理をしたことのない女性にとって、パイパンにすることはかなり勇気がいることだと思います。パイパンでなくても、Vゾーンを整えただけでも慣れない場合は少し違和感を感じることもあるのではないでしょうか。

まず、パイパンにすると見た目が大きく変わります。パイパンの状態に慣れるまでは、トイレに行く度、お風呂に入る度、それからセックスをする度に、自分のツルツルすべすべのアソコを見てギョッとしてしまうかもしれません。

それから、肌に触れる下着の感触なども、パイパンの場合とアンダーヘアがある場合とでは大きく変わってきます。パイパンになる前は、アンダーヘアというクッションがあったために下着が直接触れることがなかったわけですが、そのクッションがなくなったことで女性器と下着が直接触れることになるのです。いつもと違う感触に慣れるまで少し違和感を感じてしまうでしょう。
 

定期的なケアが必要になる

アンダーヘアを全く処理していない場合は、とくにケアをせずにそのままの状態で過ごしていても何か気になるところは出てこないのが普通です。ですが、一度アンダーヘアをまっさらに処理してしまったら、定期的なケアが必要になります。

髪型の場合でも、ロングヘアよりもショートヘアのほうが美容院に行く回数が多くなるということがよく知られていますが、それはアンダーヘアの場合も全く同じです。永久脱毛していない限り毛周期に合わせて陰毛が生えてくるので、パイパンの状態を維持するためには定期的に脱毛や除毛の処理が必要になります。

アンダーヘアを処理してパイパンにしたにもかかわらず、その後のケアを怠ってしまうと、見た目にもみっともなく、生え始めのときはチクチクして不快感を感じてしまう恐れも。そのため、アンダーヘアのケアをすることを面倒に感じてしまう人は、パイパンの状態を維持することが難しくなるかもしれません。

関連記事はコチラ▼▼

パイパンに興味がある女性もパイパンにしようかどうか迷っている女性も、気になるのはやっぱりパイパンにしたときの男性の反応やセックスのときの気持ち良さではないでしょうか。これまでアンダーヘアがある状態でしかセックスをしたことのない女性は、パイパンでセックスをするとどのような感じになるのか、とても興味があると思います。

パイパンでセックスをすると快感が何倍増しにもなるという話を聞いたことはありませんか?この記事を読まれている女性の中には、そのような話を聞きつけてパイパンにしてみようか考え始めた人もいるかもしれませんね。

せっかくセックスをするなら、誰だって快感が大きいほうが良いに決まっています。それがパイパンにするだけで叶えられるのなら、やってみる価値はありそうです。そこでつぎは、パイパンでセックスをするとどのようなメリットがあるのかご紹介したいと思います。
 

清潔感があるためクンニしてもらいやすい

女性への愛撫として大きな快感をもたらしてくれるクンニですが、クンニは好きな女性と嫌いな女性にハッキリ分かれやすい愛撫でもあります。女性器を舐められることで得られる気持ち良さにハマってしまう女性と、女性器を見られたり舐められたりすることに恥ずかしさや抵抗を感じてしまう女性に大きく分かれるようです。

クンニされるのが嫌いというわけではない女性でも、羞恥心や抵抗感があるために苦手意識をもっている女性は少なくありません。その理由として考えられるのが、アンダーヘアがあることによる見た目の悪さや、アソコの臭いや汚れです。

アンダーヘアが剛毛だったり毛量が多かったりすると、女性としてはやっぱり恥ずかしいもの。とくにクンニは間近でアソコを見られることになるため、抵抗を感じるのです。また、アンダーヘアについた臭いや汚れも気になりますよね。好きな男性に「臭い」「汚い」と思われてしまうことだけは何としてでも避けたいものです。

その点、パイパンの状態であれば剛毛であることや毛量が多いことなどが気になることはありません。それから、アソコの臭いや汚れの悩みについてもだいぶ軽減されるはずです。見た目にも感覚的にもパイパンは清潔感があるため、クンニをするほうはもちろん、される女性のほうも抵抗なく楽しむことができるのです。
 

性器同士の密着度が高い

アンダーヘアがある状態でセックスをするのとパイパンでセックスをするのとでは、性器同士の密着度に大きな差があります。

セックスでの挿入時、アンダーヘアがある場合はお互いの肌と肌との間に障害物をワンクッション挟むことになりますが、パイパンの場合はそのような障害物がないため性器同士の密着感をより強く感じることになるのです。

パイパンでセックスをすると、ピストン運動に合わせてアソコの皮膚が男性の皮膚と擦れ合う感触を直に感じることができます。そのため、セックスの体位としてオーソドックスな正常位をしているだけでも、これまで感じたことのない快感が襲ってくるのです。

アンダーヘアがないというだけで性器同士の密着度が高まり、それによって挿入時の快感も倍増するのですから、これは大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。
 

