アイコン 最高に気持ちいいセックスを彼氏と♡中イキする7つのコツと心構え

2020.05.04

最高に気持ちいいセックスを彼氏と♡中イキする7つのコツと心構え

セックスのとき、毎回必ずイケて満足しているという女性はどのくらいいるのでしょうか? どんな大好きな相手とのセックスでも、イケなければ意味がないと考えてしまう女性もいるほど、セックスにおいてイクということは重要なことといわれています。特に膣内でイケる「中イキ」ができることは女性にとって最高の悦び。

しかし中には「彼とのセックスでなかなかイケずに困っている」「クリトリスではイケるが、中イキはまだ体験したことがない」という女性も多いといいます。

でも実はコツさえ掴めば、どんな女性でも簡単に中イキができるようになるのです。女性が中イキできるようになるためのコツと、少し意識するだけで変わる「セックスへの心構え」をご紹介します。
セックスで中イキをするために重要なこと……、それは「気持ちいいセックス」をするということです。

「そんなこと言われなくてもわかっている」と思う女性も多いと思いますが、実はセックスで満足できているという女性は意外と少ないといいます。世界最大のシェアを誇るコンドームメーカー『Durex社』が定期的に行っているアンケートを参考にしてみました。

【現在のセックスに満足してますか?】
満足している…15%
満足していない…35%
どちらでもない…42&

なんと1/3以上の人が「不満」と答えているのです。さらにこの回答を男女別に見てみると「性生活に満足している」と答えた人の中で男性は全体の12%、女性は18%という割合になったのです。

つまり「どちらでもない」という回答を入れた場合、およそ7割以上の女性が「満足しているとは言い切れない」という結果になるのです。

では、セックスで満足していないと答えた女性はどんなところに不満を持っているのでしょうか?

彼と体の相性がイマイチ

「彼と早漏で自分がイク前にイッてしまう」(21歳/OL)
「彼は痩せ型だけど私はぽっちゃりなので奥まで挿入できていない気がする」(23歳/サービス)
「彼の持続力が続かないのか、途中で萎えてしまう」(28歳/美容)

最も多かったのは、フィニッシュのタイミングや自分がイケないなどの「セックスの相性がイマイチ」という意見でした。

中には「彼が満足できたとしても自分がイケないからセックスレスになっている」という女性も。相性がよくないということはセックスレスになりうる可能性もゼロではありません。セックスレスにならないためにも、お互いの不満や意見はきちんと話し合うべきだと思います。

元彼の方が上手かった

「今の彼とは付き合ったばかりなのでイマイチ私のツボを分かっていない気がする」(25歳/飲食)
「元彼のエッチが最高すぎて今の彼にも同じことをして欲しいけれど、どうしたら良いのかわからない」(27歳/旅行)

女性なら元彼と今の彼を比べてしまうことって、ついありますよね……。元彼とのセックスがどんなに良いものだとしても今の彼にまったく同じものを求めるのは難しいことだと思います。

今の彼と新たに努力していくか、望むのであれば元彼としていたプレイを悟られないようにやんわりと伝えてみるのもいいかもしれません。
元彼と比べようが大事なのは今! では、今の彼氏と最高に気持ちいいセックスをするためには、どのような努力をすれば良いのでしょうか? 気持ちよさが抜群に変わる「セックスの少しの工夫」をご紹介します。

自分自身に対する工夫

・オナニーで感度をあげる

 最高に気持ちいいセックスをするために、最も重要なのは自分がイケるかどうかです。しかし中には「毎回イケた試しがない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか? セックスで毎回必ずイケるようになるためには、普段からイクことに慣れておくことが大切です。

【必ず中イキできるオナニー方法とは?】

1.まずはオモチャなどを使ってクリトリスを刺激する「外イキ」に挑戦!

電マやローターなど様々なおもちゃがありますが、自分のクリトリスの位置やバイブレーターの強弱などに合わせて好みのものを使いましょう。おもちゃをクリトリスに当てるのは抵抗がある……という方は下着の上から当ててみることから始めてください。

2.「外イキ」に慣れたら中イキに挑戦!

