アイコン 友達以上恋人未満の関係 男性はどう思っている?

2020.02.29

友達以上恋人未満の関係 男性はどう思っている?

友達以上恋人未満。楽しくもあれば、つらくもある時期ですよね。仲良く接することができるけど、なかなか付き合うことができない。そもそもアプローチをしてもいいものなのかわからない……。

とっても仲が良いのに、一歩踏み出すことができない、そんな複雑な関係性です。この記事では、そんな友達以上恋人未満のときの男性心理、また、恋人に進展させる方法、恋を成就させるためのおすすめデートスポットをご紹介します!

(1)好きだけど、楽しい関係を壊したくない


「過去に友達以上恋人未満の女性がいたのですが、特にアプローチもせずにそのままの関係で終わりました。すごく魅力的な女性だと思うし、付き合うのも全然OKだった。なのになぜアプローチしなかったかというと、関係を壊したくなかったんです。

告白してしまったら、今みたいに楽しい関係ではいられないだろうし、仮に付き合うことができたとしても、別れたら疎遠になってしまうでしょうし。良い関係でい続けたかったから、なにもしなかった。

そのおかげで、今でも俺の中で素敵な思い出として残っています。アプローチしなかった歯がゆさみたいなものは少し感じるけど、変にアプローチしなかったからこそ、キレイなままで記憶に残ってくれている」(Kさん/24歳)

(2)過去の失恋から、慎重になっている

「ここ数年彼女がいないんですが、思えば、関わる女性みんな友達以上恋人未満の関係になっているかも。これには理由があります。

以前、結婚前提で3年付き合っていた彼女がいたんです。なんとその子、僕と一緒にいた3年間、ずっと二股していたんですよ。そのトラウマを引きずってしまい、恋愛にはどうしても奥手になってしまい……。

踏み出したいけど、『また裏切られてしまうんじゃないか……』という気持ちがどうも拭えず、結果ちゃんと告白できず、いつもあいまいな関係になってしまいます」(Tさん/28歳)

(3)見た目はかわいいけど、恋愛対象ではない

「男って、恋愛対象にならない子でも、見た目がかわいい子とはとりあえず仲良くなりたいの。かわいい子の友達が多いって、男にとってちょっとステータスなんですよね。インスタに載せる写真も、かわいい子と一緒に写っているほうが絵的にキレイじゃん?

彼女にしたいとか恋愛対象だとか、そういうのはまったく関係なく、男はかわいい子とはとりあえず仲良くするんですよ。それに、かわいい子は友達もかわいいっていうし、あわよくば俺の好みの子を紹介してもらえるかもしれないし」(Yさん/23歳) 

(4)キープ

「あえて友達以上恋人未満の関係にしておきたいってこと、ありませんか? いわゆるキープってやつです。俺に気があるんだなっていう子に、それとなく俺も気があるようなふりをして、キープしておく。

でもね、キープっていうと、あんまり良く思わない人もいるかもしれないけど、実際そうでもないよ。だって、キープされるほどの魅力はあるわけだし。だから、アプローチ次第ではなんとか付き合えることもあると思う」(Sさん/25歳)

▼オトナの出会いを求めるなら…

(1)褒める


まず前提として、友達以上恋人未満の関係になっているということは、男性はあなたのことを少なからず「かわいい!」と思っているはずです。なぜなら、男性はけっこうシビアで、可愛くない子とは、たとえ友達の関係でも親しくなりたいとは思わないから。

かわいい女性に褒められて嬉しくない男はいません。たくさん褒めて、「この子と一緒にいると気分がいい」と思わせましょう。

(2)写真を送る

景色とか物ではなく、あなたの写真を送りましょう。会えないときも、あなたのことを考えさせるのです。美容院に行ったら施術後の写真を送るとか、インスタ映えする場所に行ったときは、おしゃれな景色をバックにあなたが写った写真を送るとか。意識して写真を撮ってみて。

(3)ボディタッチ

友達以上恋人未満という関係性であれば、ある程度の信頼関係があるはずです。ボディタッチをしても、嫌がられることはあまりないでしょう。

ボディタッチは非常に効果的な恋愛アプローチで、触れ合うことでドキドキしたり、急に異性として見てしまうこともけっこうあります。

ただ、相手が不快になるような過度なボディタッチはNGです。

(4)恋愛の話をする

「他の男性にアプローチされている」といった話をして、相手のリアクションを見てみましょう。「やばい。このままだと、ほかの男にとられてしまうかもしれない」と思わせることができ、急に眼の色を変えてアプローチしてくるようになるかもしれません。

ただ、なかには、そういう話をされると「いつも一緒にいる俺は眼中にないんだ……」なんて思ってしまう男性や、恥ずかしさや照れで「へえ、アプローチされているんだ。いいね応援するよ」なんて言う人もいるので、やりすぎには注意です。

(1)超定番のデートスポット


お台場や横浜がいい例です。まるで恋人になったかの気分を味わうことができるでしょう。

また、そういう超定番のデートスポットに誘う時点で、「あれ、ひょっとして俺に気があるのかな?」と思わせることもでき、「デートに誘うのをきっかけに、あなたのことを恋愛対象として急に意識し始める」なんてこともありますよ。

(2)カップルに人気のレストラン

いつもカップルで混雑しているようなレストランもおすすめです。「行ってみたいお店があるんだけど、ひとりじゃ行きにくいから一緒に行って欲しい」という口実で誘うことができますし、お店の良い雰囲気に、ふたりの距離が縮まること間違いなしでしょう。

(3)相手の家

おうちデートでは、落ち着いた素の姿が見られるのと、彼女と同棲したような気分を味わうことができ、「今まで恋愛対象として見てなかったけど、こういう落ち着いた関係も良いかも……」と思わせることもできる可能性が。

彼女でもないのに相手の家に行くのは、ちょっとハードルが高いと思うかもしれません。しかし、友達以上恋人未満という、気の許せる相手ということで、家にあげてくれる男性はけっこう多いです。

ただ、ひとつ気をつけたいことがあります。おうちデートでは、雰囲気にのまれてしまい、ついキスやセックスをしてしまうこともありますが、それは正式に付き合うことができたあとにしましょう。付き合う前にしてしまうと、恋人ではなく、セフレの関係になってしまうこともあるので要注意。

付き合うのではなく、セフレになることが目的であれば、おうちデートはセックスのチャンスです。「マッサージしようか?」と言ってボディタッチをしたり、「映画を観よう」と言って部屋を暗くしたり、セックス目指して攻めていきましょう。
友達以上恋人未満の関係性は、恋愛の一番楽しい時期と言えるかもしれません。付き合えるのか付き合えないのか、その「好き」は友達としてなのか、あるいは恋愛対象としてなのか……。そんな充実した時期を、「なんとか恋人になりたい!」という思いでアプローチしつつも、楽しむことも忘れずに。(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

関連記事