アイコン ゾクゾク感じる胸のGスポット?「スペンス乳腺」の正体と刺激する方法

2020.11.15

ゾクゾク感じる胸のGスポット?「スペンス乳腺」の正体と刺激する方法

AVなどのタイトルでたまに見かける「スペンス乳腺」という言葉をご存知でしょうか? スペンス乳腺とは、「胸のGスポット」とも呼ばれている女性の胸周りにある性感帯のことです。

そこを刺激して開発してあげると胸全体だけでなく、全身までもが性感帯にすることができるといわれています。実際に胸の付け根を自分で触ったときに「ビクッ」と反応してしまったという経験を持つ女性も多いと思います。

スペンス乳腺を開発して感じるようになれば、セックスライフがさらに盛り上がること間違いなし! スペンス乳腺を刺激するメリットや感じ方、オナニー方法などをご紹介いたします。

・おっぱいの付け根にある性感帯のこと


スペンス乳腺とは脇の下から胸の外側のラインあたりにある部分のことで、別名「おっぱいのGスポット」ともいわれています。胸の付け根辺りを手で押すように刺激していくと少しくすぐったいような気持ちいい部分に当たると思う場所こそがスペンス乳腺なのです。

初めは「くすぐったいだけ」と感じる女性もいると思いますが、触っているうちにだんだんと気持ち良くなってきます。

ちなみに筆者は触られると気持ちいい感触はありますが、イケるというほどではありません。では、なぜAVではスペンス乳腺モノがたくさん発売されているのでしょうか?

・実はAVメーカーが作りあげたウソ?

実は「スペンス乳腺を開発してイキまくる」というのは、あくまでAVの設定として作られたウソなんです。スペンス乳腺もののAVを見ていても、最終的には男優が手でイカせています(笑)。

とはいえ、実際に触ると気持ちいいし敏感な部分でもあるんですよね。AVのように派手にイクことはないけれど、セックス中にスペンス乳腺を触られるといつもよりも身体が敏感になる気がします。とくに乳首を舐められたりしながらの同時責めではさらなる快感が……。

スペンス乳腺の開発をするのは、セックスにおいて決して損ではないはず。ぜひ、セックスにも取り入れていきましょう!
スペンス乳腺を刺激すると、なぜ気持ちよくなれるのかは科学的には解明されていないようです。筆者が思うにはリンパ腺の近くにあるので、マッサージのような快感に近いのではないかと思っています。マッサージも、ただ揉まれているだけでは全然気持ちいいとは思いませんよね。

セックスも同じで、ただ触るだけでなく乳首を舐めてみたりGスポットを刺激したりと自分のツボをしっかりと触ってほしいと思いますよね。つまりスペンス乳腺を刺激しても、その女性のツボかどうかで反応も違ってくるのです。

・くすぐったい

スペンス乳腺を初めて触った女性に多い反応は「くすぐったい」というものです。筆者にはわかりませんが、マッサージをされてくすぐったいと感じる人もいます。

くすぐったいという女性は刺激されることに慣れていないと考えられるので、何度か刺激して慣れさせていきましょう。ただし、人によっては「くすぐったいまま」で終わってしまうこともあるようです。

・仰け反るほどの気持ちよさがある

女性によってはスペンス乳腺を刺激されると「仰け反るほどの気持ち良さがある」と感じる人もいるようです。また、同時に乳首を刺激しながら責めていくとさらに気持ちいいと感じるようです。

ただ触るだけでは感じにくいので、少し強めに押すように刺激してみてください。舌で押すように舐めたり少し吸ってみるのも効果的です。ただし、キスマークが付きやすい場所なので激しく吸うときは女性の許可をとってからにしましょう。

・精神的興奮が高まる

筆者はこのタイプです。少しくすぐったい気もするけれど、どちらかというと興奮もしてきます。また、「早く乳首をなめてほしい」「早くアソコを触ってほしい」という焦らされている気分にもなります。

焦らしテクの1つとしてスペンス乳腺を刺激するのはアリかもしれません。また、挿入中にスペンス乳腺を刺激されるとゾクゾクするような感覚に陥ります。挿入中に触るときは騎乗位など、男性の手が開いている状態でやるとやりやすいでしょう。

・イケることもある

ごくたまにですが、「スペンス乳腺を刺激されてイケることがある」という女性もいるようです。男性でもたまにいますよね。ペニスを一切刺激していないのに乳首だけでイッてしまうというタイプの人。スペンス乳腺を刺激されてイケるという女性はそれほど「レアケース」 なのかもしれませんね。