初めての人は指でやると、自分のGスポットがより分かりやすくなると思います。爪が長い人やおもちゃを使う場合はコンドームを装着し、膣内を傷つけないようにゆっくりと挿入していきます。乳首などを刺激するとアソコに力が入り過ぎず、リラックスした状態でスムーズに挿入することができます。濡れにくいという人はローションを使って行いましょう。

4.いざ中イキへ!

挿入して愛液が十分に溢れたことを確認したら、少し上向きに曲げてながらゆっくりと指を入れていきます。指が細いという女性は中指と薬指を使うなど自分好みの太さに調整してください。

指を入れて膣内にザラザラとした部分がGスポットになるので、そこをやさしく刺激しましょう。グリグリ動かすのではなく、小刻みにテンポよく動かすように刺激するのがポイントです。

彼の好みやヤリ方を尊重する

彼とのセックスを他の男性と比べてしまう……という人は思い切って彼好みのセックスに合わせてみるのもおすすめ!

男性は自分に尽くしてくれて興奮させてくれる女性に対して「イカせてあげたい」「気持ちよくさせてあげたい」と思う生き物です。彼の興奮度を高めることで今までに感じたことのないオーガズムを味わえるようになるかもしれませんね!

関連記事はコチラ▼▼

フェラを頑張る

女性が中イキする上で、彼のペニスの硬さや大きさは深く関わってきます。筆者も彼とセックスするときに彼の硬さがイマイチだとイケないことがあるので、自分がイクためにも丁寧なフェラを欠かさないようにしています。

とはいえ、男性によってフェラで感じやすい場所は人それぞれ。カリを攻められるのが好きな人もいるし、筋裏を舐められるのが好きという男性もいます。

相手にとって気持ちいいツボを見極めるためには、少しずつ舐めていきながら相手の反応を見ていくことが重要です。ツボが分かったら重点的に攻めていくのですが、同じところばかりではなく焦らしながら徐々に攻めていきます。

色々な技を試しながら、フェラテクのバリエーションが増やしていってくださいね。

彼の性感帯を探る

男性が最も感じやすいといわれている性感帯は「乳首、タマ、ペニス」の3つ。いきなり攻めるのではなくまずは性感帯と離れたところから愛撫を始め、徐々に敏感な部分に近づいていきます。

攻め方はいきなり強い刺激を与えるのではなく、弱めの刺激を始めに与えて徐々に強くしていきます。女性もいきなり指を膣に入れられてグリグリされたら痛みを感じてしまいますよね。

自分がやられていることを想像しながら、まずはフェザータッチくらいの舌使いで口や首筋から舐めていき、ゆっくりと乳首、タマ、ペニスと下がってきましょう。

【性感帯別の攻め方は?】

・乳首

最初は指で撫でたり舌でペロペロ。反応が良かったら舌先で押す、吸ってみる、甘噛みをするなど徐々に刺激を強くしていってください。

・タマ

まずは指先で擦るようにサワサワ。玉袋は強く刺激すると痛みを感じやすいので慎重に行います。反応を見ながら舐めたり口に含む、玉袋の根元から肛門に伸びる筋を舐める、優しく吸う……と刺激を強めていきます。

・ペニス

手コキはするときは裏筋を擦るように行います。舐めるときは亀頭からチロチロ、カリ首、竿と少しずつ舌に下がっていきます。ずっと同じペースや強さで行わず、焦らすようにリズム感や強弱を付けます。

フェラをしながら乳首を指で刺激するなど、2つ同時の合わせ技をするとさらに効果的です。中には「乳首感じないんだよね……」という男性もいると思いますが、相手の反応を見ながら少しずつ攻略していきましょう!

