アイコン セフレとの旅行ってどうなの?魅力やメリット・デメリットを教えます!

2020.07.24

セフレとの旅行ってどうなの?魅力やメリット・デメリットを教えます!

セフレという関係性が浸透してきた今、「セフレ」とすることの幅も広がってきました。

単にセックスだけをして性欲を解消して解散、だけではなく、お互いが行きたいところに一緒に行く、食べたいものを一緒に食べに行く、セックスなしでお昼だけ会う……。いうなれば同性の友達のような感覚でセフレと会っている人が増えています。

しかし同性の友達とすることをセフレとするとなると、どこまでを一緒にするのかの線引きが難しくなってくるのではないでしょうか。そこでこの記事では、セフレとの旅行について考え、話を掘り下げてみたいと思います。セフレと旅行に行くメリットやデメリット、注意点などについてご紹介します。
まずはセフレと旅行をする魅力です。普段はセックスをするためにラブホテルやどちらかの家に泊まっているかと思いますが、旅行にいくことで何か違いが生まれるのでしょうか?

全国のラブホ巡りができる


セフレと旅行をすると普段使っている行きなれたラブホではなく、各地のラブホに行くことができます。最近のラブホは多種多様、色んなサービスがあったりお部屋の内装にもこだわっていたり楽しめるポイントがたくさんあります。

ラブホは旅館に泊まるより料金が安いのもポイントで、1泊1人あたり1万も出せば広いお部屋とお風呂のリッチなラブホに泊まることができますよ。

会話が盛り上がるので楽しい


旅行先では会話に困ることがありません。どんなにマンネリ化した関係でも、道中のお弁当や高速のサービスエリアで食べる軽食、見慣れない景色、綺麗な絶景スポットなどさまざまな会話の材料が常に提供されるので、会話が途切れず続きます。

人は非日常な環境では気持ちが開放的になり、普段は話さないような本音や思い出さないような昔話なども話してしまいまうため普段より会話が弾むこと間違いなしです。

いい思い出になる


セフレとは思い出に残るようなことをする機会はあまりないと思います。毎週会っていても、夜ご飯を一緒に食べてホテルに行って朝に解散、といういつも同じルーティン。2人でプランを立てて旅行を楽しむことで、今までにはなかった良い思い出が作れます。

セックスも旅行も楽しめる


旅行の夜ってなんだかワクワクしますよね。同性の友達と行く旅行と違うところはセフレとの旅行であれば夜にセックスが待っていることです。

旅先で美味しいご飯を食べてお酒を飲んで、温泉に入った後でまったりセックスをする。いつもと違う非日常の空間でするセックスは最高のセックスになるでしょう。

友達と行けないような所へ行ける


友達との旅行だと、いかにもなデートスポットにはいきづらいですよね。ですがセフレとの旅行だと、外見はカップルに見えるのでデートスポットに行くのにはうってつけです。

カップル割がある施設もあったりするのでお得に楽しめる場所もあります。せっかくなのでカップルらしくお揃いのものを身につけたり、コーデの雰囲気を合わせてみたりすると楽しく過ごるのではないでしょうか。

すでにセフレとの旅行する魅力をたくさんご紹介しましたが、ここからはセフレと旅行をすることで得られるメリットについてご紹介します。

関係性が深くなる


旅行をしている間はずっと2人きりです。長時間一緒に過ごすことで自然と関係性は深くなるため、セフレと心の距離を縮めたい人にとって旅行はかなりおすすめです。

会話も盛り上がり、相手の知らなかった一面が増えれば、旅行が終わる頃には今までよりも濃い関係になることは間違いないですね。

休みを満喫できる


せっかくの休みなのに、いつものセフレといつものご飯にいってラブホテルコースでは面白味がないですよね。どうせなら休みがないとできないないようなことをして、休みを満喫しましょう。

