アイコン 射精を我慢する心理とは? 挿入中の「イキそうだからちょっとストップ!」の意味

2020.05.22

射精を我慢する心理とは? 挿入中の「イキそうだからちょっとストップ!」の意味

エッチをしているときに、 彼がイキそうなのに途中でピストンを止めて「なんでイクのを我慢しているのだろう?」と思った経験はないでしょうか。

男性が射精を我慢する心理とは? また、イクのを我慢すると身体に悪影響とかないの? そんな女性の悩みにと男性心理について調べてみました。
・早漏だと思われたくない
まず、もっとも多かった回答は「早漏だと思われたくない」ということでした。このような男性は以前、女性から「イクのが早い」「もう少し頑張ってくれれば私もイケたのに」など、セックスで早く射精をしたことでイジられたり責められた過去があるようです。

セックスをしても女性を満足させてあげられなかったことで、男としてのプライドが傷ついてしまった……のかも。そのため、彼にとって「早漏=男としてダメだと思われれる」というトラウマとして捉えてしまっているのかもしれません。

・彼女を満足させてあげたいから
男性はセックス中、ピストンをしていると何度も「射精衝動」が襲ってきます。しかし、「彼女がまだ満足していないかも」と思ってしまうと、イクのをためらってしまうようです。

しかし、彼女が絶頂を迎えたら初めて安心して射精できるようになるのです。つまり、セックスしている相手のことを好きであるほど女性をイカせようと必死に頑張るということ。

男性は女性と違い、セックスでの気持ちよさが継続的に続くわけではなく射精時のみに絶頂を味わうといわれています。本当はすぐにでも射精したいけれど、愛する彼女を満足させるために頑張るのです。もし、精子を出すだけが目的で風俗に行ったらすぐに射精してしまうそうですよ。

男性が射精を我慢すると身体にはどのような影響があるのでしょうか。男性が射精を我慢し続けると精巣に精子が溜まり、次の射精まで精巣の中で待っている状態になります。

精子は毎日製造されるためある程度の量が溜まっていくと、我慢した分の精液は尿や体液と一緒に体外へと排出されます。ただし、セックスのときに射精を我慢し続けると、本来放出されようとしていた精子がペニスに逆戻りしてしまい「逆行性射精」という状態に陥ってしまうのです。

これを続けると頻尿や血尿、不妊症など身体に様々な影響を及ぼす可能性も……。他にも、残尿感やペニスに痛みを感じたり、いらつきを感じるなど精神的なバランスにも影響を与えるともいわれています。そのような悪影響を考えると、男性にムリに射精を我慢させるのはやめさせたほうがいいでしょう。
浮気を防止する方法で「射精管理」というものがあります。これは男性のペニスを口や手で刺激して、イキそうになったら刺激するのをやめる「寸止め」を行うというプレイのひとつです。これを繰り返して行うことで焦らされることが快感になり、男性を最高の快楽へと導く……というもの。

セックスの前戯として行ったり、セックスがマンネリ化しているカップルにはおすすめの方法です。彼がMの場合なら、男性用貞操帯を付けさせて射精を我慢させるように調教する方法もあります。射精を我慢させ続けることは身体に悪い影響を与えてしまいますが、たまにういうプレイを楽しんでみるのもアリかもしれませんね。
射精を我慢することが男性の身体に悪影響を及ぼすのならば、なるべくイクのを我慢してほしくない……というのが本音ですよね。しかし、女性から「もう、イってイイよ」と言われるということは「俺のセックスが下手なのかな?」と勘ぐってしまわれるかもしれません。

男のプライドを傷つけないように伝えるのであれば、イク度に「イキそう」「イッちゃった」ということを何度も伝えて「いっぱいイッっちゃったから、これ以上はもうダメかも」と満足したことを可愛らしく伝えてみましょう。また「一緒にイキたい」というのも効果的です。彼に我慢やプレッシャーを与えず、ムリさせない範囲でセックスを楽しんでくださいね!(結城/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事