関連記事はコチラ▼▼

1.前戯を楽しんで感度をあげる

 女性がセックスで必ずイクためには、前戯をじっくり行うことが大切です。まずはリラックスさせるために部屋の照明をムードのあるものにして、テレビを消してエッチに集中できる環境にしておきます。

前戯ではいきなりクンニや手マンをするのではなく、まずは膣周りの筋肉をマッサージするようにゆっくりとほぐすことから始めます。

太ももの付け根部分を優しくマッサージするように愛撫してもらい、膣周りの筋肉がほぐれたら、指を滑らすように少しずつクリトリスや小陰唇をなぞるように刺激します。

アソコが濡れてきたら指をゆっくり膣内に入れてもらいましょう。クンニのときはクリトリスを舌先で転がしたり優しく吸ってもらうと外イキしやすくなります。自分が気持ちイイと思ったことをパートナーに伝えながら感度を高めていってくださいね。

2.自分が感じる膣の部分を知る

彼とのセックスで必ずイケるようになるためには、あらかじめ自分の性感帯を知っておき彼に伝えておくのも効果的。先述した「必ず中イキできるオナニー方法」を参考に自分の気持ちいいツボを開発していきましょう。

3.恥ずかしさを捨てて声を出す

「大声で喘ぐと男性に引かれてしまうのではないか……」と考えてしまい喘ぎ声を我慢してしまう女性も多いと思います。しかし我慢することで力が入ってしまい、セックスの快感を素直に味わえなくしまっているのかも。喘ぎ声を素直に出すことで相手や自分の性的興奮も高まってくるはずです。

4.ポルチオ性感帯の開発をする

ポルチオとは膣の奥にある子宮口のことで、刺激すると中をイキすることができます。ポルチオ性感帯でイクためには、まずはクリトリスやGスポットを刺激して外イキします。

女性はイクと子宮口が下に下がりやすくなるので、挿入して膣内のコリコリした部分を刺激していきましょう。ポルチオ性感帯で一度絶頂を迎えた女性は、何度でもイクことができる「連続イキ」ができるようになります。

おもちゃを使ったオナニーでポルチオ性感帯を開発して、セックスのときに連続イキできる身体を目指しましょう。

5.感じやすくなる体位を探す

女性がセックスで中イキする上で、自分の気持ちいい体位を知っておくことは非常に重要です。中イキに慣れている女性でもセックスで毎回イケるわけではないので、自分のGスポットやポルチオ性感帯に届く体位を知っておくことが大切です。まずは屈曲位や松葉くずしなど、なるべく膣奥まで深く挿入できる体位から挑戦してみましょう。

6.挿れてもやみくもに動かさない

 挿入のとき、ペニスが膣の奥まで理由のひとつとして「膣痙攣」があります。膣痙攣とは膣口が引き締まる状態を指し、緊張から来ることもあるといわれています。

この状態で無理に挿入を行おうとすると挿入が困難になったり、挿入時に強い痛みを伴うことがあります。挿入をスムーズにいかせるためには身体をリラックスさせて、挿れた後むやみに動かないことが大切です。

5秒間ほど動かない状態をキープすると、膣がペニスの形に馴染んでいき奥まで挿入できるように形を変えていきます。膣とペニスが馴染んできたと感じたら、ゆっくりと動いていきましょう。

7.リラックスして足をぴーンと伸ばす

女性がイキやすいオナニーのひとつとして「足ピーンオナニー」というものがあります。その名の通り、足をピンと伸ばした状態で行なうオナニーのことで、イキそうになったときに足をピンと伸ばすことで膣がキュッと締まるような感覚になりオーガズムに達することができます。

まずは足ピーンオナニーを試してみてイクことに慣れたら、セックスにも取り入れていきましょう。セックスのときは、うつぶせの寝バックなどが足を伸ばしやすい体位となっています。

関連記事はコチラ▼▼

ムードを大事にする


「男性はロマンチスト」という言葉がある通り、実は男性のほうが女性よりもセックスのムードを気にするそうです。セックスの雰囲気づくりに必要な物理的条件は場所、明るさ、香り、音の4つといわれています。

ラブホテルでは少し高い部屋を選ぶ、薄暗い照明をつける、いい香りのアロマオイルを炊く、テレビを消すなどまずはセックスする環境からムードを作ってみてくださいね。

キスに時間をかける

キスに時間をかけることもムード作りには欠かせません。ボディタッチも同時に行い、ゆっくりとキスするのが効果的です。時々、「んっ……」などと声を漏らすことで男性の興奮も高まりますよ!