いつも通り過ごす休日と旅行をする休日とでは満足度に大きな差があるはずです。日帰りではいけないような遠くにいけるのも、泊まりの旅行の魅力ですよ。

遠出すればバレる心配がない


セフレとの関係を隠している場合や、お互いに恋人がいる場合、近場でのお出かけよりもいっそのこと遠出してしまった方がバレる可能性も少なくなります。周りの目を気にしながらコソコソとデートするよりも、堂々と手を繋いで楽しめるデートの方がいいですよね。

万が一知り合いに姿を見られても「まさかね、見間違いかな?」と思ってもらえる可能性も高くなりそうです。

本命に近づける可能性がある


セフレの本命を狙っている人は旅行もチャンスのひとつとなります。相手の知らない一面を見ることができるのと同時に、自分の新たな一面も相手に見せることができます。さりげない気遣いや、女の子らしい一面をアピールすることで本命に近づけるかもしれません。

旅行は親密度が低い人とだと、イラッとしたりモヤモヤすることが残ったりします。そういったことがなく旅行を終えることができれば、彼から「この子と一緒にいるのは楽だな」と思ってもらえるかもしれません。そうすれば、本命へ一歩近づくことができます。

男性がお金を出してくれたら格安で観光できる


羽振りのいいセフレであれば、旅行の代金を出してくれる可能性があります。旅行代全額とはいかなくても、お昼ご飯や夜のお酒代、お土産、観光中の軽食など、何かしらでお金を払ってくれる場合もありますね。そうなれば女性は格安で旅行ができることになります。

旅行に行くセフレは、羽振りのいいセフレを選びましょう。旅行代を出してもらったら、お返しにコーヒーやアイスなどの軽食を払うなど、感謝の気持ちを表すようにするといいですね。

よりセックスで感じられるようになる


ホテルに着く前には手を繋いだり隣に座ったりなどの軽い接触しか出来ないため、旅行を楽しんだ後の夜のセックスはとにかく盛り上がります。いつもは会えばセックスをする相手が横にいるのに何もできない焦らされ具合で、夜への期待はお互いに高まっている状態。

ホテルについたらすぐにセックスをしてしまうのもありですが、せっかくならご飯も食べて温泉にも入って、ピークまで期待値を高めてからセックスをすると最高のセックスができると思います。

関連記事はコチラ▼▼

もちろんセフレとの旅行は良いことばかりではありません。基本的にはメリットの反対にはなるのですがデメリットもご紹介します。

本気になってしまいがち


セフレだったはずの相手に本気になってしまわないように注意が必要です。旅行中という非日常な空間で、相手の今まで見えなかった部分が見えて好きになってしまう可能性も否めません。相手はあなたの彼氏として旅行に行っているわけではなく、あくまでもセフレとして旅行にいっていることを忘れないようにしましょう。

疲れてセックスできない可能性がある


旅行は思ったより体力を使うものです。アウトドアなプランではなくゆっくり観光をするコースでも実はかなり歩いていた、なんてこともあります。

ホテルに着いた瞬間に疲れがどっと襲ってきて、夜のセックスまで体力が持たないことも十分考えられるのです。車での移動が多かった場合でも、運転にはかなり神経を使うので、体を動かしていなくても後から疲労が溜まっていることに気付いたりします。夜のセックスを考慮したプランを考えておきましょう。

休みをセフレに費やすことになる


セフレにそこまで気持ちを入れ込んでいないパターンだと、大事な休みを丸々使ってしまう旅行にはあまり行きたくないですよね。

セフレと一緒にいるのがすごく楽しかったり、セフレのことが好きな場合はずっと一緒にいるのが苦ではなくむしろ楽しめますが、あまり乗り気でないのであればサクッと断ったほうが休みを有効に使うことができます。

相手の悪い部分が見える

旅行では新しい一面が見える、と前述しましたが、新しい一面がプラスになるものばかりではありません。普段あまり見えなかった相手の嫌な部分が見えてしまい、幻滅してしまうこともあるのです。