関連記事はコチラ▼▼

・バストアップに繋がる

スペンス乳腺のある場所は、マッサージするとバストアップ効果が期待されるといわれている「天渓」と呼ばれているツボでもあります。

バストアップマッサージの方法を見ると、スペンス乳腺を開発するときのマッサージ法と非常に似ています。天渓などの胸周辺を愛撫することで血行を促進し、女性ホルモンの分泌を活発にさせることで胸を大きくする効果に繋がるのです。また、女性ホルモンの促進させることで美肌効果なども期待できます。

・前戯の時間が長くなる

エッチの最中に男性に常を胸を触られていると、「早くアソコを触ってほしい……」などゲンナリしてしまうこともありますよね。

男性はオッパイを何時間も触っていられるけれど、女性からしたら少しテンションが下がってしまいことも。しかし、スペンス乳腺が開発されている女性であれば胸を触られることは感じることなので「むしろ触ってほしい」と思うようになります。オッパイ好き男子のためにもスペンス乳腺を開発して、お互い楽しめる前戯を目指しましょう。

・たくさん胸を触ってもらえるようになる

エッチ中に女性の胸をもっと触りたいけれど、触っている間の女性が無反応だと虚しくなる……と考える男性は少なくないそうです。スペンス乳腺を開発させて感じている姿を見せれば男性はもっと触ってくるはず! たくさん触られることで身体中の感度が上がり、さらに気持ちいいエッチにも繋がるはずです。

・スペンス乳腺のAVを知っている男性は興奮する

オッパイ好きな男性ならば、1度はスペンス乳腺開発モノのAVを見たことある経験があるはず。スペンス乳腺の開発は男性にとって憧れであり、挑戦してみたいと思うもの。彼に喜んでもらうために、あなた自身のスペンス乳腺の開発をさせてあげましょう。彼も大興奮になること間違いなしですよ!

・胸だけで感じている姿を見せられる

胸だけで感じるようになるということは前戯が楽しくなるということです。女性の感じている姿を見れば男性はさらにエッチに対して頑張ろうと思います。

また、筆者の知り合いにはスペンス乳腺を開発されたため、「パイズリでものすごく感じるようになった」という女性がいます。

自分が生理のときはエッチはできないけれどローションをつけたパイズリで彼をイカせるだけで自分も気持ち良くなれるといっていました。胸だけでオーガズムを味わえるようになったらそれは最高でしょうね!

・マンネリ化対策になる

スペンス乳腺を開発すると、胸を触られるだけで気持ちよくなります。挿入中に胸を触られたりしたら「全身が感じまくっておかしくなってしまう」と感じる女性もいるのだそう。

いつもと違う感じ方に女性だけでなく男性も満足することでしょう。新たな快感を開発することで「エッチが最近マンネリ……」というカップルの対策にもなりますよ!

関連記事はコチラ▼▼

・優しく愛撫する

まずはスペンス乳腺の場所をしっかりと確認してから行います。優しく手で触り、少しくすぐったいような気持ちいい部分があればそこがスペンス乳腺です。

触ってきているうちにだんだん気持ち良くなってきたら、なぞるように優しく触っていきましょう。また、スペンス乳腺がある場所はリンパ線が多く通っているので強く押すと痛みを感じることがあります。

痛いときは無理をせず、気持ちよくなってくるまで優しく触っていきましょう。痛みが勝ってしまうときはすぐにやめるようにしましょうね。

・ローションを使ってほぐすように撫で回す

ずっと撫でるように触っているのも良いですが、いまいち滑りが悪いと感じるときはローションを使うのもおすすめです。

ローションを付けた手の平や親指を使いながら、スペンス乳腺を内側に円を書くようにグリグリと押し込んでいきます。触っているうちに気持ちいい部分が分かってくるので重点的に責めてみましょう。

指の腹を押し当てるだけでなく、ブルブルと振動させるように刺激するとさらに効果的です。

・膣を玩具で刺激しながらスペンス乳腺を触る

片方の手でスペンス乳腺を刺激することに慣れたら、同時に膣も刺激していきましょう。2つの手を同時に動かすのは難しいと思うので、膣はおもちゃを使って刺激するとやりやすいです。

ピストン式のディルドなど自動に動くおもちゃを使うと、スペンス乳腺だけへの刺激に手が集中できるのでさらにイキやすくなると思います!
スペンス乳腺はあまり知られていない性感帯ですが、1度開発するといつもとは違った快感のセックスを味わえるようになります。また、スペンス乳腺と同時に膣や乳首への刺激を与えるとさらなる絶頂を味わえることになります。

マンネリなカップルでも自分の手で女性がよがるほど感じさせることができたら男性にとって最高ですよね。女性も他の男性にやられたことのないオーガズムを男性に味あわせてもらったら、きっと彼から離れられなくなってしまうでしょう。

いつものセックスに飽きてしまった方、セックスで新しいことに挑戦したい方、スペンス乳腺を開発してさらなるセックスの喜びを追求してみてはいかがでしょうか?(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)


関連記事はコチラ▼▼

関連記事