セックス前後もラブラブに

セックスの後のピロートークもラブラブなセックス作りには重要な役割です。くっついたまま普通に話すのもいいのですが、「気持ちよかった」「いっぱいイっちゃった」などセックスのよかったところを褒めてみると尚よいです。男性は褒められると伸びるのです。きっと「次も頑張ろう」と思うはずですよ!

要望は言葉でストレートに伝える

セックスで気持ちよくないところをずっと攻め続けられるのって苦痛なだけだし時間のムダですよね。そういうときはハッキリ言ったほうが男性のためです。

しかし、「これは嫌、あれも嫌」では男性のやる気も興奮も下がってきてしまいます。「ここもいいけど、クリトリスを吸われるほうが好き」「ここらへんをグリグリされると気持ちいい」など具体的にやんわりと伝えるようにしましょう。

局部は清潔に下着は揃えておく

男性は視覚や嗅覚で興奮を覚えます。そのために局部は常に清潔にしておきましょう。他にもムダ毛の処理や下着の上下を揃えるなど、いつセックスの雰囲気になってもいいように普段から準備しておくことが大切です。

フェラは様子を見ながら強弱をつける

男性の気持ちいいツボを見つけるためには、フェラ中に相手を観察することも忘れずに。男性は気持ちよくなるとビクッと動いたり、トロンとした表情になることがあります。

相手の反応を見ながら少しずつ彼の気持ちいいツボを覚えていきましょう。また、人によってバキュームフェラが好きな人もいればソフトに舐められるのが好きという人もいます。

舌でグリグリしたり、ペチャペチャ音を立てるように舐めたり……と、強弱を持たせながら相手の反応を見て、よりよい舐め方を見つけるようにしましょう。
  

局部以外の性感帯も発掘&開発する

男性の性感帯は先述した「乳首、タマ、ペニス」だけではありません。耳を攻められるのが好きという男性もいるし、背中を舐められるのが好きという人もいます。

彼が「ここが気持ちいい」と言ってくれるのなら助かるのですが、中には自分の性感帯をまだ知らない男性もいると思います。前戯で色々な部分を攻めていき、彼の身体のツボを発掘&開発していってくださいね!

コンドームをつける時は手伝うか刺激する

コンドームを付けるとき「見られると恥ずかしい」「1人でつけるていると虚しくなる」と感じる男性は非常に多いそう。そんなときはコンドームをつけるのを手伝ってあげましょう。口でつけてあげるのもいいですが、難しいという人は彼がつけているときに乳首を舐めたりキスをしたりと色々刺激してあげてくださいね。

回数を重ねる

相手といいセックスをするためにはとにかく数を重ねることです。色々な前戯や体位に挑戦してお互いの気持ちいいツボを知ったり開発していくことがよりいいセックスに繋がるのです。

いろいろなシチュエーションを試す

長く付き合っていてセックスがマンネリになってしまっているカップルには、色々なシチュエーションでのセックスを試すのがおすすめです。激しいものでは野外セックスやソフトSM、ソフトなものならコスプレエッチなど。興味あるものをどんどん試していき、自分達にピッタリなものを見つけてみてくださいね。

言葉をかわし合う

雰囲気作りのためにはムードのある言葉を交わし合うのも効果的です。「好き」「ずっとこうしていたい」など、素直な気持ちを交わすことが実は1番の興奮作用になるのかもしれませんね。
セックスでイクことは最も大切ですが、お互いが気持ちよくなるためには相手のことをよく知り合うことから始まります。「今の彼とは相性が合わない」と嘆く前に、もう1度向き合ってみて、お互いの気持ちやセックスに対して自分が望んでいることを話してみてはいかがでしょうか?(結城/ライター)  

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事