とくに疲れた時は素が出やすいので注意が必要です。彼だけではなく、あなたの悪いところが見えてしまうのも肝に銘じておきましょう。

本命がいるとバレるきっかけになる

お互い、またはどちらかに本命の相手がいてセフレ関係を隠している場合、旅行に行くことはかなりリスキーな行為です。いくら本命の相手に嘘の予定を伝えても、いつもの返事のパターンと違ったり、電話に出られなかったりなど、些細なことから怪しまれる可能性があります。

その旅行の間バレなくても、ふとした時に写真を見られたりすることで、旅行に行っていたことがバレる可能性があります。「友達と旅行に行く」という嘘をつくことは、写真を見せてと言われたらすぐにバレてしまうので控えたほうがいいでしょう。

旅行に行くこと自体を隠し「土日は親戚の家に行く」など、家族関係の嘘でごまかすとバレにくいです。
最後にセフレと旅行する際の注意点についてです。旅行は誰と行っても問題が起きやすいため、喧嘩やトラブルを避けられるように旅行に行く前から注意するべきことを意識しておきましょう。

旅館に泊まる際は激しいセックスNG


旅館はラブホテルではありません。セックスすることを前提に泊まるラブホテルとは違い、ゆっくり温泉を楽しみに来ている夫婦や家族連れ、友人同士などさまざまな人が泊まりに来ます。セックスをするのは個人の自由なので構いませんが、声は抑えるのがマナーですね。

ラブホ街を事前に調べておく


旅館ではなくラブホに泊まる場合、あらかじめどのあたりにラブホがあるのか調べておいた方がいいでしょう。一軒だけではいざ泊まれなかった時に困るので、ラブホ街を調べておくほうが無難です。

予約できるラブホがあれば予約しておくのもベターです。夜ご飯はだいたいどのあたりで食べて、どのあたりのラブホに移動するかの流れを考えておくとスムーズに移動できますね。

2人でプランを立てる


旅行は2人で行くものです。ひとりがやりたいことや行きたいところばかりを回るプランを立てると相手は楽しめない上にフラストレーションが溜まってしまい、楽しいはずの旅行が楽しくなくなってしまう可能性があります。

お互いが存分に楽しむために、旅行前にしっかり時間をとってプランを考えるようにしましょう。2人でプランを考えた旅はどちらもが満足感を得ることができるでしょう。

セックスすることを忘れない


お酒を飲みすぎたり疲れがたまりすぎて、セックスをせずに寝てしまうのは絶対にNGです。彼氏との旅行であればセックスをせずに寝てしまうのもアリですが、今回の旅はセフレとの旅行です。

相手もあなたとセックスをすることを目的に旅行に来たといっても過言ではありません。その目的を忘れないように、飲む量をセーブしたり疲れないようなプランで回るようにしましょう。

逆に相手が疲れて寝てしまった場合は夜のセックスは諦め、朝方に起きた時にエッチな雰囲気に持ち込めるようにしましょう。せっかくセフレと旅行にきたのに、セックスせずに帰るなんてもったいないですよ!

全部男性に任せない


「2人でプランを立てる」の項目でもお話しましたが、旅行は2人でいくものです。プランやエスコートを全部男性に丸投げするのもよくないです。物事を決める、ということにはかなりの労力がかかります。

「何食べたい?」と聞かれて「なんでもいいよ」というのは優しさではなく、彼に決定するという労働を押し付けているに他ならないのです。

2人で楽しむための旅行なので、あなたもお店や観光地、行ってみたいところを前もって調べておき、聞かれたら答えられるようにしましょう。
セフレとの旅行は、思っている以上に楽しめるポイントが多いものです。とくに同性の友達との旅行ではセックスは楽しめませんよね。

旅先での美味しいご飯とお酒、気持ちいい温泉の後にセックスも楽しむことができたら、最高の旅行になると思いませんか?セフレとの旅行を今まで考えたことがなかった、という人もこの機会にぜひ計画してみてください。(ちーすん/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事