アイコン ヤリマンはクリスマスに誰と過ごす? イブのセックスエピソード5選

2019.12.24

ヤリマンはクリスマスに誰と過ごす? イブのセックスエピソード5選


今年のクリスマスはなにをしますか? 友達とワイワイ騒ぐ予定の人や恋人とデートする予定の人、なかには「とくになにもせず普通に過ごす」なんて人もいるでしょう。

そんなクリスマスですが、ヤリマンの女性はいったいどんな過ごし方をしているのかって、ちょっと気になりませんか? 友達には絶対言えないような、ものすごいエッチな過ごし方をしている人もいるかもしれませんね……。

そこで今回、ヤリマンたちはどんなふうにクリスマスを過ごしているのか、現役のヤリマン女性たちにきいてみました。
「私は自他ともに認めるヤリマンで、都内の大学に通っている22歳です。2年前の話ですが、私は三股をしていて、12月24日のクリスマスイブは時間をずらして3人の彼氏全員と会いました。

デートプランは、ほかの彼氏にバレないようおうちデートしかしません。9時から14時くらいまで、1人目の彼の家でデートをします。そのあと15時から20時くらいまで2人目の彼の家で過ごして、21時から翌朝までは3人目の彼氏の家でデートをします。

1日で3人の男とセックスするのは、体力的にも精神的にもすごくたいへんです。でも、最高に気持ちいいんですよ。別の男と遊んだ直後の身体でほかの男とセックスをする背徳感。“バレたらヤバい”っていうスリル。たまらないです。

さすがに私も大人になったのか、ちょっと申し訳ないことをしちゃったなって今では思います。相手が彼氏じゃなくてセフレなら罪悪感はないだろうから、今度やるならセフレを3人つくってとっかえひっかえしようかな」(Sさん/22歳)
「クリスマスにクラブへ遊びに行く男って、どんな男だと思いますか? 純粋に音楽を楽しみにしていたり、イベントの特別ゲスト目当てっていう人もいるでしょう。

でも、クラブによく行く私の感覚では、クリスマスはほとんどの男性がワンチャン狙いって感じで、目がすごくギラギラしている人ばかり。『ひとり寂しくクリスマスを過ごしたくない、かわいい女の子といちゃいちゃして過ごしたい!』っていう感じがビンビン伝わってくるんですよ。

そんな狩人と化した男たちは超積極的で、クリスマスのクラブは、私みたいにそこまでかわいくなくてもめっちゃアプローチされる。会場が暗いから、顔面偏差値が誤魔化せているのかな(笑)。

クラブはお酒もあるから、イケメンたちにお酒を奢ってもらってアプローチされて、気に入ったらハグしたりキスしたり……。

自分クズだなって思うけど、今は楽しいのでやめられないですね」(Kさん/25歳)

▼イケメンと出会いたい人はこちら

「私は経験人数70人くらいなので、けっこうなヤリマンだと思います。彼に経験人数をきかれたときは嘘をつきました。たしか、3人ぐらいって言ったかな。私みたいなヤリマンでも、クリスマスは意外と普通に過ごしていることもあるんですよ。

恋人とイルミネーションを見に行って、彼の家に行って一緒に料理をつくって、食べ終わったらプレゼント交換をして、そしてセックスする。ヤリマンっぽさはまったくないですよね。でも、実際は70人以上とセックスをしているヤリマンなんです。

経験人数のこと、彼に嘘をついているのは申し訳ないと思いますよ。でも、私みたいに、普通の女に見せかけて実はヤリマンっていう子は意外といると思う」(Uさん/27歳)
「私は恋人がいる・いないに関わらず、クリスマスは毎年セフレと過ごしています。3年くらいセフレの関係が続いているのですが、身体の相性が最高にいいんですよ。

私自身、クリスマスというイベントに対してそれほど熱い思いはないのですが、セフレの彼はものすごいんです!

1週間以上前からオナニーを我慢していたり、バイアグラや精力がつく薬を買っていたり。私が興奮できるよう、イランイランの香りがするアロマオイルを買っていた年もあったな(笑)。あ、そうそう、去年は1日何回できるか挑戦して、9回もやりました(笑)。

クリスマスのセックスに熱い思い入れがある彼に付き合わされるかたちにはなっていますが、ちゃんと気持ち良くしてくれるから別にいいかっていう感じです。セックス三昧なクリスマス、“聖夜”じゃなくて“性夜”ですね。意外と悪くないですよ」(Kさん/26歳)

▼セフレがほしい人はこちら
「『クリスマスにいろんな男とヤリまくった~!』みたいなお話ではないんですけど、私が性に目覚めたクリスマスのお話をします。

あれは20歳のときですね。当時付き合っていた年上の彼は、自分で言うのも恥ずかしいんですが、私に夢中っていう感じで本当にたくさん愛してくれました。そんな彼とクリスマスにベッドイン。私に夢中な彼は、本当に尽くしてくれる優しいセックスをしてくれました。

前戯はていねいにたっぷり愛情を注ぐように全身くまなく触ってくれて、挿入してからも、ただ射精するためにセックスしているのではなく、私のリアクションを見て膣のどこが気持ち良いのかたしかめながら攻めてくれて。そんな彼のセックスに、私は人生で初めてイッてしまいました。

イッたあとも、“もっと気持ち良くなって欲しい”と言う彼。ちょっと休憩して、また私のことをたっぷり愛してくれるセックスをしました。その日はたぶん3、4回イッたと思います。

今までセックスってそんなに好きじゃなかったのですが、こんなにも気持ち良いものなんだって気づいてしまい、それ以降どんどんセックスが好きになりました。そんな私は、今となってはセフレが2人いるヤリマンです。経験人数は……数え切れないですね(笑)」(Tさん/28歳)
いろいろな場所できれいなイルミネーションを見ることができ、カフェのBGMがクリスマスソングばかりになっていたり、街はすっかりクリスマスムードですね。今年は令和最初のクリスマスです。あなたはどんな1日を過ごしますか?(tsuta/ライター)

(オトナのハウコレ編集部)

【関連記事】

関連記事