パイパン好きの男性は興奮が止まらない

実に4分の1近くの男性が女性のパイパンを望んでいるということはすでにご紹介しましたが、このようなパイパン好きの男性にとって、ツルツルすべすべのアソコをもつ女性とセックスをすることは大きな興奮材料になります。パイパンは好きだけど、そのような女性とセックスをしたことがない男性は、女性のパイパンを見た瞬間に興奮のボルテージが一気に上がってしまうでしょう。

パイパンにしている女性もまた、興奮する男性の姿を見てうれしいような気恥ずかしいようなくすぐったい気持ちになるため、男性だけでなく女性自身も興奮度が高まっていきます。

自分のパイパン姿を見て男性が興奮したり喜んでくれたりしたら、「パイパンにしてみて良かった!」と心から思うはずです。お互いに興奮し合うことができるというのも、パイパンにすることで得られるメリットでしょう。
 

毛が邪魔しないため刺激されると気持ち良い

デリケートゾーンと言われるように、アソコの皮膚はとても薄くて敏感です。そのデリケートな場所を保護するためにアンダーヘアが生えてくるわけですが、パイパンにすると陰毛が邪魔しなくなるため、愛撫やセックスの刺激によって想像以上に気持ち良くなることができるのです。

これまでアンダーヘアに覆われていたデリケートゾーンがパイパンにすることでむき出しになり、些細な刺激にも敏感に反応するようになります。セックスのときにかく汗や、膣から溢れ出してくる愛液などがアンダーヘアに吸着されることなくダイレクトにアソコの皮膚へ広がるため、ちょっとした接触にも驚くほど反応してしまうのです。

また、アンダーヘアがないことで肌がツルツルすべすべの状態になり、挿入時の滑りも良くなります。スムーズな挿入となめらかな動きでピストン運動ができるため、ストレスを感じることなくセックスができるというのも魅力です。
 

愛液が滴る

アンダーヘアがあるときはセックスのときにアソコが愛液で濡れてきても、ポタポタと滴るまでにはなりません。それは、Iゾーンに生えている陰毛が愛液のほとんどを吸着してしまうためです。セックスのときに愛液が滴らないのは、アンダーヘアのおかげだと言えるでしょう。

それがパイパンになると愛液を吸着するものがなくなるため、膣の入り口からIゾーンを伝ってOゾーンまで滴るようになります。仰向けに寝た状態で愛撫をされると、シーツのお尻のあたりに愛液の大きなシミができることも。溢れ出した愛液が行き場をなくして滴るのは、パイパンだからこそなのです。
 

マンネリ化の改善に繋がる

男性は視覚から興奮を覚える生き物です。周りが真っ暗な状態でのセックスよりも明るい場所でのセックスを好むのは、視覚的な興奮を得たいからと言えるでしょう。女性の体や表情、セクシーな下着やポーズまで、さまざまな視覚的刺激から興奮度を高めていくのが男性なのです。

ですが、アンダーヘアが生えていると女性器が陰毛に隠れてしまってよく見えません。そのため、クンニや愛撫のときに女性器を見て興奮したくても、それが叶えられないことがあるのです。

一方、パイパンにしている女性のアソコにはアンダーヘアがないので、女性器が丸見えです。通常ならなかなか見ることができない部分をじっくり観察することができるため、男性の興奮度が高まります。そのため、マンネリ化の改善にも役立つと言えるでしょう。
ご紹介してきたように、パイパンでセックスをすると女性にとっても男性にとってもさまざまなメリットがあるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

ですが、何事にも良い面と悪い面があるように、パイパンでセックスをする場合にもデメリットが存在します。パイパンでのセックスが気持ち良さそうだからといって安易にパイパンにしてしまうと、思いもよらないデメリットに後悔してしまうことがあるかもしれません。

そうならないためにも、パイパンにする前にはデメリットもしっかり知って理解しておくことが必要です。つぎは、パイパンでセックスするときのデメリットや注意点をお伝えします。
 

剛毛好きだと萎えられる

某エステサロンのアンダーヘアについてのアンケートで、4分の1の男性がパイパン好きだということが分かりましたが、逆に言えば4分の3の男性はパイパンが好きではないか、あまり良い印象をもっていないと考えられます。人の好みはそれぞれなので、パイパン好きがいればパイパン嫌いがいてもおかしくはありませんよね。

セックスをする相手の男性がパイパン好きであれば何も問題はありませんが、パイパンが好きでなかったり、むしろ剛毛のほうが好きだったりする場合は、パイパンを見せることで萎えられてしまう可能性もあります。

男性は視覚的に影響を受けることが多いので、なるべくなら男性の好みに合わせたいもの。男性をガッカリさせたくない場合は、男性の意見も取り入れたうえでパイパンにするかどうか考えることをおすすめします。
 

毛のガードがないため荒れる可能性がある

アンダーヘアは、皮膚が薄くて敏感なデリケートゾーンを保護するために生えています。皮膚が薄いということは水分を蓄える層が薄いということでもあるため、乾燥しやすい部分だと言えます。アンダーヘアがあるときはそれほど乾燥を感じなかった女性も、パイパンにすることで乾燥を感じてしまうことも多いようです。

