アイコン イキそうなときに「ストップ!」射精を我慢する男性心理とは

2020.07.19

イキそうなときに「ストップ!」射精を我慢する男性心理とは

手コキやフェラでイキそうになると「やめて、ストップ!」と言ってあなたの手や口を止めてきたり、セックスのとき激しく突いてきて「もうすぐイキそうかな?」と思ったら急に止まって射精を我慢したり……。

気持ちいいなら射精すればいいのに、なぜか射精を先延ばしにする彼。ちょっと不思議ですよね。

いったいなぜなのでしょうか。この記事では、男性がなぜ射精を我慢するのか、その心理を徹底解剖してご紹介します。
セックスって、裸で密着して、キスやハグをして、「好き」「愛しているよ」と言い合って、性器を挿入する、いわばこのうえない愛のコミュニケーションです。そんな濃厚なひとときをもっと楽しんでいたい、もっと愛し合いたい。そんな思いから射精を我慢します。

最近世間を賑わせている某お笑いコンビの多目的トイレ不倫のように、「自分が気持ちよくなればそれでいい」といった愛のないセックスの場合、男性は超短時間でプレイを終えてしまうこともあります。

射精を我慢しているのは、それだけあなたのことを愛しているからというひとつの目安ともいえるかもしれません。
なかなか射精せず、挿入する角度や体位を細かく変えてくる場合、「彼女にもっと気持ちよくなってほしい、よろこんでほしい」なんて心理がそこにはあるのかも。

「彼女の気持ちいいところはどこだろう、どんな体位が好きなんだろう」というふうに、もっと彼女によろこんでもらいたいという献身的な思いから、射精を我慢していろいろな挿入角度と体位を試しているのです。
彼女に対する愛情のほか、自分自身の快楽のために射精を我慢するケースもあります。イクのを我慢すると、射精したときの気持ちよさが増す傾向があります。

わかりやすい例をひとつご紹介します。たとえばダイエットをしていて、何週間もスイーツを食べずに我慢しているとします。いつも頑張っているご褒美として「今日は我慢せずに食べよう!」という状況で食べるスイーツっていつも以上においしいですよね。

このように、射精も我慢したぶん、いつも以上に気持ちよくなるのです。最高に気持ちよく射精したい。そんな快楽を求めて我慢するのです。

余談ですが、セックスだけでなく、オナニーをするときにも我慢して快感を高めている男性もいます。なかには一発のオナニーに何時間もかける人もいます。

関連記事はコチラ▼▼

普段一緒にいるときにはなく、セックスのときだけ見られる強烈な魅力があり、それを楽しみたいから射精を我慢するなんてこともあります。

たとえば、「普段はあんまり甘えてくれないけど、セックスのときだけたくさん甘えてくれる。そのときの仕草や甘い声がすごくかわいい」とか「感じている顔がとにかくかわいい」などが挙げられます。

「こんなに早くイッてしまったら早漏だと思われてしまうんじゃないか……」なんて不安から、射精をできるだけ我慢する男性もいます。

女性にとってはたいして気にならないことかもしれませんが、早漏や遅漏って男性にとってはものすごく深刻な問題です。そういった射精に関するトラブルが彼女に悟られてしまうのは、ものすごく恥ずかしいことなんです。

なので、もしそう思ったとしても、「あなたって早漏だよね」なんて言わないであげてくださいね。
たとえば夜更かししているとき、「数十分前は眠かったのに、眠気のピークをこえてしまい目が覚めてきた」なんて経験ありませんか? これと同様、セックスの最中の「射精しそう!」という気持ちは、ピークをこえると途端に大人しくなってしまうことがあります。

セックスの最中、「そろそろ射精しそうだけどまだ楽しんでいたいから一旦我慢しよう」というふうに一度我慢してしまうと、眠気のピークをこえて眠れなくなってしまうように、なかなか「射精しそう!」という波が訪れずイケなくなってしまうのです。

彼がセックスでなかなかイッてくれないのって、「私の膣内ってそんなに気持ちよくないの……?」なんて思ってしまう女性もいるでしょう。

そのような誤解を生まないため、男性は「なかなかイケない」のではなく、「めちゃくちゃ気持ちいいけどあえてイクのを我慢している」というのを装うのです。

「射精しそうな波を我慢してしまいイケなくなってしまったい」なんて素振りは見せませんが、内心「ヤバい、イケないどうしよう」なんて焦っていることも。 

関連記事はコチラ▼▼

先ほどご紹介した「射精の波を逃してしまいイケない」どころではなく、そもそも遅漏でなかなかイケないなんてことも考えられます。

「私ってそんなにガバガバで気持ちよくない?」なんて彼女に思わせないため、あくまで「射精しそうだけどまだ楽しみたいから我慢する」というのを装っています。

すでにお伝えしましたが、男性にとって射精に関するトラブルは非常にセンシティブな問題のため、「あなたって遅漏だよね」なんて言わないであげてください。

もし言ってしまった場合、「そうなんだよ~いやごめんね~」なんて明るく応えてくれるかもしれません。しかし、内心ものすごく傷ついているかも。不用意に触れないほうがいいでしょう。
射精を我慢する理由のなかには、「最後のセックスだから」という非常に悲しい理由もあります。

どういうことかというと、彼の頭の中ではすでに「もうこの子とは別れよう」と決めていて、でも別れる前に一発ヤリたい。そして今日がヤレる最後の日だから、じっくり味わうため射精を我慢する、という思考。心の中では別れる決意をかためているのに、最後に甘い汁だけ吸いたいというなかなかクズな発想です(笑)。

でも、こんな男性はごく少数と思いきや、実はけっこう多いんです。なかにはそのクズさがバレないよう、セックスした日の直後に別れるのではなく、1~2か月くらい先で別れる段取りまでしっかり考えている、なんて人もいます。
単に彼女のことが好きでたまらないから射精を我慢していることもあれば、「別れる前にたくさん甘い汁を吸ってやる」といったゲスなものまであり、射精を我慢する男性心理はさまざまです。

ひとつ言えるのは、思っている以上に男性はいろいろ考えているということ。男性心理を理解する参考になれば幸いです。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事