アイコン 【初心者向け】どMな男性を責めるSMプレイのやり方

2020.08.04

【初心者向け】どMな男性を責めるSMプレイのやり方

SM。アブノーマルなプレイの代表格ですが、比較的メジャーで、ソフトなものであれば経験したことがある人も多いのでは?

しかし、女性が責める場合、「Mな彼のために頑張りたいけど、どうしたらいいのかわからない」というふうに、立振る舞いがわからず微妙な空気になってしまいがち。

そこで今回、この記事では、初心者でも取り入れやすい責め、身近にあるSMに役立つアイテム、言葉責めのバリエーションなど、女性が責めるSMをいろいろな角度から解説します!

(1)終始敬語を使わせる

触ったり叩いたりする前に、まずは言葉遣いを整えましょう。あなたは強めの語気でグイグイと、そして男性には終始敬語を使わせてください。言葉遣いで上下関係をはっきりさせるのです。

SMのときだけ言葉遣いを変えることで、言葉遣いがSM開始のサインになります。いい雰囲気の中「じゃあ、SMを始めようか」なんて言うのはちょっと野暮ですよね。

言葉遣いをサインにすることで、「彼が敬語になった、じゃあ私は責めよう」「彼女が語気を強くした、責めてくれるんだな。じゃあ敬語で話そう」というふうに、自然な流れでSMプレイに移行することができます。

SMプレイ中は終始言葉遣いを徹底するのをおすすめします。SMの世界に心から没頭するためです。

プレイの最中、相手の手を踏んでしまったり、そういうふとした瞬間に「あ、ごめん」なんてついいつも通りの口調になってしまうこともありますが、そうするとすごく冷めます(笑)。意識して言葉遣いを徹底してみてください。

(2)裸で四つん這い

裸になるのは男性だけです。あなたは脱ぐ必要はありません。「男性だけ裸」という恥ずかしいシチュエーション、しかも「女性に支配されて脱がされている」といった惨めな気持ちも加わり、Mの心に猛烈にヒットします。

(3)手コキとフェラはちんぐり返しをしながら

手コキやフェラをするときって、男性が仰向けに寝るか、あるいは仁王立ちしながらが多いでしょう。女性が責めるSMではM心を満たしてあげるため、脚を上げてちんぐり返しの状態にして責めると良いでしょう。ペニスもアナルも丸見えという強烈な恥ずかしさがMの心を満たします。

(4)馬乗り

仰向け状態の男性の上に乗る、そう、騎乗位の姿勢です。でも、挿入はしていなくてOKで、「女性に乗られている」という体勢だけでも十分Mをよろこばせることができます。

上に乗った状態で乳首をつねったり、唾液を高い打点から相手の口や身体に垂らしたり、手を後ろに回してペニスを雑に掴んだり、といった責め方が楽しめます。

(5)足を舐めさせる

女性にひれ伏すような体勢になるので、体勢だけでもM男にはたまりません。そして「足を舐めるよう命令される」という惨めな思いも加わります。さらに、冷たい目で見下ろしてあげるとより効果的でしょう。

(6)裸でブリッジ

ちょっと変わったプレイですが、裸でブリッジさせるのもおすすめです。絵的にものすごい恥ずかしいですし、どうやってもかっこつかないです(笑)。それにブリッジは筋肉も使うので、体力的にも苦痛を与えることができます。精神的にも体力的にも苦しい、1粒で2度おいしいプレイです。

(7)目隠しや拘束器具を使う

SMの定番であり、しかもローソクやムチとちがって比較的取り入れやすいです。後述しますが、身近なものでも代用できますのでぜひやってみてください。

目隠しや手錠をした状態で手コキやフェラをしたり、挿入したり、あるいはそのまま放置するのもおすすめです。「次にどんなことをされるんだろう……」とか「拘束されているだけでも気持ち良い!」なんて勝手によろこんでくれるのがMです。

関連記事はコチラ▼▼

(1)タオル

目隠しにも、拘束器具としても、ムチとして使うこともできる非常に優秀なアイテムです。

(2)ベルト

拘束器具とムチの代わりになります。ムチとして使う際の注意点ですが、けっこう本格的に痛いので(笑)、力加減には十分気をつけてください。

(3)布団たたき

ムチの代わりに使うことができます。叩いてOK、柄の部分でグイグイ押してもOK、かたい物を叩いて大きな音を出すこともできます。

(4)メイクブラシ

猛烈なくすぐったさを与えることができます。メイクブラシでそっとやさしくくすぐるソフトな責め、ベルトや布団叩きで叩くハードな責め、このふたつを駆使し、緩急をつけてみましょう。

(5)輪ゴム

輪ゴムが身体にパチンと当たるとけっこう痛いですよね。その痛みは十分SMプレイに取り入れることができます。輪ゴムを使うときの注意点ですが、誤って顔に当たらないように気をつけてください。

強く当たると跡が残ってしまう可能性があるので、服で隠せる場所にしましょう。また、万が一目に当たってしまったら危険ですので十分注意してください。

(1)「なんでこんな勃っているの?」


触ってもいないのに勃起しているとき使いたいセリフです。問い詰めるように言いましょう。ちょっと引いているニュアンスや目つきができるとなお効果的です。

(2)「そんな体勢で恥ずかしくないの? 惨めだね」

四つん這いやブリッジといった、恥ずかしい体勢をさせているときに言いたいセリフです。ちょっと小ばかにするようなニュアンスを意識してみてください。

(3)「この変態!」

“変態”という言葉は魔法の言葉です。普通は変態と言われたら嫌ですよね。でもMの男性にはご褒美なんです。

(4)「挿れたいなら、もっと私を気持ちよくさせなきゃダメだよね?」

タダでは挿入させない、焦らしのセリフです。悪いことをした子どもを厳しく叱る、そんなニュアンスで言ってみましょう。

(5)「なに勝手にイッているの?」

射精したあとに言うセリフです。射精後もしっかり責めてあげることで、射精後にくる余韻の最中でもMの心を満たしてあげることができます。

関連記事はコチラ▼▼

ご紹介した内容を駆使すれば、SMの初心者の方も、中級者の方も楽しむことができるでしょう。「SMプレイをもっと楽しみたい!」という人は、タオルやベルトといった代用品ではなく、SM用の拘束器具や目隠しを購入したり、あるいはもっと本格的なSM器具のあるホテルに行ってみるのをおすすめします。いっぱい責めて、M男をよろこばせてあげてくださいね。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連キーワード

関連記事