また、パイパンの状態を維持するためのこまめな脱毛や除毛によって、皮膚の表面が細かく傷つき肌荒れを起こす恐れも。アンダーヘアという陰毛のガードがないため、その分肌が受けるダメージが大きくなるのです。

デリケートゾーンの肌荒れが気になる場合は、デリケートゾーン専用のソープで優しく洗い、保湿ローションでしっかり潤いを補ってあげるようにするといいですね。
 

生えかけはみっともない

パイパンにすることで最も大変なことは、ツルツルすべすべの状態をキープし続けることでしょう。永久脱毛でもしない限り、アンダーヘアはずっと生え続けます。

パイパンにしたばかりの頃は無毛状態になるため見た目がキレイですが、毛周期に合わせて日々陰毛が生え始めます。生えかけの状態の陰毛は見た目が良くないため、その都度こまめなケアが必要になるのです。

みっともない状態のアンダーヘアを許せる女性はいいですが、ほとんどの場合はそうではないでしょう。見た目の美しさを維持するために頻繁に脱毛や除毛を行うことができない場合は、パイパンを続けるのが難しいかもしれません。
 

エロい女と思われてハードルが上がる

「アンダーヘアはあって当然のもの」と思っている男性はまだまだ多いものです。一方、AVにはパイパン女性が登場してくることがよくあるため、パイパンに対して何となくエロいイメージをもっている男性も少なくないでしょう。

そのため、このようなイメージをもっている男性がパイパンの女性を見たら、エロい女だと思われてセックスのハードルが上がる可能性があります。
 

風俗嬢だと思われる

風俗嬢はパイパンであることが多いことから、アンダーヘアを処理していることで風俗嬢だと思われてしまう恐れもあります。

また、清楚だと思っていた女性がパイパンだと知って、ギャップを感じてしまう男性もいるでしょう。清楚なのは見た目だけで、もしかしたら遊び慣れているのではないかなど、良からぬ妄想を抱かれてしまうリスクもあるのです。

関連記事はコチラ▼▼

パイパンにするとどうなるのか、メリットやデメリットについて見てきましたがいかがでしたか? とくにパイパンでセックスをする場合の魅力を考えると、デメリットよりもメリットのほうが大きいと感じた女性も多いのではないでしょうか。

ですが、いざパイパンにしようと思っても、どのようにしてアンダーヘアの処理をすればいいのか分からないという女性もいるでしょう。そこで最後は、パイパンにする方法についてご紹介したいと思います。
 

自分で剃る

最も手軽で簡単な方法が、自分で剃ってパイパンにする方法です。カミソリや電気シェーバーを使って自分で行うことができるため、経済的ですし時間もかかりません。ですが、デリケートな場所だけに、女性器を傷つけないように細心の注意が必要です。
 

脱毛サロンに通う

自分で処理することに不安を感じる人は、脱毛サロンに通うのがおすすめです。何回か通う必要があり、高い費用がかかってしまうこともあるため、コストの面ではデメリットが大きいですが、専門の知識と技術をもったプロが脱毛処理を行ってくれるので満足できる仕上がりになるでしょう。
 

家庭用脱毛器を使う

脱毛サロンに通うのは恥ずかしいものの、同等の仕上がりを求めるなら家庭用脱毛器を使ってみましょう。多少手間はかかりますが、時間をかければ思い通りのキレイなパイパンに仕上げることができます。毛周期に合わせてこまめに処理を行うことで、ツルツルすべすべの状態をキープすることができるでしょう。
 

ブラジリアンワックスで抜く

仕上がりのキレイさで一押しなのが、ブラジリアンワックス脱毛です。アンダーヘアにワックスを塗り、乾いたら一気に剥がすことで毛根からキレイに脱毛することができます。セルフで脱毛できるうえ見た目にも美しい仕上がりになるため、パイパン処理としては最もおすすめな方法と言えるでしょう。
 

除毛クリームを使う

アンダーヘアを剃ったり抜いたりするのは、デリケートな肌を傷つけてしまいそうだから嫌だという女性もいるでしょう。そんな人におすすめな処理方法が除毛クリームです。

ツルツルすべすべの状態にすることは難しいですが、刃物で肌を傷つけてしまうリスクがありません。敏感肌の人は成分によって肌荒れを引き起こす可能性もあるので、使用する場合はパッチテストを行うことをおすすめします。  
パイパンでのセックスにはメリットのほかデメリットもありますが、総合的に考えると魅力のほうが大きいのではないでしょうか。見た目に美しく清潔感があり、そのうえセックスでの快感が何倍にもアップするのですから、一度試しにパイパンにしてみるのもいいかもしれませんね。

あなたもぜひこの記事を参考にして、清潔感と快感に満ちた気持ちいいセックスを楽しんでください。(ちーすん/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事